2017年11月26日

「行政文書管理の在り方」なる奇問



和田垣健三という法学者がいた。



明治19年(1886)帝国大学法科大学教授となった人物だが、大学での試験にはいつも設問の終わりに余興の問いが付いていたという。これが学生にも学者仲間にも好評だったらしい。

「鳥が卵を生むか、卵が鳥を生むか」
「君の眼に映じた彗星の長さは幾ばくか」といった具合である。
(出典:森銑三著「明治東京逸聞史」)

----

森友・加計学園問題の争点を、与党や希望・維新といった与党補完勢力は「行政文書管理の在り方」にしようと画策しているようだ。

要するに、法的に適切だと事後確認検証できるような文書を役人が適切に保管せず破棄したから、会計検査院は十分に検証のしようがなく、従って、問題視される結果となったと、与党や希望・維新といった与党補完勢力はいわんばかりである。しかし、森友・加計学園以外の学校の許認可に関して認可に関わる書類が総じて適切に保管されず破棄されたという事例を我々は知らない。つまり、安倍首相やその夫人が関わればこそ、そのような「例外」(麻生副総理の言)が発生したのであって、森友・加計学園問題の個別・例外・奇異さが何に由来しているか問わず、「文書管理の在り方」などという一般論・枝葉末節な論点にすり替えようとするものであり、問題の本質を曖昧にして良い話ではない。立憲民主党・共産党の国会での主張は「文書を捨てた」ことよりも役人が捨てた「動機」を問うものであり、役人にそのような行動を取らせた暗黙の力の淵源を厳しく問うものであって当然である。

----

「文書を捨てた」こと自体は国家公務員法での背任行為であり法律上罰せられるべきことであり、佐川なる国税庁長官に瑕疵を問わないばかりか、国会で事実確認を拒み続けたその人物の「勲功」を認め官邸が財務省理財局長からその地位に栄転させたこと自体も全く不可解の限りである。また、そこまで「行政文書管理の在り方」を与党は明瞭化したいというのであれば、藪の中化・ノリ弁化のためにしかならないような特定秘密保護法を直ちに撤廃すべきである。特定秘密保護法の対象を拡大適用するのも行政機関の長であれば、官邸は「行政文書管理の在り方」を見直すと言いながらもその大元となる特定秘密保護法は微動だにしないというならば詭弁にしかならない。

----

無謬性こそ役人の役人たる絶対的要件であれば、最後は「これこれの書類がありますからね〜」と自らに利する論理(霞ヶ関文学)と組み合わせて相手(国民)をやり込める為にも役人は言質をしっかり取り文書にして残す本能がある。隠しはすれど捨てはしない。今回はその本能さえ曲げて保管規定を破ってまでも重要な文書を彼らが破棄していることが判っている(あるいはどこかに隠しているのかもしれない)。

「行政文書管理の在り方」以前に、その管理を蔑ろにさせるしかないような何らかの力が働いた。と我々は事の背景や時間的経緯から確信しているのである。籠池氏が「神風(が吹いた)」という「神風」は一体どこから吹いたのか?その風上に安倍首相および夫人がいて、彼らが明らかにその風を送っていたことが問題の本質であって、その本質を「行政文書管理の在り方」などという総論・藪の中論にすり替えてはならない(拙稿『「藪の中」考』)。アカラサマとも言えるほどの接点を安倍首相や夫人は籠池氏や加計氏と持っており、その事自体は否定できない。つまり、不正への導出可能な線形的な論理しか存在しない。

卵か鶏か、目先か否か、という非線形的・導出不能な余興的設問と答えに終始し、安倍首相および夫人に高枕をさせてはならない。和田垣教授も採点は余興の問いへの導出不能な答えにではなく、本文の設問の答えに行ったであろう。すなわち、「安倍晋三首相および首相夫人たる安倍昭恵氏」の関与である。誰の目にも明らかな導出可能な線形的な論理しか森友・加計学園問題には存在しない。

目くらましに目をくらまされないようにしたいものだ。相撲界の内輪揉めなる余興を連日報道し、国会から国民の目を遠ざけようとするマスコミの目くらましにも。

(おわり)

posted by ihagee at 20:03| 政治

2017年11月22日

牽強付会とは







安倍晋三自民党総裁

選挙前「森友加計については選挙で説明する」

選挙中「森友加計については国会で説明する」

選挙後「森友加計についてはすでに説明した」

----

安倍晋三内閣総理大臣(衆院代表質問 11/21)

昨日
「もはやデフレでない」

今日
「デフレを脱却とは言い切れない」

----

安倍晋三氏

民主党政権時代は・・





----

世界の経済成長率ランキング(2010年度)

スクリーンショット 2017-11-22 3.11.57.png


世界の経済成長率ランキング(2016年度)

スクリーンショット 2017-11-22 3.12.48.png


(出典:世界経済のネタ帳

----




正社員は減り続け(将来の生活設計が立たない)




----

「2008SNA(国際会計基準)に改定」と称し第2次安倍政権以降(2012〜)のGDPだけに分厚い下駄を履かせて「7四半期連続経済成長」

スクリーンショット 2017-11-22 4.01.20.png

(朝日新聞社報)

スクリーンショット 2017-11-22 3.47.45.png


そして、



牽強付会の用例:
"そんな口先ばかりの牽強付会の主張がいつまでも通用すると思ったら大間違いだ。"

(おわり)


posted by ihagee at 03:21| 政治

2017年11月19日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その8



Zeiss Ikon Tenax 1


好天に恵まれた昨日(11/10)、群馬県赤城高原にある赤城クローネンベルク(クローネンベルクドイツ村)を訪れた。前回訪れてから16年ぶりだった。

Zeiss Ikon (VEB) Tenax 1にKodak T-MAX 400フィルム(モノクローム)を詰めて園内を撮影。クローズアップレンズを装着した接写(前回報告)ではケラれが生じたが、外してYフィルターを被せた状態だと目立たない。

以下がその結果(スキャナ:EPSON GT-X980 / トリミング以外修正無):

木々に鬱蒼とする葉はアナログフィルムで撮ると粒々とした "実在感" がある。その粒の一つづつは光と実際に"感応" した結果で、デジタル写真の電子計算上の "変換" と比較できる点だろう。アナログが<連続>であるのに対して、デジタルのビットは<離散(非連続)>であることの比較かもしれない。光と色の移ろいがアナログフィルムでは自然なのもノイズ(雑味)がそのまま残されているからだろう(アナログレコード・真空管ラジオなど、このノイズに自然さを感じ取ることができる)。デジタル写真では鮮明感(雑味のなさ・ピュア感)は容易に得られるがそれは<離散>の結果とも言える。国会での野党(国民)の質問を雑味かのように排除しようとする安倍政治や何かと人間を篩にかけたがるファースト思考の小池都知事は<離散>なる「排除」「選別」を是とするデジタル的思考の持ち主かもしれない。雑たる私は到底ついていけません(拙稿「ピュアは毒なり」)。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


観光で実際に私も訪れたことがある、ドイツ南部の中世城壁都市・ローテンブルク(ローテンブルク・オプ・デア・タウバー)の城門を模した建物。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


ローテンブルクでは搦手にあったと同じくこの門もその位置に建てられている。

04_Bayern, Rothenburg ob der Tauber, Burgtor 14. Jhd, Toranlage mit Wach- und Zollhäuschen 16. Jhd_6

(本家の門・Flickrからの画像をリンク)


"何となくドイツ風" ではなく、建物の配置でもドイツをできるだけ忠実に再現しようとした結果だろうか。千葉の東京ドイツ村が "何となくドイツ風" なのに比べて、ここは真面目(商売っ気が少ない)で良かったのに。

建物の間を縫うガッセもドイツのそれを思い出す。前回訪れたときは、この奥にバッケン(パン屋)があって香ばしい煙が立っていた。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


ブルスト(ソーセージ)の手作り工房も"跡"になり、虚ろな入り口の窓に城門がぼんやりと映っていた。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


裏にまわっても建物の造りが本物志向であったことがわかる。逆光だがTessarは耐えた。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


入り口の壁絵となっていた表札も自然に消えるにまかせ、閉園を意識していたのだろうか。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


子供たちに背を貸していたポニーが厩舎から出てきた。「老馬なんですよ」とスタッフの女性が明るく話しかける。その先に人影はなくポニーの悲し気な目が見えたような気がした。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


----

今月末(2017年11月30日)で閉園。一般客が動物たちと会えるのもこれが最後になるかもしれない。今さらではあるが、多くの観光客が訪れて欲しいものだ。

(おわり)


posted by ihagee at 08:06| VEB Zeiss Ikon Tenax 1