2019年05月13日

サイアノタイプ - その75(引き伸ばし機)


UV光源(SMDユニット)の組み込みはハンザ特許引き伸ばし機 (レンズ:Anastigmat F=125, 1:6.3)とFujica Birdie Kit3 スライドプロジェクター(レンズ:Fuji Film P-Acular/1:3/f=50mm)で終え、ガラス乾板と120フィルムを用いたサイアノ・タイプを各々に於いて出来るようになった。

残りは35mmフィルム(135フィルム)。パーティ演出用UVブラックライト(30W)をアマゾンで購入し、UV光源(SMDユニット)とレギュレータを取り外し、PC用のクーラーと組み合わせて、35mmフィルム専用Lucky Attache-35(レンズ:Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)に組み込んだ。

Lucky Attache-35に元から付いているレンズは分散(拡散)型で、点光源のSMDを組み合わせるには不向きなので、旧ソ連製の口径の小さなコンデンサーレンズと組み合わせた。このレンズはジャンクとしてeBayで売られていたもの。ディフューザーまで付いていたが、これは外した。

s-l1600.jpg


46946089834_f296a70228_k.jpg


----

純正の35mmフィルム(135フィルム)用フィルムキャリアーでなく、ガラスのキャリアーを使えば部分的にせよ120フィルムもプリント可能。古い120フィルムを用いて早速プリントを試みる。焼き付け時間は約二時間。ジャスミン茶でトーニングを施した。

フィルムには約60年前(1957年)の北海道積丹美国の景色が収まっている。

47607534882_775cac1434_k.jpg

神威岬灯台・昭和35年に現在の姿に改修されたが改修直前の姿。明治から大正へ改元された日に灯台守の夫人と子供が祝いの品を買いに出たところ荒波に攫われるという悲劇もこの改修前の灯台は知っていた。)

40694565993_82838dd5f4_k.jpg


47694513081_130526bb79_k.jpg

(手前の朽木の部分をジャスミン茶で濃くトーニングし、背景とのコントラストで奥行き感を表してみた。)

47786261181_175514db8d_k.jpg

(これは「さくら赤外線フィルム」。上述と同じトーニングを施す)

47734545092_5fe2e0c896_k.jpg


----

トーニングを部分的に重ねることで奥行き感を得ることができる。赤外線フィルムはデジタルネガでのプリントのようなコントラスト感を元々備えているので、部分的なトーニングに向いているのかもしれない。

(おわり)

posted by ihagee at 04:11| サイアノタイプ

2019年05月09日

サイアノタイプ - その74(引き伸ばし機)



前回記事のように、スライドプロジェクター(Fujica Birdie Kit3)でのサイアノタイプ・プリントがそこそこ完成をみたので、昭和11年(1933)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=125, 1:6.3)に取り掛かった。

引き伸ばし機(Lucky II-C)にスライドプロジェクター(Fujica Birdie Kit3)を組み込んだ為、Lucky II-Cの光源としていたSMDユニット(50W)をハンザ引き伸ばし機に転用する。同時にハンザに元から付いていた巨大なコンデンサーレンズをLucky II-Cの口径の小さなコンデンサーレンズに代えた。

46708452325_d40acd27c6_k.jpg


早速、ガラス乾板を用いてプリントを行う。印画紙はvif Art B5 (H.P. surface) paper。焼き付けは約二時間程度、光が回らず四隅が若干欠けているが結果はまずまず。従来光源として用いていた砲弾型のLEDでは難しかったサイアノタイプらしいプルシャンブルーまで表現できた。

47545807002_310b488ce0_k.jpg


47605037121_3878d84f8b_k.jpg


46689645255_5986ab33ad_k.jpg


40657427453_5ad6443b10_k.jpg


32692835407_7d78812264_k.jpg


47603063942_f1674491d2_k.jpg


32794023467_281b3ae5b1_k.jpg


乾板用のハンザの引き伸ばし機に於いてもSMD光源の組み込みによって、プリントは一応の完成をみた。

----

同様にSMD光源を銀塩写真用引き伸ばし機に組み込み、アナログネガから直接サイアノタイプ・プリントを行う技法を試みる人は未だ少ないが、私のFlickrのフォロアーが作品を寄せてくれた。

Enlarging as Cyanotype


Hohenkirchen


30WのSMDユニットを組み込んだ乾板用引き伸ばし機(レンズ: 90mm SW Nikkor)で9x12cm のガラス乾板からプリントを行なったそうだが、焼き付けに何と十五時間を要したとのこと。よくよく聞いてみると、コンデンサーレンズを用いずディフューザーだけで露光していたとのこと。道理で時間がかかるわけだ。コンデンサーレンズを用いることを勧めた。

(おわり)

posted by ihagee at 03:49| サイアノタイプ

2019年04月14日

サイアノタイプ - その73(Fujica Birdie Kit3)



銀塩写真用の引き伸ばし機のように吊るせば、水平面上で小穴式ピーク・引伸用ピント・ルーぺI型(No. 2000)を使うことができるが・・と前回ブログ

そこで思い切って今まで使ってきた引き伸ばし機(Lucky II-C)を分解し、Fujica Birdie Kit3を組み合わせてみた。水平に使うスライドプロジェクターが垂直に吊るされて何とも奇妙な姿である。ネジで組み込むようなことはせず、プロジェクターの脚部にフェライト磁石を取り付けて鉄製の引き伸ばし機のアームに磁力でくっつけただけだが軽量なプロジェクターゆえにしっかりと固定された。

ネガとなるフィルムはガラスキャリアで、ガラス乾板の場合はそのまま、フェライトよりも強力なネオジム磁石を仕込んだフェルトの抑えでプロジェクターに装填可能。さっそく1910年代の古いガラス乾板をネガとして使ってプリントを試みた。元来、120フィルムまでしか掛からないプロジェクターゆえに、それよりの大きな乾板であるから一部しかプロジェクションできない。スタジオで撮影されたと思われる母娘の写真の娘の顔が中心にくるように乾板をセットした。

印画紙上でピント・ルーペで焦点合わせを行う(光源が紫外線ゆえに、ルーペにセットしたiTouchのカメラ画像を介し液晶越しに焦点を確認)。引き伸ばし機の専用レンズと比較にならないほど解像度の甘いプロジェクター用レンズなので程々にしか合わせることはできないが。

Collage_Fotor4443.jpg


焼き付け二時間、洗浄後オキシドール浴、乾燥後さらにジャスミン茶でトーニングを施した。

47599144831_fa852f694f_k.jpg


----

さらにもう二枚、同じく1910年代のガラス乾板を使ってプリント。焼き時間、仕上げは上述と同じ。

46872737104_80f22b2c25_k (1).jpg


32654367637_223ff4e7a9_k.jpg


----

引き伸ばし機のレンズならば、以下の程度まで細部を表現できるので、このスライドプロジェクターならではの表現を少し考える必要があるかもしれない。

43830797031_490ffdb264_o.jpg

(今回用いたネガを1933年製のハンザ引き伸ばし機を使ってプリントしたもの)

43974191981_56665c0d94_k.jpg


47236364551_1f042ecfe3_o (1).jpg


(おわり)

posted by ihagee at 09:30| サイアノタイプ