2019年03月11日

サイアノタイプ - その70(引き伸ばし機)



科学実験用のスペクトロライトSPL-100-CCが届いた。φ5mm砲弾型LED(5個から100個まで)の抜き差しが可能なソケットを配列した基板で、18mA 定電流24Vの電圧のアダプタとケーブルが付属する。さっそく、φ5mm砲弾型LEDを用意した。ナイトライド製の波長370-375nmのLEDを 6個、と残り94個は390-410nmでノーブランド。LEDの足の長さがナイトライド製とノーブランドのものは違うので外見で見分けがつく。

さて、370-375nmのLED6個は均等に方陣に配置し残りは390-410nmで埋めた。砲弾型のLEDはカソード(-)はアノード(+)よりも足が短い。極性を間違えないように基板に差し込む。ソケットに押し込むとカチッと留まる。

基板上のLEDの配列面積はほぼコンパクトディスク(CD)の円盤の大きさと一致するので、CDケースを加工して基板とPC用の空冷ファンを合体させた。ファンからの風が基板の裏面に当たるようにケースの中央を丸く抜いて風穴を作った。基板にはポツポツと熱対策用に放熱穴が空いているのでファンからの風はこの穴も通ってLEDを足元から冷やすことになる。

この新たなユニットを銀塩写真用引き伸ばし機(Lucky II-C)に組み込んだ。レンズはNikon EK-Nikkor 1:2.8 f=50mmで、ネガはおよそ100年前のガラス乾板を使った。さて、何枚もプリントするものの芳しくない。

印画紙面の焼き目を視認するが、これまで使用してきた中華製懐中電灯タイプのブラックライト(FOCUSPET 100 LED)から取り外したユニットの場合と比較しても焼き目が浅い。深い濃緑色に印画紙上に顕像して焼き上がりとなるが、従来のユニットと同じ時間(5時間程度)かけても淡い緑色にしかならない。こういう焼き目では水洗すると殆ど像が残らないので失敗ということになる。淡いながらも何とか像が残ったのが以下の一枚。

img057.jpg


コンデンサーレンズとの距離やコンデンサーレンズの構成を二枚から一枚に変えてみるといった試行錯誤を施すも結果は同じだった。つまりLEDが目的に合っていなかったということ。ナイトライド製の370-375nmはUVカットグラス越しに着灯状態を視認すると殆ど可視光線が出ていないせいか暗くしか見えない。ノーブランドの390-410nmは中華製懐中電灯タイプのブラックライトと同じく明るい。さて、どちらが目的に合っていなかったのだろうか?ちなみに、新たなユニットを直接印画紙に間近でかざしてみると忽ち感光した。つまり、コンデンサーレンズと引き伸ばし用レンズを介することでプリントに必要な紫外線が減衰してしまったということになる。

これまで使用してきたユニットのLEDの特性と同じであればそのような仲介物があってもプリントできた筈である。その特性と同じLEDを装着すればプリントは可能だろう。LEDの選択をし直す必要がある。

Collage_Fotor598.jpg

(右下は新たなユニットでの印画紙上の顕像 / しかし水洗すると淡い像しか残らない)

無駄な投資とならないことを願うばかり。

----

さて、これでは面白くないので、スライドプロジェクター(Minolta Mini 35)を利用したホームメイドの引き伸ばし機に戻った。

DSC02103.JPG


こちらは快調そのもの。B5印画紙に10分〜45分以内で焼き上がる。プロジェクターレンズ(P-Rokkor 2.5/75mm lens)ゆえに、ピントが四隅で合わないのが欠点。

閉場直前の築地を2018年9月15日に撮影した35mmフィルムを使った(カメラ:Canon AL-1 / Kodak 400 Tmax / Carl Zeiss Jena, Flektogon 4/25)。フィルム撮影の結果は拙稿『「五輪」という破壊(続き6)』で報告の通り。

47346394821_45e3af1c7c_k.jpg


32404335577_fdf29f652f_k.jpg


47347037021_bf38ac7437_k.jpg


各々、45分焼き付け、水洗後、ジャスミン茶でトーニング

(おわり)

posted by ihagee at 13:21| サイアノタイプ

2019年03月09日

サイアノタイプ - その69(引き伸ばし機)



スライドプロジェクター(Minolta Mini 35)を利用したホームメイドの引き伸ばし機の続き。

Collage_Fotor62.jpg


銀塩写真用引き伸ばし機と組み合わせて光源として使っていた中華製懐中電灯タイプのブラックライト(FOCUSPET 100 LED)から取り外したユニットは、引き伸ばし機の巨大なコンデンサーレンズとその先のレンズを介し印画紙を照らしてくれたが、その光路で紫外線が減衰し感光に数時間を要した。その長時間のライティングで砲弾型LEDの劣化が著しかった(PC用の空冷ファンで熱対策を施したが)。元々安物のブラックライトなのでLEDの品質も悪く耐久性は値段相応である。

DSC01755.JPG


パーティ演出用UVブラックライトも中華製の安物だが、長時間のライティングを元々想定した商品なのでチップオンボード(COB)LEDは耐久性に優れる(熱対策も施されている)。銀塩写真用の引き伸ばし機との組み合わせではレンズ群が邪魔して印画紙まで紫外線が全く届かなかったが、スライドプロジェクター(Minolta Mini 35)を利用したホームメイドの引き伸ばし機ではまるで素通しのように印画紙に届く。

スライドプロジェクターの元々の用途と設計を考えてみれば当然のことだが、ポジスライドの画像を壁に投射するだけだから引き伸ばし機並のピントの精度は不要、且つ光源とスライドの距離が短いため熱対策として暗めの白熱球でも投射できるように光学系が単純であることが幸いしている。パーティ演出用UVブラックライトは11個のCOBが正方形に爪先程の面積に配置された光源であるが、このブラックライトをスライドプロジェクター(Minolta Mini 35)のランプハウスにぽん載せするだけで、光源が小さなコンデンサーレンズに正対し好ましく光束が入射している。これは寸法上の全くの偶然だった。

1950年代のネガフィルム(ブローニー・1950年代積丹美国)を使い、B5の印画紙((vif Art (B5 H.P. surface) )にスパイレンズを介して鉛直に光を投下し何枚かプリントしてみた。室内灯下、焼き目を視認しながら焼くこと概ね10〜30分で仕上がった。

1 (2).jpg


2.jpg


ジャスミン茶でトーニング。

1 (3).jpg


2 (1).jpg


ネガフィルムのスキャン画像と比較:

46593671424_d72076955e_k.jpg


----

銀塩写真用引き伸ばし機(光源は上述の中華製ユニット)での過去の作例と比較:

1 (5).jpg


1 (4).jpg


いずれも焼き付けに5時間程度要した。中華製のユニットを借用した光源はなにぶんにも安定していないので焼きムラが生じるものの、銀塩写真用引き伸ばし機は腐っても鯛、ピントは正しく合わせることができる。

42153577660_15f812f521_k.jpg

サイアノタイプ - その51(引き伸ばし機)より

素材や表現の仕方に応じて、ホームメイドの引き伸ばし機と銀塩写真用引き伸ばし機を使い分ければ良いということだろう。前者は可搬性に優れるので外部のサークルなどで手軽に実演できそうだ。

----

さて、ホームメイドの引き伸ばし機についてはひとまず終わり。科学実験用のスペクトロライトSPL-100-CCが届いた。実装可能なφ5mm砲弾型LEDもナイトライド製の指向性など正しく調整されたものを揃えて、銀塩写真用引き伸ばし機の光源に組み込むつもり。

デジタルネガを使った従来のコンタクトプリントよりもグラデーションが有り細部の表現に優れるプリントが得られる本稿の試みは続く。

(おわり)

posted by ihagee at 08:41| サイアノタイプ

2019年03月08日

サイアノタイプ - その68(引き伸ばし機)



スライドプロジェクター(Minolta Mini 35)を利用したホームメイドの引き伸ばし機の続き。パーティ演出用UVブラックライトを光源にしてさっそくプリントを試みた(vif Art (B5 H.P. surface) )。

47258470132_31fd637f9c_k.jpg


スパイレンズでプロジェクションを90度屈折させ平置きの印画紙に光が落ちるようにした。要するに昔のOHPの原理を逆さに使ったことになる。閉場直前の築地を2018年9月15日に撮影した35mmフィルムを使った(カメラ:Canon AL-1 / Kodak 400 Tmax / Carl Zeiss Jena, Flektogon 4/25)。フィルム撮影の結果は拙稿『「五輪」という破壊(続き6)』で報告の通り。

40345885713_d894564ed4_k.jpg

(十分焼き付け・水洗オキシドール浴後、ジャスミン茶でトーニング)

----

比較例(Lucky II-C (Fujinar-E75mm F4.5)&中華製懐中電灯タイプのブラックライト(FOCUSPET 100 LED)から取り外したユニット ):

46456367981_fcec6c31d7_k.jpg

(Fujinar-E75mmF4.5で四時間焼き付け・水洗オキシドール浴後、ジャスミン茶でトーニング)

スライドプロジェクターを使った引き伸ばし機はピントが甘いのは、銀塩写真用の引き伸ばし機(Lucky II-C)での作例と比べれば明らか。元々レンズの用途が違うのだから致し方ないが、焼き付け時間の短さは尚利点である。また、このピントの甘さは素材によっては生かすことができそうだ。

他にも何枚かこのホームメイドの引き伸ばし機でプリントをしてみたが、中華製懐中電灯タイプのブラックライト(FOCUSPET 100 LED)から取り外したユニット と比べ、パーティ演出用UVブラックライトは焼き付けの時間は短くて済む。ただし、紫外線のピークが395nm辺りのせいか、さらに時間をかけて焼き込んでみても水洗すると今ひとつ濃く色が出ない。ジャスミン茶でトーニングしてコントラストを調整した。

しかし、こんな簡単なことでデジタルプロセスを経ずに(デジタルネガを作成せずに)アナログプリントができるのだから、銀塩プリントの代替手段としては有効なのではないだろうか。アナログのネガフィルムも活かせるということだ。

(おわり)

posted by ihagee at 04:02| サイアノタイプ