2017年11月22日

牽強付会とは







安倍晋三自民党総裁

選挙前「森友加計については選挙で説明する」

選挙中「森友加計については国会で説明する」

選挙後「森友加計についてはすでに説明した」

----

安倍晋三内閣総理大臣(衆院代表質問 11/21)

昨日
「もはやデフレでない」

今日
「デフレを脱却とは言い切れない」

----

安倍晋三氏

民主党政権時代は・・





----

世界の経済成長率ランキング(2010年度)

スクリーンショット 2017-11-22 3.11.57.png


世界の経済成長率ランキング(2016年度)

スクリーンショット 2017-11-22 3.12.48.png


(出典:世界経済のネタ帳

----




正社員は減り続け(将来の生活設計が立たない)




----

「2008SNA(国際会計基準)に改定」と称し第2次安倍政権以降(2012〜)のGDPだけに分厚い下駄を履かせて「7四半期連続経済成長」

スクリーンショット 2017-11-22 4.01.20.png

(朝日新聞社報)

スクリーンショット 2017-11-22 3.47.45.png


そして、



牽強付会の用例:
"そんな口先ばかりの牽強付会の主張がいつまでも通用すると思ったら大間違いだ。"

(おわり)


posted by ihagee at 03:21| 政治

2017年11月10日

「二枚の舌に対して一つの耳」で良いという傲慢不遜さ



superb - 1 (1).jpg


"国会での野党の質問時間削減問題で、自民、公明両党は「与党5対野党5」で配分することを野党に提案する方針を固めた。複数の自民党幹部が明らかにした。国政全般について議論する衆院予算委員会は「与党2対野党8」が現行で、野党側は拒否する構えだ。" (朝日新聞デジタル・11/9報)

----

質問時間の見直しを指示したのは安倍晋三首相。「これだけの民意を頂いた。我々(自民党)の発言内容にも国民が注目しているので、機会をきちんと確保していこう」と首相官邸で萩生田氏に話したという。

安倍首相にとって野党の質問とは、「我々(自民党)の演説を邪魔するような行為」なのだろう。つまり、国会質疑の場すら「我々(自民党)の演説」の場に変えようとしている。安倍首相が指を突き立てた「こんな人たち」が野党で、「邪魔するような行為」が野党からの質問、安倍首相はつまり耳の痛いことなど聞きたくないという、幼児なみの駄々をこねているに過ぎない。ここ数年の首相も含め閣僚の国会質疑での答弁能力の劣化は甚だしいものがある。憲法論で野党から質問を受けても安倍首相はシドロモドロになるばかりか珍説を披露し、稲田防衛相や金田法務相(当時)にあっては自ら答弁する能力がないとまで認める有様だった。従って、質問すらお断りせざるを得ない程、首相をはじめとして閣僚の質が劣化し「野党からの質問で失態を晒したくない・恥をかきたくない」から「国会での野党の質問時間削減」をせよ、と首相が命じたというところが図星だろう。安倍首相の顔色がことさら優れなくなる、もりかけ問題を糊塗するには「国会での野党の質問時間削減」しかないワケである。

----

国会とは内閣行政府の施政をチェックするためにある。衆院予算委員会の質疑がそのチェックであり、与党(自公)であっても本来党内民主主義があるのなら、安倍首相に対して耳が痛くなるような反対意見・質問を与党議員が突きつけても全く正常なチェック行為である。ところが、与党(自公)議員は提灯持ち・茶坊主・腰巾着ばかりで全くチェックの体すらなしていない。質問時間を持て余し安倍首相を個人的に讃えたり般若心経を唱えたり文学論をぶったりと、与党(自公)議員は実質的な質問すらせずチェック行為を放棄している。つまり国会(国民)を軽視している。

従って、実質的にチェックを行う上で、国会での野党の最大使命とは質問を行うことに他ならない。「議席数にあわせるべき(自民党)」となれば、その野党の最大使命を軽んじ質問を減らしチェックをさせないということだ。

「これだけの民意を頂いた」ことがなぜ「実質的な質問を減らしチェックをさせない」こととイコールになるのか全く理解できない。「これだけの民意を頂いた」のであればこそ、「実質的な質問を増やしチェックをしてもらう」つまり、耳の痛いことこそ謙虚に聞く耳を持つのが政治の常道である。

"一枚の舌に対して二つの耳、それ故に君がしゃべる分量の二倍聞け。 Two ears to one tongue, therefore hear
twice as much as you speak. (拙稿「一枚の舌と二個の耳」)"

という有名な諺、これが天下の常道。上に立つものの常識だろう。

その常道・常識の逆なる「二枚の舌に対して一つの耳、それ故に君がしゃべる分量を半分だけを聞く」では諺にもならない外道・非常識である。安倍首相の傲慢不遜さもここに極まった。

(おわり)

posted by ihagee at 08:28| 政治

2017年11月09日

「いい国つくろう、何度でも」の主語



何度.jpg

(2011年9月2日の全国紙の朝刊全面広告・宝島社)


トランプ米大統領は日本に来る前、ハワイで"RememberPearHarbor"と呟き日本国の表玄関たる羽田や成田ではなく横田米軍基地に降り立った。米軍基地という日米地位協定上、我が国の主権の及ばない、つまり米国領土に我が国の外務大臣が「ようこそ」と笑顔で出迎え、巨大な星条旗を背に空軍のジャンパーを着込んで米軍人たちにまずは丁重に挨拶する。どれだけ不可思議な光景か今の若者は承知しているのだろうか?

第二次世界大戦敗戦国であるイタリア、ドイツ両国が冷戦後に大使館の土地以外の管理権を取り戻したのに対して日米地位協定は1960年以来、運用改善のみで一言一句改定されていない。このこと一つ米国に主張できず「日本を取り戻す」などと言うは笑止千万。だから、横田基地に降り立ったことを訪日とは言わない。川越の霞ヶ関カンツリー倶楽部のグリーンに降り立ったことを以って訪日であり、そんなフザけた訪日を斡旋した安倍首相の国家観は恥そのものである。外国の首脳であれば正々堂々と表玄関から入ることを言うべきだろう。過去訪日した米大統領は全て羽田を経て(我が国の法律に従って)<入国>をしている。だから、横田米軍基地を経てグリーンに降り立ったトランプは正確には<入国>すらしていない。米軍族と同じく入国審査を経ず(我が国の法律に従わず)に占領地を自由に歩き回ったことになる。天皇陛下が接遇するに当たってトランプ米大統領は国賓ではなく公式実務訪問賓客の身分と閣議了解したのも安倍首相は上述の後ろめたさを承知しているからだろう。

「戦後レジュームからの脱却」なる安倍首相のスローガンとは真逆の、占領下の日本に戻らんばかりの恥を安倍首相は受け入れたのである。

その恥を受け入れざるを得なかった米国占領下の日本は、1945年8月30日厚木飛行場に降り立った占領軍司令官ダグラス・マッカーサーの写真が示す通りである。我が国は未だ<真珠湾ー占領>の構図のまま、その構図に我が国の首相と称される者が最大限おもてなしを行いマスコミもこぞってこれを歓迎しているに他ならない。

3/11から間もない2011年9月2日の全国紙の朝刊などを見開きで飾った宝島の広告に異様さを感じ取った人は多い。その通り、広告から程なくして「日本を取り戻す」なる安倍政権が誕生した。「いい国つくろう、何度でも」の主語が岸信介⇨安倍晋三にとって米国(及び米国なる虎の威を借りた<日本主義>)であることは言うまでもない(拙稿「安倍晋三首相・座右の銘「至誠」が意味するもの」)。

「日本を取り戻す」なる安倍政権のスローガンの主語も米国であれば、安倍政権の諸政策にはそれなりに整合性が生まれる。おそらく祖父からの遺言なのだろうが、国家を国民ごと売ることだろう。中国も韓国もロシアも指導者は賢く立ち回り決して米国の駒になろうとしないのに、我が国の首相とされる者だけが駒に積極的になろうと腐心し、事実、北鮮に軍事的に対峙すべきは日本であると、トランプは北鮮問題を軍事的に解決すべき当事者は日本に他ならないといった発言をこのところ繰り返しているようだ。先の衆議院議員選挙で自民党に一票を投じた者に問いたい。米国傀儡政権の下で主権なき国民に堕して良いのか?憲法第9条の「戦争の放棄」、「戦力の不保持」、「交戦権の否認」は幣原喜重郎が対米隷属の我が国に残した奇貨というべき主権の砦である。憲法第9条に書き込んだ「平和の鍵(幣原喜重郎)」があればこそ日本は米国の軍事的な駒にならない国民の意思を曲りなりとも米国に示すことができるわけである(拙稿「憲法記念日・素晴らしい狂人」「"「日本国憲法自慢」はやめた方がいいです" はやめたほうがいい」)。

もし「戦争の放棄」、「戦力の不保持」、「交戦権の否認」を改憲で全て捨ててしまえば(「平和の鍵」を捨てれば)、日本は米国の軍事上の橋頭堡、経済上の植民地(噂される米日FTAの交渉如何によっては関税自主権たる国家としての主権を手放すことになる=植民地・属領と同じ)に過ぎなくなるだろう。



それでも良いと安倍政権を支持する人々は思っているのだろうか?

(おわり)




posted by ihagee at 02:35| 政治