2018年03月10日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その11



前回ブログ記事の続き。

難波田城公園で今が盛りの梅花を中心にフィルム撮影を行った(3月3日)。Zeiss Ikon (VEB) Tenax 1、フィルムにFuji Acros 100 (Neopan)の36枚撮を詰め、Yフィルターと接写レンズも持ち出した。接写時のパララックスを補正するためにRobotのユニバーサルファインダーをTenax 1の艦橋部に搭載している。セコニックの露出計も携帯した。

CIMG4771.JPG


以下はその結果。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


距離は目測ゆえに自信がなかったがその通りの結果で狙った通りにはピントが来ていない。

----

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


露出に注意を払えばAcros 100のネオパンらしい濃密な墨黒を絵にすることができる。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


これらは接写レンズを装着して撮った。パララックスはロボットのユニバーサルファインダーでクリアできたが、接写はレンズの深界度が浅いため目測での測距ではなかなか正確にピントが来ない。

----

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


陰影がはっきりした対象物は接写でも絵がまとめやすい。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


旧大澤家住宅(市指定文化財)・名主の家ゆえに武家屋敷のように造りが立派。座敷の柱に背をもたせ土間から吹き抜ける春の柔らかい風が頰に心地よい。

----

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Nambata Castle Park, Saitama, Japan, March 3, 2018


難波田城公園の周囲はのどかな田園が広がる。

----

翌日(3月11日)の早朝、彩湖・道満グリーンパーク(戸田市)で撮影。

荒川水循環センターの処理プラントはちょっと見にコンビナート風。間近で撮影可能。なかなかの威容だ。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


荒川沿いにサイクリングロードが続く。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


プラントを背に彩湖・道満グリーンパークに次々とサイクリストがやってきた。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


処理施設の裏手。上手から見下ろすことができる。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Saiko (Sai Lake), Saitama, Japan, March 4, 2018


東京外環自動車道・幸魂大橋

----

その日の午後、志木の旧村山快哉堂を訪ねる。ひな祭りに合わせて地元の神楽の興行があった。明治10年に建てられた漢方薬局をこの場所に移築保存している。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


当日は強風。風に大きく枝を揺らす彼岸桜は案の定ピントを外した。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fuji Across100, Location: Shiki, Saitama, Japan, March 4, 2018


新河岸川では釣り人が糸を垂れていた。水面が美しい。

Zeiss Ikon (VEB) Tenax 1の鷹の目(Tessar 37.5mm / F3.5)は中遠景に強いが、接写は技術次第だと実感した。Acros 100との相性は良い。中判カメラに負けない24mm x 24mmの表現力をさらに試したくなった。

(おわり)





posted by ihagee at 07:28| VEB Zeiss Ikon Tenax 1

2018年02月20日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その10



浅草観音温泉の解体現場の写真を中心に周辺をZeiss Ikon (VEB) Tenax 1(フィルムはKodak T-MAX 400フィルム・モノクローム24枚撮)で撮影した結果を以下に報告。浅草十二階・凌雲閣遺構だと勘違いして撮影していた経緯については前回報告の通り。

CIMG4771.JPG

(35mmフィルムで今インスタグラムでも流行りの"ましかく写真"が撮れるZeiss Ikon (VEB) Tenax 1・Robotのユニバーサルファインダーを搭載)

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018

(丸い湯船は真ん中で仕切られ、男湯・女湯として使われていた)


Asakusa Kannon Onsen

(壊される前の浴場の様子・人魚の絵があるので女湯側)


----

以下は浅草のスナップ。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Kodak TRI-X 400, Location: Asakusa, Tokyo, Japan, February 9, 2018

(消失点構図・通りの真ん中に立ってカメラを高く掲げて撮った)


----

Carl Zeiss Jena Tessar 37.5mm F3.5はやはりモノクロームに真価を発揮する。しかし、カラーもシチュエーションを選べば悪くない(「招き猫の誘惑(Tenax 1)その9」で作例を掲載済)。細々とした景色より海原とか空とか余白のある景色を撮ると何ともレトロな絵になるからだ。

Zeiss Ikon (VEB) Tenax 1(姉妹機はTaxona)は小さく軽いのが何より。24枚撮りフィルムで36枚程度 "ましかく写真"が撮影可能。

1 (2).jpg


コストパフォーマンスが高いので35mmフィルムで"ましかく写真"を撮りたい向きにはお勧めのカメラ(eBayを探すとリーズナブルな値段で売られている)。革ケース付が良いだろう。カメラが軽いのでストラップの痛みも少ない。

CIMG4758.JPG


ただし、そのままの状態だと "ある問題" が発生するので簡単な対処が必要(詳しくは、「招き猫の誘惑(Tenax 1)その2」)。

春になったら花を被写体にマクロに再びチャレンジしてみようかと思う。

Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5 with Y filter,  close-up lens, Kodak TRI-X 400, Location: Akagi Kronenberg (German village), Gunma, Japan, Nov. 10, 2017

(惜しくも閉園した赤城クローネンベルクに咲いていたバラ・マクロ撮影)



(おわり)



posted by ihagee at 19:17| VEB Zeiss Ikon Tenax 1

2018年01月20日

招き猫の誘惑(Tenax 1)その9



羽田空港に面した城南島海浜公園での前回フィルム撮影結果の続き。中判カメラと同じく真四角に撮影できる35mmフィルムカメラであるZeiss Ikon (VEB) Tenax 1は24mm x 24mmで24枚撮りフィルムであれば約37枚ほど撮影できる。フィルムはFujicolor 100を使った。

CIMG4759.JPG


Tenax 1には通常Novar 35mm f/3.5が搭載されているようだが、私のモデルは鷹の目と評されるTessar 37.5mm F/3.5。モノクロームフィルムに合わせて設計されたレンズだけあって、前回閉園間際の赤城高原クローネンベルクでの撮影結果はその通りの結果を得ることができた(「招き猫の誘惑(Tenax 1)その8」)。

今回はカラーフィルム。どうなることやら。以下がその結果(Scanner: EPSON GT-X980)。

城南島界隈(京浜運河)。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


同じ構図をVoigtländer Superb (1933), Skopar 75mm F/3.5 で撮影すると以下の通り。

Voigtländer Superb (1933),  Skopar 75mm F/3.5 with Y filter,  Kodak TRI-X 400, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


フィルム特有のノスタルジーが写り込んでいた。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


モノクロームでも撮影した白い犬の姿を追った。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


都会のアスファルトの上でなく、浜辺を散歩させてもらって機嫌良さそうだ。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


野良猫が岸壁をうろついていた。打ち上がった小魚の死骸でも漁るつもりなのだろうか。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


その岸壁ではカップルやら家族連れが羽田から離陸する飛行機を眺めていた。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


バードパトロールの船が空砲を轟かせていた。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


順光での撮影はここまで。夕陽にカメラを向けてシルエットを撮影する。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


フィルムを撮りきらない前に陽が落ちようとしていた。

Analog film, Zeiss Ikon Tenax 1,  Tessar 37.5mm F/3.5, Fujicolor 100, Location: Jonan-jima (Jonan-island) park (near Haneda International Airport), Tokyo, Japan, January 13, 2018


残りのコマは都会の夜景や飾り窓に向けたがつまらない絵ばかり。太陽に勝る照明はなし。アナログフィルムで感性を表現するには斜光を生かすことだとあらためて認識した。Tenax 1でまたチャレンジしてみたい。

----

"「なんでも鑑定団」では応募の際にまず「お宝」の写真を送ってもらうんですが、銀塩写真で撮ったものは百発百中、本物か偽物かその段階でわかる。でもデジカメで撮ったものは、半分くらいしかわからない。そこにデジカメの本質があるんじゃないでしょうか。デジカメは精密で確かですが、物事の真贋(しんがん)を写すことはできないと思います。デジカメブームで銀塩カメラの未来を悲観する人がいるけど、絶対になくなりません! あれがカメラの基本だから。何事も原点というものは残ります。また残らなきゃいけない。銀塩カメラの灯火(ともしび)を消しちゃいけないですよ。"(鑑定士・中島誠之助氏へのインタビュー・アサヒカメラ 2007年8月号から)

「何事も原点というものは残ります」の言葉は頼もしい。

" 「よく自分はもういい歳で、集めた物に子供たちが全く興味がない、どうしたらいいだろうと言われます。けれども私は放っておいていいと思いますよ。それが古物市場に出て安く売られても目利きの人たちが拾い、また1ランク上のコレクターの目に留まって出世していく。いい物は出世していくんですよ」"(鑑定士・中島誠之助氏へのインタビュー・日経BP社記事から)

不思議なことにカメラに限らず、アナログ思想のプロダクツは「出世していく」。製造されてから半世紀以上経過するTenax 1(1953年製造)もVoigtländer Superb (1933年製造)も未だ使うことができるばかりか、中古市場では「目利きの人たちが拾い」「出世していく」。それらメンテナンス可能に設計された<耐久消費財>には「残るだけの原点」というものがあった。アナログカメラの媒体たるフィルムは原点を押さえているだけにこの世の中に登場して百年を経過しようとしているのに未だに記録媒体として残っているということだろう(ある意味で人類の<大発明>である)。他方、デジタルは原点なき苛烈なフォーマット戦争に明け暮れ数年先すらどうなるか見通せない。<ビット腐敗(bit rot)>と呼ばれる問題を抱えるのもデジタルである(拙稿『「大ばくち 身ぐるみ脱いで すってんてん」(<ビット腐敗>問題)』)。電子情報は腐敗し突然死する。アナログデータは劣化しても突然死はしない。古代エジプトの遺跡に刻み込まれたヒエログリフと同じだ。全てが一瞬にして消えることはない。モノとして情報が存在する限り、情報を物理的に読み取ることができるからだ。

いまどきの「売らんが為の」市場原理によっていきなり突然死し(させられ)過去が見向きもされないデジタルのプロダクツとは、初めから「出世しない」ように設計され、捨て去られることで「経済」だという市場原理に迎合する。だからその場限りの価値観が横行し、<百代の過客>となるべき「物事の本質」を追求する必要はないのだろう(拙稿「百代の過客」・「発想の転換(“最も古いまだ使用中の家電”コンテスト)」)。今製造しそのまま半世紀後までも残って「出世していく」ような工業製品を我々の世代は生み出すことができないでいる。

きっと、人間の感性に応じた「原点というもの」は、モノとしての確かさのあるアナログにあるのだろう。

(おわり)

posted by ihagee at 11:47| VEB Zeiss Ikon Tenax 1