2017年11月19日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その8



Zeiss Ikon Tenax 1


好天に恵まれた昨日(11/10)、群馬県赤城高原にある赤城クローネンベルク(クローネンベルクドイツ村)を訪れた。前回訪れてから16年ぶりだった。

Zeiss Ikon (VEB) Tenax 1にKodak T-MAX 400フィルム(モノクローム)を詰めて園内を撮影。クローズアップレンズを装着した接写(前回報告)ではケラれが生じたが、外してYフィルターを被せた状態だと目立たない。

以下がその結果(スキャナ:EPSON GT-X980 / トリミング以外修正無):

木々に鬱蒼とする葉はアナログフィルムで撮ると粒々とした "実在感" がある。その粒の一つづつは光と実際に"感応" した結果で、デジタル写真の電子計算上の "変換" と比較できる点だろう。アナログが<連続>であるのに対して、デジタルのビットは<離散(非連続)>であることの比較かもしれない。光と色の移ろいがアナログフィルムでは自然なのもノイズ(雑味)がそのまま残されているからだろう(アナログレコード・真空管ラジオなど、このノイズに自然さを感じ取ることができる)。デジタル写真では鮮明感(雑味のなさ・ピュア感)は容易に得られるがそれは<離散>の結果とも言える。国会での野党(国民)の質問を雑味かのように排除しようとする安倍政治や何かと人間を篩にかけたがるファースト思考の小池都知事は<離散>なる「排除」「選別」を是とするデジタル的思考の持ち主かもしれない。雑たる私は到底ついていけません(拙稿「ピュアは毒なり」)。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


観光で実際に私も訪れたことがある、ドイツ南部の中世城壁都市・ローテンブルク(ローテンブルク・オプ・デア・タウバー)の城門を模した建物。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


ローテンブルクでは搦手にあったと同じくこの門もその位置に建てられている。

04_Bayern, Rothenburg ob der Tauber, Burgtor 14. Jhd, Toranlage mit Wach- und Zollhäuschen 16. Jhd_6

(本家の門・Flickrからの画像をリンク)


"何となくドイツ風" ではなく、建物の配置でもドイツをできるだけ忠実に再現しようとした結果だろうか。千葉の東京ドイツ村が "何となくドイツ風" なのに比べて、ここは真面目(商売っ気が少ない)で良かったのに。

建物の間を縫うガッセもドイツのそれを思い出す。前回訪れたときは、この奥にバッケン(パン屋)があって香ばしい煙が立っていた。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


ブルスト(ソーセージ)の手作り工房も"跡"になり、虚ろな入り口の窓に城門がぼんやりと映っていた。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


裏にまわっても建物の造りが本物志向であったことがわかる。逆光だがTessarは耐えた。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


入り口の壁絵となっていた表札も自然に消えるにまかせ、閉園を意識していたのだろうか。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


子供たちに背を貸していたポニーが厩舎から出てきた。「老馬なんですよ」とスタッフの女性が明るく話しかける。その先に人影はなくポニーの悲し気な目が見えたような気がした。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


----

今月末(2017年11月30日)で閉園。一般客が動物たちと会えるのもこれが最後になるかもしれない。今さらではあるが、多くの観光客が訪れて欲しいものだ。

(おわり)


posted by ihagee at 08:06| VEB Zeiss Ikon Tenax 1

2017年11月18日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その7



CIMG4771.JPG


好天に恵まれた昨日(11/10)、群馬県赤城高原にある赤城クローネンベルク(クローネンベルクドイツ村)を訪れた。前回訪れてから16年ぶりだった。

Tenax 1にKodak T-MAX 400フィルム(モノクローム)を詰めて園内を撮影した。セコニックの露出計(Studio Deluxe II)を用い、ユニバーサルファインダーとクローズアップレンズで接写も試みた。Yフィルターにクローズアップレンズ=220 II (50cm - 33cm)を接続リングを仲介して奥目のTessar 35.7mmレンズに被せて撮影したが、案の定、撮像の周囲がケラれてビネット風になっている。フィルターやクローズアップレンズを重ねたため、その内側で光が反射した結果も表れていた。それらもスクエアフォーマットゆえ全体の構図を変えずにトリミングは可能だが矢張り気になった。

24枚撮フィルムなら35コマ程度撮れる。巻き上げは最後まで極めて良好。Tenax 1やTaxonaで報告されているような巻き上げトラブルは一切なく、事前の措置が功を奏したようだ(拙稿「招き猫の誘惑(Tenax 1)その2」)。そして、ロボット用の一つ目ユニバーサルファインダーも接写時のパララックスを補正しほぼファインダーを見た通りの絵をレンズが捉えていた。カメラを逆さにしても一つ目がずれ落ちることもなくネオジムマグネットの効果も確認。被写界深度を得る為、f11か16に絞って撮影したがピントが前後するなど接写においては目測撮影の難しさをあらためて実感。

以下がその結果(スキャナ:EPSON GT-X980 / トリミング以外修正無):

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


木の葉にピントを合わせることができた

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


----

厩舎から橋を渡って餌をねだりにくる黒ヤギのジジョ(雌のヤギの姉妹の次女らしい)

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


威厳あるポートレイトが撮れたと思ったら舌を出していた。お茶目なジジョだ。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017


鷹の目と言われたTessarだけあって緻密な描写となっている(ピントさえ合えば)。カラーフィルムを想定したレンズではなくモノクロームでこそレンズの真価を発揮するが、その通りの絵となっていた。120ブローニーと同じ感覚で135(35mm)フィルムのスクエアフォーマットが撮れることはやはり楽しい。

クローズアップレンズを用いず撮影した結果は次回報告。

(おわり)


posted by ihagee at 07:22| VEB Zeiss Ikon Tenax 1

2017年11月11日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その6



CIMG4771.JPG


好天に恵まれた昨日(11/10)、群馬県赤城高原にある赤城クローネンベルク(クローネンベルクドイツ村)を訪れた。前回訪れてから16年ぶりだった。

----

"ドイツの農村をイメージした群馬県のテーマパーク「赤城クローネンベルク」(前橋市苗ケ島町)を運営する赤城高原開発(同所、諸田稔社長)は31日、11月末で同園を閉園すると発表した。個人消費の低迷などを背景に入園者数の減少が続き、運営継続は困難と判断した。跡地は養豚業の林牧場(桐生市新里町赤城山)に売却する。林牧場は本社事務機能を移転するほか、社員の研修施設として活用する方針。

同園は1994年開園。動物との触れ合い体験に加え、自家製ソーセージや地ビールなどの飲食が楽しめる施設として人気を集め、2008年には約19万人が入園したが、近年は客足が伸び悩んでいた。運営する赤城高原と親会社のファーム(愛媛県西条市)は昨年6月、東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受け、同12月には人材・教育ビジネスなどを展開するワールドホールディングス(福岡市)をスポンサーに迎えるなど、早期の事業再生を目指していた。赤城高原は社員26人とアルバイトについて意思確認しながら、グループ会社での再雇用を図るという。前橋商工会議所の曽我孝之会頭は「特色ある観光施設で人気があっただけに非常に残念」と話した。"
(上毛新聞電子版・2017/11/1報)

---

16年前(2001年10月27日)に訪れた際、大勢の観光客で賑わう様子がビデオ動画に残っていた。容量730MBの光磁気ディスクiD PHOTOを搭載したサンヨーのデジタルカメラiDshotで撮影。



----

体験型のアグリパークと広々とした敷地に羊や馬が草を食む姿は牧歌的で、その上にロマンティックなドイツのイメージを掛け合わせ華やいだ雰囲気の16年前を思い出した。バブル経済崩壊後の失われた10年の只中にあった時代だったが、個人の景況感は当時の方が今よりも断然良かったと思う。

そして、昨日。閉園の報を知ってか私を含め来園者はそれなりにいたがやはり寂しい(以下、Casio Exilim EX-ZR10で撮影)。

CIMG4763.JPG


CIMG4764.JPG


CIMG4772.JPG


CIMG4784.JPG


CIMG4786.JPG

(多くの親子連れに背を貸したであろう老馬・物憂げな目。)


CIMG4789.JPG

(人影に寄ってくる動物たちのけなげさが心を打った。)


CIMG4777.JPG

(ヤギのジジョが橋を渡って餌をねだりに来た。)


CIMG4791.JPG


CIMG4767.JPG


CIMG4774.JPG

(明るく対応するスタッフに「今までありがとう」と声をかける人も多かった)


CIMG4794.JPG


CIMG4775.JPG


----

Tenax 1にKodak T-MAX 400フィルム(モノクローム)を詰めて園内を撮影した。ユニバーサルファインダーとクローズアップレンズで接写も試みた。ドイツ村の最後を記録するにZeiss Ikonは相応しい絵を作ってくれるものと期待したい。作例は追って掲載予定。

----

"残すところ僅かな期間の営業となりますが、スタッフ一同皆様のご来園を心よりお待ち申し上げております。
当園の動物たちは、閉園後、関連施設に移動することになりました。いままで大切に可愛がっていただき、本当にありがとうございました。関連施設で新しい仲間たちと大切に育てます。
赤城クローネンベルク スタッフ一同"

(おわり)


posted by ihagee at 08:02| VEB Zeiss Ikon Tenax 1