2017年11月18日

"20秒早く出発して謝罪" は美徳か?





"海外メディアが驚愕 ⇒ つくばエクスプレス、20秒早く出発して謝罪" なるネット記事

"「史上でもっとも、過剰に反省された20秒だったのでは……」(ニューヨーク・タイムズ)
「日本の鉄道会社は、ニューヨークの乗客が決して聞くことがないであろう謝罪を出した」(ニューヨーク・ポスト)
「20秒早く出発しただけで謝罪する東京の鉄道会社は、日本の最高の美徳だ」(サンフランシスコのスタン・イーさん)
「日本の電車の乗ったことがある人は、この話の意味が分かるだろう。なぜかイギリスではあり得ないけどね」(ロンドンのアンディ・ヘイラーさん)"

この記事は日本人が書いたものだが、その意味はわからない。近頃マスコミが垂れ流す「日本って素晴らしい」なる自我自尊・夜郎自大ブームの一つなのか?それはそれとしていい加減にしてもらいたいが、始終この手の「謝罪」を車内放送で耳にする私にとってその意味は、この日本という社会の問題を反映していると思えてならない。その問題を知らない外国人から「美徳」などと褒められて気をよくすべきことではないのである。

----

さて、この手の「謝罪」の意味をどう理解するか?
日本人なら思い当たる筈だ。つまり、"そう言う側もそう言わせる側も、根本の部分で思考が停止"している。何気に謝罪し謝罪されるが、それがなぜ謝罪に値するのかわからない。つまり「何気」が支配している。もっと真剣に考えるべきことについて実は何も意識や判断が及ばない・思考が及ばないのである。それは政治の世界で顕著だろう。原発事故や"もりかけ"問題、憲法改正やらアベノミクスなど、忖度やら空気やら「何気」が充満し、その意味することの本質を誰も語らないばかりか、責任の在り処が有耶無耶とされ、その立場にある者が説明責任を果たすこともない。国会で国民(野党)が質問することすら無駄とされる。思考停止を安倍政治は国民に求めているに他ならない。「国難」が叫ばれた時代に「個人の思考や判断を停止」することを前提とする、大政翼賛政治が行われたことは歴史が証明している。その先は戦争。安倍首相がしきりに「国難」を叫び、野党(国民)の質疑時間を削ろうとしていることと符合しているではないか。"20秒早く出発して謝罪" とは、危険なサインなのだ。大げさに思われるかもしれないが、我々の小さな思考や判断の停止や無意識が重なって、やがてそういう社会を前提とする大政翼賛政治や国体政治が現れる。

ストックホルム (1).jpg


つまり「美徳」でもなんでもなく、 "20秒早く出発して謝罪" を「何気」に当たり前とする "思考停止・意識なき社会" がその手の謝罪に象徴されているだけなのだと理解した方が良い。それを何の違和感もなく受け止める我々と社会。「意味のない反省」は実は根の深い問題を孕んでいる。

----

"最近、首都圏の鉄道で僅か数分の電車の遅延でも車内放送で「深くお詫びもうしあげます。まことに申し訳ございません。」などと最上級の詫びが入るようになったのもある意味でこの判断・思考停止だと思う。鉄道会社の言い分だと、数分遅延しただけでも大迷惑な乗客も中にはいるかもしれず、些細なことであっても一言丁重に車掌が乗客全員に謝ることがマニュアル化されているそうだ。乗客同士の喧嘩や痴漢が原因で運行に支障が出ても、鉄道会社はそれらマナー違反の乗客に代わって「深く詫びる」ことになっている。挙句は、本来は乗客のモラルに委ねるべき車内マナーや所作まで、一々放送しなくてはならないのである。乗客同士も互いに注意し合うことに関わりたくない意識もあるのだろう。そう言う側もそう言わせる側も、根本の部分で思考が停止して、先ずはマニュアルとして言う・言わせている、社会が見えてくる。ある首都圏の私鉄では駅や車内放送のマニュアル集が一昔前に比べて三倍の厚さになったそうだ。個々の判断や思考はやめて、ついついお互いの合点や合意を求めてしまうのである。"(拙稿「<音>から考える - プラスとマイナス」)

(おわり)


posted by ihagee at 08:40| エッセイ

招き猫の誘惑(Tenax 1)その7



CIMG4771.JPG


好天に恵まれた昨日(11/10)、群馬県赤城高原にある赤城クローネンベルク(クローネンベルクドイツ村)を訪れた。前回訪れてから16年ぶりだった。

Tenax 1にKodak T-MAX 400フィルム(モノクローム)を詰めて園内を撮影した。セコニックの露出計(Studio Deluxe II)を用い、ユニバーサルファインダーとクローズアップレンズで接写も試みた。Yフィルターにクローズアップレンズ=220 II (50cm - 33cm)を接続リングを仲介して奥目のTessar 35.7mmレンズに被せて撮影したが、案の定、撮像の周囲がケラれてビネット風になっている。フィルターやクローズアップレンズを重ねたため、その内側で光が反射した結果も表れていた。それらもスクエアフォーマットゆえ全体の構図を変えずにトリミングは可能だが矢張り気になった。

24枚撮フィルムなら35コマ程度撮れる。巻き上げは最後まで極めて良好。Tenax 1やTaxonaで報告されているような巻き上げトラブルは一切なく、事前の措置が功を奏したようだ(拙稿「招き猫の誘惑(Tenax 1)その2」)。そして、ロボット用の一つ目ユニバーサルファインダーも接写時のパララックスを補正しほぼファインダーを見た通りの絵をレンズが捉えていた。カメラを逆さにしても一つ目がずれ落ちることもなくネオジムマグネットの効果も確認。被写界深度を得る為、f11か16に絞って撮影したがピントが前後するなど接写においては目測撮影の難しさをあらためて実感。

以下がその結果(スキャナ:EPSON GT-X980 / トリミング以外修正無):

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


木の葉にピントを合わせることができた

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


----

厩舎から橋を渡って餌をねだりにくる黒ヤギのジジョ(雌のヤギの姉妹の次女らしい)

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


威厳あるポートレイトが撮れたと思ったら舌を出していた。お茶目なジジョだ。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


鷹の目と言われたTessarだけあって緻密な描写となっている(ピントさえ合えば)。カラーフィルムを想定したレンズではなくモノクロームでこそレンズの真価を発揮するが、その通りの絵となっていた。120ブローニーと同じ感覚で135(35mm)フィルムのスクエアフォーマットが撮れることはやはり楽しい。

クローズアップレンズを用いず撮影した結果は次回報告。

(おわり)


posted by ihagee at 07:22| VEB Zeiss Ikon Tenax 1

2017年11月15日

「五輪」という破壊(続き3)




五輪というわずか数週間のスポーツイベントのために、歴史が消される。市井の人々の暮らしが数十年と染み付いた街並みが壊される。(拙稿『「五輪」という破壊』『「五輪」という破壊(続き2)』)

スポーツをすることと都市を再開発することは本来無関係なのに、五輪においては密接に関係する。そればかりか、主客転倒し都市再開発のために五輪なる理由を持ち込んでいるにすぎないようにも思える。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会で我々が日々目にし耳にするのはカネの話ばかり。

前回、昭和39年(1964年)の東京五輪も同じだった。そしてそれまで都心にあった街並みは破壊された。人間の疎外を目的に作られた都市構造物を象徴するのが日本橋を無様に跨ぐ首都高速高架である。

小池都知事がその日本橋の上の高架の地下化を叫んでいるが、そんなことに血道を上げるのなら新たな人間の疎外たる都市構造物を作ろうとする2020年東京五輪の開催をIOCに返上すべきだろう。過去のお粗末な行政を糊塗しながら新たなお粗末を自ら招こうとすることである。都税をつぎ込んで作ろうとしている競技施設は2020年東京五輪開催後は都民の負債になる話がすでに出ている。負の遺産となることがわかっているのに今さえ儲かればと群がる蟻。もりかけ問題と一脈通じる。モラルハザードが繰り返される。

以下は昭和39年(1964年)の東京五輪で破壊される前の東京の景観(1950年代・いずれもKoni PanSSブローニー・ネガフィルムから直接スキャンしたもの)。日常の生活が一体となった景観が、その負ってきた歴史とともに何の違和感もなくその地割に組み込まれているのである。先進諸国の首都景観にその負ってきた歴史を消し去り続けているのは我が国ぐらいだろう。その負ってきた歴史を寸断し身勝手・ご都合に解釈してやたら「未来志向」を叫ぶ政治の世界にも共通する。われわれは間違っているのではないか?立ち止まって考える時間が必要だ。

Bygone days in Japan (1950s)

(空が広かった日本橋)


Bygone days in Japan (1950s)

(銀座・不二越ビル上の森永広告塔が懐かしい)


Bygone days in Japan (1950s)

(銀座界隈・戦前からのビルも残っている)


Bygone days in Japan (1950s)

(上野・2020東京五輪に向けて古い景観はさらに少なくなった)



Bygone days in Japan (1950s)


浅草・仲見世商店街は今存亡の危機に晒されている。「ある種、大変格安のところで営業してこられたと思う。」と小池都知事の弁は、これも新自由主義経済であれば当然の自由競争でしょ、と言いたげである。文化的価値さえある街並みまで経済性の天秤にかけては結局何も残らない。スタバやマックが並ぶ仲見世商店街など文化的に無価値だ。国際文化都市を標榜するのならば都知事もそれなりの物言いをすべきだろう(「大変格安」という言い方がカチンとくる)。小池都知事は常に上から目線の言葉を口にするが少し感性がおかしいのではないか?無粋な物の言い方しかできない人のようだ。江戸時代以来、仲見世商店街が続くのも、その風情が庶民に買われているのであってその文化的価値と「大変格安」なる経済価値観をひょいと天秤にかけること自体がおかしい。都知事を含め都職員がどんなにカネを使おうと頭を使おうと仲見世商店街と同じレベルの日本を表すアイコンは作れないのだから、その宣伝効果にもっと敬意を払うべきだろう。それと浅草寺もあまり慈悲のないことはしないこと。無粋と無慈悲でもやっていけるのは大資本の企業だけ。そういう大資本があの場所が転がり込むことをホクソ笑んでいますよ。

同じく都が強制的に閉園させた「上野こども遊園地」の跡地には『上野恩賜公園再生基本計画』なるお題目で「日本の顔としてふさわしい・国内外の多くの人々が集い、にぎわっている」がその再開発の将来像だとか。こういう言い方は良くない。「上野こども遊園地」があたかもそうでない・そういうことに貢献してこなかったと言わんばかりだからだ。ここにも営々と事業を行ってきた人々への敬意というものがない。それを愛してきた人々の気持ちさえ汲もうしない冷たい行政が垣間見える。

「大阪府市から一億円程度の補助金が文楽に出ている。世の中一億の金を引っ張ろうとしたらどれだけのことをしなければならないか。文楽協会の経費は、無条件で赤字が填補される。そんな会社は世の中に存在しない。皆売り上げを上げるために必死になっている。(橋下大阪市長=当時、弁)」を思い出した。伝統芸能ですら経済性の観点から潰しても構わないとする。文楽=会社=売り上げという短絡思考。小池都知事と橋下氏が仲が良いのも頷ける。

巨額な利益を内部留保している大企業に文化事業へのスポンサー(商売抜き)となるよう強く働きかけるのも(メセナ)、首長の役目であることをお忘れなく。弱い者に責任を押し付けて良いはずがない。

Bygone days in Japan (1950s)

(上野駅前)


(おわり)



posted by ihagee at 03:48| 東京オリンピック