2020年01月17日

サイアノタイプ - その98(引き伸ばし機)


”一旦乾燥させて、スポンジ刷毛でニスがけした(ワシンの水溶性つやだしニス)。セリアの百均ニスと異なり、このニスはサイアノプリントに顕著な変色をもたらす。ジャスミン茶であらかじめトーニングしたプリントはセピア色に(以下の通り)、トーニングしていないプリントはブルーブラックっぽくなる(以下の通り)。”

先の記事(サイアノタイプ - その97(引き伸ばし機))から引用

----

フィルムレコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)で作成したアナログネガ(35mm フィルム)は普通のアナログネガ(アナログカメラによる)よりも抜けの悪い(コントラストが低い)ネガとなるので、それを元に引き伸ばし機でサイアノタイププリントを作成すると(オキシドール水溶液でリンスするがトーニングはしない)発色未了=ターコイズ・ブルー(緑がかった青色)になる。完全なプルシャン・ブルーとはならない。

ターコイズ・ブルーのプリントにワシンの水溶性つやだしニスをスポンジ刷毛で塗布すると、ブルーブラック(青みがかった黒)に顕著に変色する。

では、普通の35mm フィルムのアナログネガ(アナログカメラによる)である程度完全に発色した(プルシャン・ブルー)プリント(オキシドール水溶液でリンス / トーニングはしない)にワシンの水溶性つやだしニスをスポンジ刷毛で塗布するとどうなるか?1966年撮影のアナログネガ(NCB (National Coal Board) 構内作業用タンクを撮影)で試した。

用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:35mm (135) film
露光時間:約五時間
トーニング:なし(オキシドール浴のみ)

49388053113_d2697dbdc0_k (1).jpg

(ニス塗布前)
49393085778_6b3d2eb094_k (1).jpg

(ニス塗布後)

----

ブルーブラック(青みがかった黒)になると思っていたが、驚くべきことに黒色になった。この結果をFlickrに投稿したところ反響があり、さっそく返事をしておいた。

スクリーンショット 2020-01-17 2.35.12.png


ジャスミン茶やコーヒー等を用いた従来のトーニングは、青みを消して銀塩プリントの色味(黒白)に近づけることが目的だが、

48952991973_1c1723ccc5_k (1).jpg

48946501857_c0080eeaa9_k (2).jpg

(ジャスミン茶で銀塩プリントの色味(黒白)に近付けたプリント例)

トーニングをせずともニスがけ(ワシンの水溶性つやだしニス)で容易に達成できることが判った。ジャスミン茶の場合はタンニン成分でプリント全体を染色することになるので白抜けが悪い(全体が汚れた感じになる・余白が薄っすら黄味がかっていることからも判る)。しかし、ニスがけの場合は染色ではない為(ニス自体は透明・余白に色味はない)、黒くしまって白抜けも良い傾向にある。再現性があるか、また別のプリントで試すことにする。

(おわり)


posted by ihagee at 02:42| サイアノタイプ

2020年01月12日

サイアノタイプ - その97(引き伸ばし機)



新年、プリント初め。フィルムレコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)で作成したアナログネガからサイアノタイプ・プリントを行った。古いポストカード(ネイティブ・アメリカン)をEPSON GT-X980でスキャンし、フィルム・レコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)を使ってデジ→アナ変換で35mm (135) film (Fuji Acros 100)に焼き付け現像したアナログネガを使う。

用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)
光源:50W 395nm UV LED unit (SMD=surface mounted LED modules) / レギュレータ & PC用空冷ファン
アナログネガ:35mm (135) film (Fuji Acros 100) 、フィルム・レコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)で作成したもの
露光時間:約五時間
トーニング:なし

1 (6).jpg

1 (4).jpg

1 (5).jpg

49371476301_c450eb354f_k.jpg


一旦乾燥させて、スポンジ刷毛でニスがけした(ワシンの水溶性つやだしニス)。セリアの百均ニスと異なり、このニスはサイアノプリントに顕著な変色をもたらす。ジャスミン茶であらかじめトーニングしたプリントはセピア色に(以下の通り)、

48965508773_04401e13e5_k (2).jpg

48966255307_bdc59e4801_k (2).jpg


トーニングしていないプリントはブルーブラックっぽくなる(以下の通り)。

48816023682_3e7b7cbcbb_k (1).jpg

1 (9).jpg


----

上掲のプリントはトーニングしていないので、以下のように色調が変化した。

1 (8).jpg


ネイティブ・アメリカンにはニスがけ前のターコイズ色の方が似合っているかもしれない(少し後悔)。

----

ポストカードの情報を1200dpi(グレースケール)でスキャンしたデータを元にアナログフィルムにフィルムレコーダを介して焼き付けたものだが、それでも元のポストカード上の写真が鮮明であれば引き伸ばしにも耐える。この目的で eBay UKからガブリエル・レイ(Gabrielle Ray)のアンティーク・ポストカードを新たに十枚程入手。アナログフィルムに焼き付ける予定(フィルム・レコーダのフィルムテーブルについては拙稿「フィルム・レコーダ(デジタル⇒アナログ変換)再発見(続き2)」で触れた通り)。次はPolaroid Digital Palette HR 6000を使ってみようと思う。

感光剤キット(Jacquard cyanotype kit )を今年用にamazonでワンセット注文した。シリンジで必要最小量(A剤・B剤各0.5cc/F2用紙1枚)をボトルから吸い取って使う分には私のプリント頻度ならおよそ1年は持つ。

(おわり)

posted by ihagee at 16:57| サイアノタイプ

2019年12月19日

サイアノタイプ - その96(引き伸ばし機)



年末の掃除も兼ねて部屋を片付け、埃を払った引き伸ばし機を使い、フィルムレコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)で作成したアナログネガからサイアノタイプ・プリントを行った。

用紙:Cotman Water Colour Paper F2 Medium
感光剤:Jacquard cyanotype kit (Potassium Ferricyanide & Ferric Ammonium Citrate)
引き伸ばし機:Lucky II-C (Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)
アナログネガ:35mm (135) film (Fuji Acros 100) 、フィルムレコーダ (Polaroid Digital Palette CI 5000S)で作成したもの
露光時間:約五時間
トーニング:ジャスミン茶

48992009722_70d2db7595_k (1).jpg

49233997721_4650584c60_k (1).jpg


以上、ガブリエル・レイ(Gabrielle Ray)

----

さらに、eBayで手に入れた35mmアナログネガを引き伸ばし機(Lucky II-C(50w SMD UV光源)・Nikon EL-NIKKOR/1:4/f=50mm)にセットしプリント。

48946501857_c0080eeaa9_k (1).jpg

48952991973_1c1723ccc5_k.jpg

(米国ワシントン郊外の化学工場の構内作業用タンク・1966年撮影)

48965508773_04401e13e5_k (2).jpg

(ドイツ国鉄蒸気機関車(94xxx)・1960年代撮影?)

以上、ジャスミン茶でトーニングを施し百均(セリア)の水性ニス(艶あり)で仕上げた。この百均のニスはプリントが生乾きの上にスポンジ刷毛でいきなり塗布すると、乾燥するに伴い塗面が収縮しプリントが撓む欠点がある。木工用(速乾)ボンド(コニシの白い容器のボンド)を水溶きしあらかじめ薄く塗って乾燥させた上にニスがけすると良い事を発見した。この場合は撓みを生じない。

なお、百均(セリア)の艶ありニスを使った場合、色調に変化を来すことはないが、他のニスではセピア色に変化する場合がある。以下はワシンの水溶性つやだしニスを使った場合の作例。あえてセピア色にしたい場合はトーニングの代替としてニスを用いることも考えられる。

48966255307_bdc59e4801_k (2).jpg




(ドイツ国鉄蒸気機関車(94xxx)の実写フィルム)

(おわり)

posted by ihagee at 04:16| サイアノタイプ