2018年03月26日

国難は誰なのか?



abe.jpeg


隠された情報(防衛省)、でたらめなデータ(文部省)、改竄された公文書(財務省)・・等々、国会(立法府)を騙し続け、隠匿・虚偽・改竄で論拠がないにも関わらず、「隠していない・間違っていない・書き換えていない」と嘘をつき、その嘘の上に国会(立法府)に議論を行わせ選挙を行い、その間、国民の税金を無用にドブに捨てた<行政府の長>として責任を負うべき立場にある安倍総理大臣。

本日の参院予算委員会で福島瑞穂議員からそれら<行政府の長>としての責任を問われても、当の安倍総理は壊れたレコードの様に「(責任を)痛感」「お詫び」を繰り返すばかりで総理大臣の地位に恋々とする卑屈さ。

憲法を改悪し国民の「基本的権利」を著しく制約し国家への「義務」を累加することを宿願とする安倍総理自身が、口先ばかりの「痛感」と「お詫び」。もう聞き飽きた。この人自身責任の取り方、すなわち「義務」の一つもその身を以って示さない。<内閣総理大臣夫人>という肩書きを昭恵夫人の "私的" 活動に夫人付秘書官共々積極的に貸した事は棚にあげ、あたかも籠池氏が勝手にその肩書きを使ったかのような詭弁を弄し、自らは妻共々詐欺にあった被害者であると言い募り「義務」から逃げ回る。その有様は無様にしか国民の目には映らない。

----

憲法に縛られるべき総理大臣でありながら、現行憲法を「みっともない」と誹謗し、「わたくしがそう解釈すればそれが憲法」と政治解釈を常套化したのも安倍政権。そうやって憲法を盗む。裏口入学的な搦め手を使う(拙稿「<搦め手>好きの安倍首相」)。

喩えれば、泥棒にもかかわらず、盗みに入り込んだ家の主人に「泥棒に入られたのはあなたのところの用心が悪かったからだ。犬を飼いなさい・戸締りを厳重にしなさい」と説教する説教強盗(拙稿「説教泥棒・憲法泥棒」)と同じ。いくら説教したところで盗人であることに他ならない。その盗人を縛る法律は微動もしない筈だ。ところが、盗みに入られた主人の方が悪いと法律を盗人が変えるのなら、警察も裁判所も要らない・アナーキーな不法国家である。

泥棒・強盗に憲法を語る資格など一切ない。泥棒・強盗が誰かは言うまでもない。

----

「わたくしのあずかり知らぬところで、まさに起きたできごとであります・・」と他人事のように答弁する<行政府の長>。この言葉を裏返せば、「知らないところで行政が勝手気ままにでたらめをしているとしても、それをガバナンスする能力をわたくしは持ち合わせておりません」と<行政府の長>に不適・無能であることを自ら認めているに他ならない。そうならば内閣人事局など無用の筈。否、「わたくしは全て知っています。報告が逐次官邸・わたくしに上がる仕組みを作り上げていますから」と 本当の"有能ぶり" を示すわけにもいかないだろう。官邸および自分が隠匿・虚偽・改竄の司令塔であることがバレてしまう。見事な二律背反ぶりである。

「政治家は嘘をつく」という職業観は国際的に通用するが、「行政・官僚が嘘をつく国家」はもはや国家の体を成さないというのが民主主義の国家観。息を吐くごとく嘘を散々吐きながら、その口で「国家が嘘つき」であると世界に叫ぶ人その人の存在が日本国にとって最大の国難となりつつある。

(おわり)

追記:
衆参の予算委員会で本日(27日)に行われた佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問。
決裁文書改竄の目的・動機や経緯、佐川氏自身の関与の程度は「刑事訴追のおそれがある」との理由で証言拒否。
「刑事訴追の恐れがあるからお答えできない」のならば、全ての質問について証言拒否をすべきだろう。
しかし、安倍総理や昭恵夫人、官邸、麻生太郎財務相、財務省幹部の関与については「ございません」と明確に証言ならば、野党はこのことについては「刑事訴追の恐れがない」と佐川氏に言わせるべきだったろう。「刑事訴追の恐れがない」のであれば、佐川氏の「ございません」について、なぜ、このこと(政治の関与がないと断言すること)だけは言えるのか?と、その根拠を野党はもっと詰問すべきだった。その一点を深堀すれば佐川氏は証言拒否はできず答えに窮することになった筈だった。真っ当な根拠なく「ございません」と証言していることが露呈しただろう。誰から「恐れがない」と言質を得たのかも含めて。野党の質問が非常に甘かったと思う。丸川議員に「(ございませんで)証明されました」と言わせたままにしてはダメだろう。野党は質問にもっと知恵を絞らなければならない。

----

佐川氏の証言に官邸も与党も喜んでいるかもしれない。丸川珠代議員は「政府や昭恵夫人が関係ないことが証明されました」と宣うが、愚かにも程がある。そう言って済む話では全くない。逆に「財務省が勝手に行ったことで預かり知らぬ」と政治が言うことの方が大問題である。(上述の二律背反の観点)

つまり、与党は「我が国の官公庁は官僚も含め斯くも杜撰でいい加減ですが、安倍総理・官邸は全く関係なく正しい」と佐川なる人物に証言させて、森友問題は収束に向かうと高を括る。「政治家は嘘をつく」までは国際社会で許容する観念であっても(だから、普段から息を吐くように嘘をつく安倍総理・官邸の関与は国際社会では共通認識だろう)、「行政・官僚が嘘をつく国家」はもはや国家の体を成さないというのが民主主義の国家観。「国家ぐるみで公文書の改竄が行われている」と国際社会に認知されようが、政治家は「政府や昭恵夫人が関係ないことが証明されました」と大言壮語し保身に走る方が大事なのか?佐川氏が政治家に与する余り(そして自らも保身に走って)、その証言が国家観まで毀損することになることがわからないのだろうか?愚かすぎる。

「政治の関与がありました」と素直に佐川氏が証言し、改竄を嗾(けしか)けた安倍総理・官邸に目的・動機・経緯の全てがあるとする方が、まだ国家の体を成す。日本国を本当に愛するのであれば、落とし所を自らに課し内閣総辞職をすることこそ、「美しい国」を標榜する自称愛国者たる安倍総理の身の程だろう。国家の体まで疑われても保身の方が大事と言うのであれば「醜い国」と言い換え売国者と自称した方が宜しい。

----

「森友文書問題・全ては理財局内で行った事。官邸側からの指示は一切無し」と佐川氏が証言するのであれば、野党はこう佐川氏に切り返すべきだった。

「理財局の全ての役人は懲戒免職相当だと言うことで良いか?財務省がそうならば、中央官庁・官僚全てにおいて、自己動機・都合で勝手に不法な行政処理が行われていると国民は疑念を深めることになるがそれで良いのか?行政府が疑われる国はもはや国家の体を成さないというのが民主主義の国家観であるが、総理・官邸の保身に与するために、後足で砂を蹴ってそこまであなたは言おうとしている。刑事訴追の恐れ、ではなく訴追されて当然のことをあなたは行った。そしてその口が疑念にさらに油を注いでいる。今更、恐れがあると我が身が可愛いとはどこまで図々しいのか、恥じよ!」と。

----

佐川前国税庁長官の証人喚問を受けて自民党の二階幹事長は、「総理はじめ政治家の関わりが焦点だったが、幸いにしてなかったことが明白になった」と強調。

佐川証言がいかに出来レースであったかわかる。関係者が裏で共謀し合えば「明白」にもなるだろう。そう国民は疑っている。

森友問題の本丸たる国有地不当払い下げ問題の究明はこれから。その問題で国会に証人として呼ぶべき人物は大勢。与党が改竄問題で本丸も含めて森友問題全ての幕引きを謀ろうとすれば、安倍政権支持率はさらに下がることだろう。国民の反発はさらに激しくなる。与党自民党は国民の意識を甘くみないことだ。



タグ:安倍晋三
posted by ihagee at 18:04| 政治

2018年03月24日

「そんな日々は終わり」だと言われる安倍政治



昨日の株の大暴落。国民の税金を投入した官製相場で外国人投資家のマネーゲームしか創出しなかったアベノミクスとなってから、株価上昇は経済活動のバロメーターの役割を果たしていない。その暴落の時に底の薄い実体経済が露呈する。

北朝鮮情勢、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置など、重要な外政課題において安倍政権の思惑がことごとく外れる結果となっている。それどころか日本にのみ事前通告がない・頭ごなしのパッシングが続いている。北のミサイルは「国難」と散々国民に吹聴しておきながら、米朝韓の交渉の輪に入れない。話し合いを拒否したばかりに話し合いに加わることができない安倍政権。拉致問題なる全く次元の異なるイシューを持ち込みその輪に入ろうとするが、かの「国難」はどこに行ったのか?外交の孤立化こそ「国難」でありそれを招来する安倍政権こそその大元ではないのか?と思う。

関税障壁は「安全保障の問題」だから米国は日本を袖にしない筈だと世耕経財相はたかをくくっていた。しかし、トランプ米大統領は「安倍首相らは『こんなに長い間、騙し通せたなんて信じられない』とほくそ笑んでいる。そんな日々は終わりだ」と言う。「ドナルド」と呼んでどんなに安倍首相がベタベタと親しげにしようが、ビジネスに友達感覚は通用しないとトランプがはっきり言ったも同然。

ロシアからは「(日米間の軍事的)安全保障」を捨てない限りは北方領土問題を扱わない」と、ロシアの実効支配が着々と進んでいる。「ウラジーミル」と呼んでどんなに安倍首相がニコニコと親しげにしようが、領土交渉に友達感覚は通用しないとプーチンがはっきり言ったも同然。

----

内政では大いに通用した安倍首相の「おともだち」による支配。その"ともだち感覚の政治・経済観"が国際社会に通用する筈もないのに、安倍首相は臆面もなくその稚拙なメソードを首脳外交に適用した。結果、ドナルドとどんなにゴルフをしようが、ウラジーミルを長門でもてなそうが、「関係なかった」。

それで「騙せる」と思ったら大間違いだと彼らは結果を示している。三世政治家であってもタフなネゴシエーターと今やトランプもプーチンも一目置かざるを得ない北の首領。かたや、やはり三世(三流)政治家としか見られていない首相。

「稀代の名宰相」と二階自民幹事長が讃える安倍晋三首相だが、それは永田町の中の立ち位置での評価でしかない(我々国民には「迷宰相」にしか思えないが)。

国際社会での彼の立ち位置は異なる。アメリカのビジネス誌であるフォーブスが2009年から発表している「世界で最も影響力のある人物(英: The World's Most Powerful People)(2016年版)」で、安倍首相は圏外の37位である。国際的視点に立てば、安倍首相のプレゼンスは「その他」に分類される程、低いというのである。いずれにせよ、国内メディアでは決して「その他」であることは書かない。こんなに外遊をこなせる首脳は世界を見回しても安倍首相以外にいない=それだけ国際的な影響力が強い、などと産経などの御用新聞は書き立てるが、海外の主要メディアの国際政治面で彼の記事が載ることは滅多にない。

スクリーンショット 2018-03-24 7.05.34.png



(2017年9月・国連での安倍首相演説での空席は彼のプレゼンスの低さを示している)



(2017年9月・国連でのモディ・インド首相演説。フォーブスランキングで第9位と評価された通り、プレゼンスが高い)

「具体的な行動につながらないものは無意味」とするプラグマティズムをトランプもプーチンも持ち合わせている。トランプの口癖「しばらく様子をみよう」は、それが無意味なうちは「何を実行していくのか注目しよう」とコメントするに留める政治的胆力を案外トランプは持ち合わせているのだろう(拙稿『「樅の木は残った」・トランプ考』)。

----

先ずは水面下で相手をじっと探る政治的胆力のかけらもない安倍首相の常とするエスタブリッシュメントの中の予定調和的風土の対極に、国際政治がある。その"ともだち関係の予定調和的風土"も、森友問題をきかっけに綻び始めた。その綻びは外交関係にも及んでいる。「国難」は安倍政治そのものであろう。

オバマ前米大統領が24、25日の日程で来日し、25日に昼食を兼ねてそんな安倍首相と会談するそうだ。2016年5月に現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問し表明したオバマ氏の核兵器廃絶なる政治信条を、安倍首相は否定するばかりかトランプ政権の核武装戦略(小型核兵器)にコミットしその顔に泥を塗り、大いに "ともだち" を裏切った安倍首相は一体どんな顔をして会うつもりなのだろうか?

政界を去って、「旧交を温める」とばかりに "ともだち" の関係を義理堅く残すオバマ氏に心の広さを感じざるを得ない。悉く私利私欲ばかりに"ともだち" 関係を構築した者にはわかるまい。

(おわり)


posted by ihagee at 07:25| 政治

2018年03月20日

「忖度」ではなく「教唆」


ストックホルム (1).jpg


「籠池氏、森友学園側が総理夫人の名前を出してらっしゃったのは事実。さかんに昭恵夫人のお名前を出してらっしゃったので、そういう記述をしている」(太田理財局長・3月19日に開かれた参院予算委員会の集中審議答弁)

「安倍昭恵というのが私の妻でなければ、それは当然載りませんよ。籠池氏がまさに私の妻の名前を出していたから載せていたのであって、私の妻や事務所が、近畿財務局に働きかけを行っているということは全く書いていない」(安倍首相答弁)と、決裁文書の改ざんに関する「一切の指示」と関与を安倍首相は否定した。

----

もし、昭恵夫人が森友学園と何の接触もなく全くの無関係で籠池氏が勝手に総理夫人の名前を使って、近畿財務局との交渉を行ったとすれば、安倍首相の言う通りだろう。安倍首相が籠池氏を詐欺師呼ばわりするのも、その前提がなければならない。

しかし、総理夫人の名前を使って籠池氏・森友学園と密接にコンタクトしたのは昭恵夫人に他ならない。総理夫人という肩書きがモノを言うことを承知の上、その肩書きの利用を許したのは昭恵夫人であり、その背後にある日本会議であり、安倍首相であることは否定できない。

----

野党が「官僚の安倍首相への忖度」を突く。
しかし、「忖度」とは極めて主観的且つ曖昧な理由づけである。「そう思えばそうだ」程度の内心に過ぎないから有無の証明などできない。「官僚の安倍首相への忖度」の有無を論じることは安倍首相にとっても利することだ。財務省の官僚が勝手に「そう思った」だけのことと、「俺は関係ない」と突き放すことができるからだ。

藤井裕久氏(大蔵省官僚出身・元財務相)は、「忖度なんていい加減なことを財務省の官僚は絶対にしない」、「前例踏襲主義の官僚は忖度なんてしません」と言い、今回の事件を官僚の忖度で説明することは誤りだと指摘している。藤井氏は官邸(安倍首相含む)からの明確な指示がなければ、前例にすらない不法行為を官僚が犯す筈がないと指摘する。

----

安倍首相が顔を紅潮させ強弁し何かを否定する場合は、その否定することが事実である場合が殆どだ。彼の精神構造がそのようにさせている。そのようにして、決済文書の改ざんに関する「一切の指示」を否定した。

つまり、「指示」こそ彼にとって突かれては困ること。直接指示せずとも、行為を唆す「教唆」こそ、野党は安倍首相に疑うべきだ。平成27年の9月を中心とした時系列に安倍首相はその教唆に関わっていると疑うだけの不可思議な行動を取っている。「教唆」は刑法上、犯罪として定義されている。「忖度」なる曖昧から脱却しなければ、安倍首相と禅問答を繰り返すばかりだ。野党・国民が安倍首相を追求する論点こそ、「(官邸・安倍首相から)財務相官僚に対する教唆」でなければならない。

(おわり)

追記:
「総理大臣の私が言うのだから・・」は野党をねじ伏せる時の決め台詞。ところが、野党から責められると途端に「総理大臣だからと言って・・」となる。嗚呼。

そして、恐怖政治と教唆は付き物。直接指示を出さずとも、そうせざるを得ない状況に追い込む。逆らえば適当に濡れ衣を着せて制裁を課す。その仕組みを安倍政権は作り上げた。間諜を三法の枢要な職に送り込み、放送法の許認可権を盾にメディアを操り、高級官僚の人事権を掌握する(内閣人事局)。政策にではなく個人的な利得や政局に官僚を巻き込み、彼らに不法行為を唆す。総理夫人なる肩書きの口利きは、相手をそうせざるを得ない状況に追い込むに十分だろう。退官した前川氏の社会的信用を貶めようと今もなお執拗に圧力をかけ続ける仕組みがある。名前も顔も知れた前川氏(+ 名家の出)だから、マスコミに訴えることができるが、ノンキャリアの一公務員なら圧力に屈するばかりか、自殺に追い込まれるだろう。

フランス革命の立役者ロベスピエールは恐怖政治を以って、自ら指示を下さずとも彼の支持者は政敵を殺してまわった。「徳なき恐怖は忌まわしく、恐怖なき徳は無力である」が教唆をもっとも得意とした彼の言葉だ。直接指示を出さずとも、暗示してそそのかすことを得意としている。そのためには機密費の利用、買収はかかさない。利や欲だけで動く無学で貧しい民衆(サン=キュロット)をカネで買収し、彼らに暴動や暗殺をそそのかす。最終的には行き過ぎた恐怖政治に当初はこれを支持していた国民さえも嫌気が指し「徳なき恐怖」だけが残り、彼は反ロベスピエール派のクーデターで捕らわれ処刑された。

民主党政権は「恐怖なき徳」であり、その結果は「無力」であった。民主党へ政権交代が確実となった翌日の朝、霞が関の諸官庁の裏手から大量のシュレッダーのゴミが堂々と搬出された。自民・族議員とのメモ類だと噂された。その時点で、霞が関は民主党政権の「恐怖なき徳」を見抜いていたのだろう。理念と理想だけの素人政治と見下していたのかもしれない。事実、民主党政権は政策一つ官僚たちの協力を得られず(原発事故では官邸にいつまでも情報を上げず、菅直人首相が堪らず事故現場に出向いた)、数年で座礁した。「徳ある恐怖」が官僚にとって、ときの政権との好ましい関係なのだろう。自民党政権は「徳ある恐怖」に於いて長けていた。「徳」を知る政治家がいた。だから、安倍政権の誕生は彼らの望むところだっただろう。ところが、安倍首相は「徳」を一切持ち合わせていなかった。

「財務相の官僚が勝手に忖度したもので、私は一切関係ない」と安倍首相は言う。欧米ではこの言葉は驚きを以って受け取られている。政治家は嘘をつくが(政治家は嘘をつく職業だ)、官僚が嘘をつけば(官僚は法に従うから嘘をつく筈がない)国家として体を為さないのが欧米の国家観だ。ところが、安倍首相は「日本の官僚は嘘を付く・勝手に判断し法を侵す」と国際社会に喧伝しているのである。日本国の国際的信用を貶めて、どこが「美しい国」なのだろうか?安倍首相が真の愛国者であれば、少なくとも政治家が罪を被ってまでも国家の信用を守るだろう。それが「徳」というものである。息を吐く如く嘘をつく政治家が官僚までもそうだと言い放って良いのだろうか?

斯様に安倍首相は最初から「徳なき恐怖は忌まわしく」だが、サン=キュロットならぬネットの仮想民(ネトウヨと呼ばれる)や御用ジャーナリスト(寿司友と呼ばれる)たちに官房機密費で餌を与えるばかりか、内閣人事局を背景に官僚たちに不法を教唆しているのではないか?我々はすっかり嫌気が指した。さぁ、捕らわれるか?時代は繰り返す。


posted by ihagee at 04:19| 政治