2020年03月11日

サイアノタイプ - その103(引き伸ばし機)



写真乾板のプリントには、昭和11年(1936)製の乾板用ハンザ特許引き伸ばし機(Anastigmat F=125, 1:6.3)を用いる。光源をSMDのUVに代えるなど多少改造をしたが、齢84の博物館級代物はしっかり仕事をしてくれる。

スクリーンショット 2018-07-09 16.21.57.png

46708452325_055f123fff_k.jpg


Cotman Water Colour Paper (F2とB5 / Medium)に無調整の豆乳を下引き乾燥した上にサイアノ感光剤を塗布して、印画紙を作成。焼き付け(五時間)後、水洗・オキシドール浴、ジャスミン茶と薄めのコーヒーでトーニングを行う。

49601498473_29c3aef0c2_k.jpg

49597257358_e4c61baa9c_k.jpg

49593774198_b97cbb420c_k.jpg

49572320292_33511e0f30_k.jpg

49560469477_3c60a17e0e_k.jpg

49555920181_ec90423fc8_k.jpg


乾板に残された百年以上前のアメリカの人々が現れた。

49565661006_828d68599c_k.jpg


ワシンの水溶性つやだしニスを施すとセピア調になる。

----

49592160732_42bd63c835_k.jpg

49577840643_68c7def698_k.jpg

49576796953_c516a810cc_k.jpg


これらは、1880年〜1890年代に撮影された写真乾板(6.5 "x 4.25")を使ってプリント。被写体はオレイサ(Olathe / 米国カンザス州)の名士(I.O. Pickering)の一族。Issak O. Pickeringは同地の弁護士・市長を務めた。その一族の住んでいたイタリア風の建物は長らく放置されてきたが、1980年代に合衆国の歴史的建造物に認定され、現在地元の篤志家(Terry Presley)によって復元中 (2011年〜)だそうだ(ローカル紙の記事)。この篤志家はエルビス・プレスリーの親類とのこと。一時期、エルビスと音楽活動を共にしていたそうだ。

----

49541304691_ae4e8cfe16_k (1).jpg


拙稿「乾板写真の美」で紹介した乾板。

フィルムも乾板も写真(ネガ)に変わらないのに、プリントすると乾板は絵画っぽくなるから不思議。豆乳の下引きとトーニングでアンティークな感じに仕上がった。

(おわり)


posted by ihagee at 00:00| サイアノタイプ

2020年03月09日

サイアノタイプ - その102(引き伸ばし機)



49613238842_db1fb3c91f_k.jpg

49633283656_db1dc6681c_k.jpg

49624469072_72baaec19c_k.jpg


eBayで手に入れた35mmフィルムを使った。1970年代共産主義政権下のハンガリーで撮影されたものだそうだ。そのような体制下でも個人レベルではこのような写真が撮られていたということか。ポップな壁を背にしたセミヌードの女性が50年を経て水彩画紙の上に容姿を現した。

用紙:Cotman Water Colour Paper B5 Medium
引き伸ばし機:Lucky II-C (Fujinar-E75mmF4.5)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン

オキシドール浴後(トーニング無)、乾燥、ワシンの水溶性つやだしニスを施しブルーブラックに仕上げた。

1 (6).jpg

(紫外線光源の引き伸ばし機)

趣味を兼ねて室内の空気洗浄(COVID-19滅菌)にも多少は役立つかと素人科学をするが、可視光域に近い紫外線(395nm, UVA)では気休め。UVB, UVCであれば効果があるだろうが、それでは趣味以前に目をやられる。プリント発色用のオキシドールやレンズ拭きの無水アルコール等々、今まで気にもしていなかった物を含め、何事もウィルスに結びつけて考えていると気が病む。コロナ疲れなのかもしれない。

(おわり)



posted by ihagee at 03:11| サイアノタイプ

2020年02月02日

サイアノタイプ - その101(引き伸ばし機)



前回記事に引き続き "チバ・システム" にチャレンジしたものの失敗を重ねるばかりでムダに紙を消費してしまった。素人合点は良くない。このシステムに係る論文("千葉方式 -重クロム酸塩ゴム印画法に代わる毒性のない写真法" 小林裕幸著)をまずは読むべきなのだろう。

----

通常のサイアノタイプでプリントを行った。

用紙:Cotman Water Colour Paper B5 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Fujinar-E75mmF4.5)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:120 infrared film(1950年代北海道積丹美国)
露光時間:約五時間

アナログネガは赤外線フィルムゆえハイコントラストでサイアノタイプにはとても相性が良い。

49455471678_94597a935d_k.jpg

(美国小学校・現在:https://goo.gl/maps/fAzCmcNMK9RMfcaH7
49469570623_9e2769199d_k.jpg


オキシドール浴後(トーニング無)、乾燥、ワシンの水溶性つやだしニスで仕上げた。ほぼ黒に近い変色をもたらした。

通常のフィルムの場合は以下の通り。やや青味が残るがサイアノタイプとしては最大限階調を表現していると思う。

49465422727_cab5be65cc_k.jpg


----

染色(ダイ)用のJacquard社 SolarFastキット(ブラック)でのプリントも試みる(関連記事「サイアノタイプ - その93(引き伸ばし機)」)。過去の作例では乳灰色のドロリとした液剤をスポンジ刷毛で水彩画用紙に塗って乾燥させてから露光した。Jacquard社の説明では塗った状態ですぐにネガ(OHPフィルム)を重ねて露光すべし(コンタクトプリント)とある。つまり塗布した乳剤を乾燥させると感光が悪いということ。

そこで、乾燥させずいきなり引き伸ばし機で露光を試みた。

用紙:Cotman Water Colour Paper B5 Medium
引き伸ばし機:Lucky II-C (Fujinar-E75mmF4.5)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:35mm (135) film (Fuji Acros 100) 、百年以上前のポストカードをデジタルスキャンし、フィルムレコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)でアナログ変換したもの
露光時間:約五時間

49465112056_0036708eae_k.jpg


SolarFastは専用のウォッシュ液(薬品臭がある)で洗浄で洗うことによって発色を安定・定着させる。ジャスミン茶などタンニンによるトーニングやワシンの水溶性つやだしニスによる変色を受け付けない。露光不全の場合は全体に黄味がかって黒くならず薄いセピア色の寝ぼけた像になる。前回同様今回もそうなった。露光時間を延ばせば乳剤がその間に乾いてしまうので、光源を強化し露光時間を短縮するしかない。コンタクトプリントを前提としたSolarFastはその通りに用いるのが無難ということか。

比較まで、同じくデジ→アナ変換して作成したアナログネガフィルム(ガブリエル・レイ)での通常のサイアノタイプは以下。ワシンの水溶性つやだしニスで仕上げた。

49475131301_49e33a6380_k.jpg


(おわり)

posted by ihagee at 10:12| サイアノタイプ