2020年06月16日

サイアノタイプ - その107(引き伸ばし機)



銀塩プリントの代替手段としてサイアノタイプの可能性を本稿ではテーマとしている。

アナログのデータソース(アナログフィルム・乾板)に記録されている情報をそのまま紙に焼き付けること、一般的なコンタクトプリントでは難しい階調や細部の表現にチャレンジすること、その過程はシンプルで且つ費用がかからないこと、そして過去の資源(フィルムなど記録媒体・引き伸ばし機など暗室用品)を再利用できることに理があると勝手に思っている。

感光剤を紙に塗布する段階でいくつか工夫を施すことでプリントに深みと奥行きを与えることができるということも次第に判ってきた。

----

49541304691_ae4e8cfe16_k (1).jpg

拙稿「乾板写真の美」で紹介した乾板を使ったプリント。さらに上述の工夫を施すと、
49889147708_f5a6d9f3b0_k.jpg

少し焼き過ぎて暗部が潰れ気味となったがだいぶ先のプリントと趣が異なってくる。

同様に以下比較。
32692835407_7d78812264_k.jpg

普通にプリントした場合も、
49920705551_eeeff5d918_k.jpg

となる。
49963700283_4d5acd9d65_k.jpg


49971653333_e0b815bfa5_k.jpg


----

以上は乾板用引き伸ばし機でのプリント結果だが、フィルム用引き伸ばし機でも同様の表現が可能。

49920783688_326b7c8eb6_k.jpg

49928449782_65e2f728ea_k.jpg


(おわり)

posted by ihagee at 03:08| サイアノタイプ

2020年06月09日

サイアノタイプ - その106(引き伸ばし機)



先月、民放のとある情報番組でマルマンのスケッチブックが紹介されていた。




その表紙のレトロな意匠が創業百年企業のアイコンともなっているベストセラー品で、どこにでも売っている日用品(国産)。




件の番組ではスタジオのカンペとしての効用(書きやすい・剥がしやすい)が話題となっていたが、安価と雖も私にはいささか勿体無い使い方に思える。そう思わせるほど、高品質な画用紙であることは本稿のサイアノタイプ・プリントで知っているからだ。

B5またはA4の同スケッチブックを使った作例:

49848561298_22d1b4fcb4_k.jpg

49849793217_165919c7c4_k.jpg

(写真家・Maurice Couvratの乾板(1920年代頃)/ 昭和11年(1936)製ハンザ特許引き伸ばし機 (Anastigmat F=125, 1:6.3) / UV光源 / 露光約五時間)

普段使っているvif ArtやCotmanと発色の色味が異なり同じ青でも黒味がかり、さらにジャスミン茶でトーニングすると全体がセピア調になりコントラストが上がる。

49896122242_06aaf691ed_k.jpg

49901289457_2427783530_k.jpg

49917562536_81c9fce9b8_k.jpg

49913520876_1243da5861_k.jpg

(Kodak T-MAX 400 / Voigtländer Superb (1933), Skopar 75mm F/3.5 / Lucky II-C(Fujinar-E75mmF4.5) / UV光源 / 露光約五時間)

49927908657_c71f7874cc_k.jpg

(アメリカ?1950年代撮影120フィルム / Lucky II-C(Fujinar-E75mmF4.5) / UV光源 / 露光約八時間)

引き伸ばし機の絞りをF8にした(普段は開放)。紫外線の光量が減る分露光時間を要するが細部は緻密に表現できる。

49947749533_a5667c3448_k.jpg

49956791962_8d3169bd81_k.jpg

(積丹美国 / 1950年代撮影120フィルム / Lucky II-C(Fujinar-E75mmF4.5) / UV光源 / 露光約五時間)

49984640808_2fabcee773_k.jpg

(夕張・栗山町字日の出にあった新二岐炭鉱。その炭鉱関係者の宿泊施設に面した畑の一コマ / 1955年撮影 120フィルム / Lucky II-C(Fujinar-E75mmF4.5) / UV光源 / 露光約五時間)

----

ジャスミン茶などのトーニングに強い癖があるが、トーニングせずにオキシドールで仕上げる分にはそのブルーブラックの色味は好みかもしれない。紙の表裏を気にせずプリントするが(このスケッチブックは表紙の表裏が全く同じデザインゆえ、どちらを表にして使っても良い仕様になっている)、vif ArtやCotmanなど水彩画紙に比べさすがに紙の厚みがないので感光剤の染み込みが浅くあまり丹念に水洗するとハイライト部分で色抜けをしてしまう。より緻密に仕上げたいのであればやはりvif ArtやCotmanが相応しい。

(おわり)


posted by ihagee at 03:00| サイアノタイプ

2020年04月27日

サイアノタイプ - その105(引き伸ばし機)



ガラス写真乾板 (1900年頃に撮影)を使ったプリントの続き。

46708452325_055f123fff_k (1).jpg

(昭和11年(1936)製の乾板用ハンザ特許引き伸ばし機(Anastigmat F=125, 1:6.3)& 光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン)

49824884237_19baef0ef7_k.jpg

49824031093_4295e97476_k.jpg

49846735803_90c0059103_k.jpg


Cotman Water Colour Paper (F2 / Medium)に無調整の豆乳(プロテイン)を下引き乾燥した上にサイアノ感光剤を塗布して印画紙を作成。焼き付け(五時間)後、水洗・オキシドール浴、ジャスミン茶でトーニングを行う。

伊藤園のパックのジャスミン茶を濃い目に煮出してハイライトが潰れない程度にトーニングし、焼きミョウバンを溶いた水に潜らせることでトーニングに深みを持たせることができる。サイアノタイプもこの程度まで表現できれば銀塩写真の安価な代替手段として通用するだろう。デジタルネガを作成しない分、手間がかからず財布にも優しい。

(おわり)


posted by ihagee at 16:02| サイアノタイプ