2019年05月25日

サイアノタイプ - その76(引き伸ばし機)


昭和11年(1936)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)についての記事の続き。

「Lucky II-Cの口径の小さなコンデンサーレンズに代えた・・・光が回らず四隅が若干欠けている」について、やはり一考。元の大きなコンデンサーレンズに戻すことにした。

スクリーンショット 2018-07-09 16.21.57.png


コンデンサー室から反射笠を受ける皿部を取り除くとその下にコンデンサーレンズの筒を収めるための刳り貫きがあることを発見。これが本来のコンデンサーレンズの収容部と合点。つまり、これまでの収め方が間違っていたのである。ついでに紙筒(ダイソーで購入したパーティグッズ)をスペーサーにしてUV光源とコンデンサーレンズの距離を調整した。

DSC02419.JPG


DSC02417.JPG


DSC02420.JPG

(SMDユニットを吊るす紙筒はアルミ箔を内張り)

乾板を仕掛けない状態で印画紙面上のUV光の当たり加減を確認。SMDユニットの点光源が見える位置まで引き伸ばし用レンズに紙を近づけて、その点が紙の中心にくるようにSMDユニットの位置を微調整する。

----

早速、ガラス乾板を用いてプリントを行う。乾板は気に入って使っている百年以上前の少女像(拙稿「乾板写真の美」)。左右反転(鏡像)となるよう乾板を置く。印画紙はvif Art B5 (H.P. surface) paper。焼き付けは約二時間。集散光性が改善されたせいか、光が回らず焼き目が甘かった四隅がはっきり顕像するようになった。胸元のレースの模様もはっきり再現されている。そしてジャスミン茶でのトーニングも従来よりも濃く結果が出る(インク色であるブルー・ブラックになる)。

1 (63).jpg


ラスティックな縁の賞状額に収め壁にかけてみた。

DSC02416.JPG


----

スクリーンショット 2018-05-03 5.14.45.png


去年の今頃はこんな程度だったので、だいぶ進歩したことだけは確か。好きこそ物の上手なれ。そして何よりも百年以上前の写真乾板と1936年製の引き伸ばし機が共に未だ「実用品」足り得ることは嬉しい(拙稿「発想の転換(“最も古いまだ使用中の家電”コンテスト)」)。四年前に召された母とほぼ同い年のこの引き伸ばし機はシャキッと背筋を伸ばして百代の過客である。「100年時代」を人に課すのではなく、百年を超え世代をわたって使い続けられるモノの価値観に求めて欲しいものだ。移り気な短寿命のモノやサービスばかりの社会でどうして人間が「100年時代」を生きよというのだろうか?低代謝社会、国民総幸福量(Gross National Happiness, GNH)、ナマケモノの生き方に学ぶ、ベクトルをアベノミクスとは逆にした発想の転換こそ世界一の超高齢社会たる我が国には必要と思う(拙稿「立ち位置を知ること」)。日本の立ち位置を聞くべきはノーベル経済学受賞者などではなく、ブータンのワンチュク国王であろう。象徴天皇が最初に会う相手はこの賢王であって欲しかった。

(おわり)


posted by ihagee at 06:56| サイアノタイプ

2019年05月13日

サイアノタイプ - その75(引き伸ばし機)


UV光源(SMDユニット)の組み込みはハンザ特許引き伸ばし機 (レンズ:Anastigmat F=125, 1:6.3)とFujica Birdie Kit3 スライドプロジェクター(レンズ:Fuji Film P-Acular/1:3/f=50mm)で終え、ガラス乾板と120フィルムを用いたサイアノ・タイプを各々に於いて出来るようになった。

残りは35mmフィルム(135フィルム)。パーティ演出用UVブラックライト(30W)をアマゾンで購入し、UV光源(SMDユニット)とレギュレータを取り外し、PC用のクーラーと組み合わせて、35mmフィルム専用Lucky Attache-35(レンズ:Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)に組み込んだ。

Lucky Attache-35に元から付いているレンズは分散(拡散)型で、点光源のSMDを組み合わせるには不向きなので、旧ソ連製の口径の小さなコンデンサーレンズと組み合わせた。このレンズはジャンクとしてeBayで売られていたもの。ディフューザーまで付いていたが、これは外した。

s-l1600.jpg


46946089834_f296a70228_k.jpg


----

純正の35mmフィルム(135フィルム)用フィルムキャリアーでなく、ガラスのキャリアーを使えば部分的にせよ120フィルムもプリント可能。古い120フィルムを用いて早速プリントを試みる。焼き付け時間は約二時間。ジャスミン茶でトーニングを施した。

フィルムには約60年前(1957年)の北海道積丹美国の景色が収まっている。

47607534882_775cac1434_k.jpg

神威岬灯台・昭和35年に現在の姿に改修されたが改修直前の姿。明治から大正へ改元された日に灯台守の夫人と子供が祝いの品を買いに出たところ荒波に攫われるという悲劇もこの改修前の灯台は知っていた。)

40694565993_82838dd5f4_k.jpg


47694513081_130526bb79_k.jpg

(手前の朽木の部分をジャスミン茶で濃くトーニングし、背景とのコントラストで奥行き感を表してみた。)

47786261181_175514db8d_k.jpg

(これは「さくら赤外線フィルム」。上述と同じトーニングを施す)

47734545092_5fe2e0c896_k.jpg


----

トーニングを部分的に重ねることで奥行き感を得ることができる。赤外線フィルムはデジタルネガでのプリントのようなコントラスト感を元々備えているので、部分的なトーニングに向いているのかもしれない。

(おわり)

posted by ihagee at 04:11| サイアノタイプ

2019年05月09日

サイアノタイプ - その74(引き伸ばし機)



前回記事のように、スライドプロジェクター(Fujica Birdie Kit3)でのサイアノタイプ・プリントがそこそこ完成をみたので、昭和11年(1936)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)に取り掛かった。

引き伸ばし機(Lucky II-C)にスライドプロジェクター(Fujica Birdie Kit3)を組み込んだ為、Lucky II-Cの光源としていたSMDユニット(50W)をハンザ引き伸ばし機に転用する。同時にハンザに元から付いていた巨大なコンデンサーレンズをLucky II-Cの口径の小さなコンデンサーレンズに代えた。

46708452325_d40acd27c6_k.jpg


早速、ガラス乾板を用いてプリントを行う。印画紙はvif Art B5 (H.P. surface) paper。焼き付けは約二時間程度、光が回らず四隅が若干欠けているが結果はまずまず。従来光源として用いていた砲弾型のLEDでは難しかったサイアノタイプらしいプルシャンブルーまで表現できた。

47545807002_310b488ce0_k.jpg


47605037121_3878d84f8b_k.jpg


46689645255_5986ab33ad_k.jpg


40657427453_5ad6443b10_k.jpg


32692835407_7d78812264_k.jpg


47603063942_f1674491d2_k.jpg


32794023467_281b3ae5b1_k.jpg


乾板用のハンザの引き伸ばし機に於いてもSMD光源の組み込みによって、プリントは一応の完成をみた。

(おわり)

posted by ihagee at 03:49| サイアノタイプ