2019年04月02日

なぜ元号なのか?



平成の次の元号が決まった。「令和」だそうだ。昭和から平成への改元時は天皇崩御によって国民全てが喪に服したかの重苦しい空気が漂っていた。それに比べ今回は生前退位による次期皇位継承者への譲位と花見の季節が重なって、厳かさの欠片すらないメディアの度外れた狂騒振りに半日もしないうちに辟易となった。

日本において、元号は元号法によってその存在が定義されており、法的根拠があるが、その使用に関しては基本的に各々の自由で、私文書などで使用しなくても罰条などはない(wikipediaより)。しかし、私も含めて殆どの国民はその使用を社会生活で求められている。

---

さて、その元号。英語ではera nameと訳する。eraとは「著名な人物または歴史的な事件などで特徴づけられる時代,時期」の意味で、過去を振り返って「あぁあの頃は」と括る時代、時期のことだ。era name の例としては、「古生代(Paleozoic Era / 地質学上の年代区分の一つ)」「南北戦争(Civil War Era / 1861-1865)」「進歩主義時代(Progressive Era / 1890-1920)」「冷戦時代(Cold War Era / 1945-1990年代初め)」「ヴィクトリア朝時代(Victorian Era / 1837-1901)」等々、歴史の教科書に幾らでも記載がある(historical era names)。

たとえば「ヴィクトリア朝時代(1837-1901)」とはヴィクトリア女王の在位期間を表しているが女王の統治自体を表すよりも、その統治期間の大英帝国の政治・外交・軍事・文学・科学・文化・風俗などのエポックを後世「ヴィクトリア朝の〜」と形容し呼んでいる。従って、在位中のエリザベス2世について「エリザベス2世朝時代」などとhistorical era nameになるかは、後世の歴史家に委ねることであろう。このように、eraとは一般に人物や事件によって特徴づけられる過去の時代、時期を表すhistorical erasなのである。

ところが、我が国ではeraは象徴天皇の即位(皇位継承)と同時に始まる(元号法)。この国の行く末を「元号」によって早々と特徴付けようとしている。これはよくよく考えてみればとても奇異なことだ。日本国以外で「元号」を使っている国はない。元号を以て、「夢と希望を持って新しい日本の国を切り開いていくんだ(安倍首相)」などと、国家が予定調和(predetermined harmony)を国民に説く辺りは、国際社会では理解されにくいことだろう。もとよりこの元号発表に合わせた首相談話は皇室の政治利用であり許されることではない。その場でスマップを引き合いにするセンスの安っぽさ・幼稚さには溜息がでる。

「当然そうなるであろう、とみんなが考えるとおりに物事が進む」と、国民相互の議論もなく「当然」とし、「みんな」とは常に「国民総意」である(異論はない)、ことなど人種や民族・宗教が入り組んだ国家が大半を占める国際社会では考えられないからだ。価値観など多様性の意義が唱えられる中、偏狭に逆行した画一性ではないのか?

----

「令和」は『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)を典拠とするそうだ。

この万葉集が著された古代律令期(7世紀〜8世紀)から江戸時代に至るまで、占術と呪術を以て災異を回避する方法を示し、天皇や公家の私的生活に影響を与え朝廷を精神世界から支配し続けてきた一族がいる。この時代の「元号」の改元は天皇が即位する場合以外に、天変地異、疫病の流行が発生しその災いを断ち切る為に、一人の天皇の下で何度も行われてきた(災異改元)。延喜元年(901年)以降この災異改元は恒例化し改元は極めて政治的意味を持つ(宮廷陰陽道化)。その影響力を朝廷で振るったのが安倍晴明(辿れば安倍晋三首相と繋がりがあると言われている)をはじめとする陰陽道を司る陰陽師である(拙稿『「藪の中」考』)。

彼ら陰陽師の使っていた、占術と呪術を以て災異を回避する方法の一つたる六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)は、カレンダーや手帳に記載があるように、今も日常生活で一定の影響力を保っている。「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されることが多い。ちなみに仏教と関係があると思いがちだが、仏教では占いを否定しており無関係だ。

古来から宮廷陰陽道化の手段であった元号と改元は、現代に於いて元号法によってその存在を定義されている。この法制化の運動の中心となったは日本会議だった。

“1977年(昭和52年)日本青年協議会(日青協)が元号法制化運動を本格化し、「地方から中央へ」を合言葉に地方議会議決運動を展開させた。この運動について、日青協の後見役であった村上正邦は後に「何も特別なことではない。左翼から学び、地方決議が目的達成の早道だと徹底したんだ」と述べている。日本会議では、1977年(昭和52年)9月にの元号法制化を求める地方議会決議運動が始まり、46都道府県、1,632市町村で議会決議を達成したとする。日本会議事務総長の椛島有三は、日青協の機関誌において「元号法制化に踏み切る時、私どもは「解釈改憲路線」の選択をしました。これまで占領憲法解体という、直接的な明文改憲しか考えてこなかった私どもにとっては大変な選択で、改憲運動の後退になるのではないかというジレンマがありました」と述懐している”(wikipediaより)

----

斯様に元号・改元は意味深である。その起源を辿れば占術・呪術であり、宮廷陰陽道化であり、その法制化には象徴天皇すら政治的に利用しようと「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知して戴く、そのために我々(=神政連関係議員)が頑張って来た(森喜朗首相・当時)」と言って憚らない日本会議が関わっている。元号を負わされる象徴天皇は現憲法を擁護するが、その元号を決める側(日本会議と同会議に所属する国会議員約260名・安倍晋三首相も含む)は改憲を目標と掲げる。
(拙稿『安倍晋三首相・座右の銘「至誠」が意味するもの』)

「夢と希望を持って新しい日本の国を切り開いていくんだ(安倍首相)」という意味が「令和」に込められているそうだが、外電では「令和=command/order & peace/harmony」と一義的に意味解釈が施されている。特に「令」をcommand/orderと解釈している辺り、その漢字の語源を知っているからだろう。すなわち、「令」という字は会意として「人がひざまずいて神意を聞く事を意味し」、そこから「命ずる・いいつける」を意味するようになった。


(漢字・緩和辞典-OK辞典より)

「神の国」が元号法制化の運動の中心であった日本会議であれば、「令」という字は会意として「人がひざまずいて神意を聞く事を意味し」と正しく説明すべきだろう。

いずれにせよ、万葉の歌人が「令月」で表わした「令=めでたさhappy/auspicious」は会意から派生していないが、これは「国書」を典拠としているとの言い訳なのだろう。私自身、そんな別意があるとは恥ずかしながら初めて知ったが、何とも後付っぽい。そこまでナショナリズムを強調したければいっそ平仮名にすべきであろうにと思う。漢字である限り、「令」については「命ずる・いいつける」という会意から離れることはできないだろう。だからか、上位下達・上から目線的意味が頭にこびりついていて、「令和」なる元号はどこか冷たく蒼白い不気味さを覚える。

とにかく「令和」と決まった。その元号に、法を縛り支配しようとする者たちの願いが込められていないか、一番心配しているのは、次の天皇ご自身かもしれない。きっと心の中では「法令和」と呟いていることだろう。人ではなく法に遵うことを願っているに違いない。

(おわり)

posted by ihagee at 17:57| 憲法

2019年02月11日

口を借りる、薄弱



日本は世界に冠たる災害大国である。地震・火山・台風・洪水等々。

安倍首相は1日夜(2018年11月1日)、東京都内で開かれた自衛隊記念日のレセプションであいさつし、災害救助活動や海外任務に取り組む自衛隊の存在意義を強調した。「国民の9割が自衛隊に良い印象を持っている。信頼は揺るがない」と述べた。

「国民の9割が自衛隊に良い印象を持っている。信頼は揺るがない」もその実は災害援助やインフラ復旧という「従たる任務」に対する国民の信頼である。海外派遣先における紛争地の住民の為に井戸を掘るなど人道上の任務もそうだろう。これら任務を否定する者はいない。

----

安倍首相は「国民の9割が自衛隊に良い印象を持っている。信頼は揺るがない」と言いながら、「子どもから『お父さん、憲法違反なの?』と言われ、悲しい思いをしている(昨年の自民総裁選での安倍総裁の演説)」と別の口で言う。その「お父さん」の任務が何かは知らないが、子どもが憲法上の疑問を呈すること自体が話として不自然。そんな開明な子どもがいたら、安倍首相はその子どもに憲法違反たることを説明させたら良い。

「憲法違反だから、災害援助に来るな!」という人を私は知らない。そう断った自治体もない。子どもの思いという極めて薄弱な根拠を持ち出し、信頼があっても現憲法下では「正当性がない」と言う。

「従たる任務」に対する国民の信頼において「正当性」など誰も問題にしていない。もし問題にするとすれば「軍隊」として活動することについての憲法上の正当性である。

----

「都道府県の6割以上が新規隊員募集への協力を拒否している悲しい実態」を持ち出した(2019年2月10日 / 自民党大会・総裁演説)「この状況を変えよう。違憲論争に終止符を打とう」と括る。

「憲法違反なので協力しないと言っている自治体を私は知らない」と石破茂元防衛相が反論。その通りで、「悲しい実態」は上述の子どもの「悲しい思い」と共に憲法改正の薄弱な根拠である。「悲しいか」否かは違憲論争と関係ない。

----

子どもの口を借りたり、自治体のありもしない実態を創作し、さも、自衛隊が国民から「正当性」を疑われ恥ずかしい存在であるかに印象操作する、その同じ口が「国民の9割が自衛隊に良い印象を持っている。信頼は揺るがない」と言う。「国民からの信頼」と「憲法上の正当性」は話の次元も脈絡も違う。

もし「正当性」を国民に問うのであれば、いかに困難であろうと緻密な説明を国民に対して行われればならない。自衛隊の主任務たる武力による有事対応・日米安全保障を担う為の「軍隊」としての位置付け・軍としての名誉と正当性の担保・軍隊を取り巻く政治体制や政治文化の革新の必要性(政軍関係の定義)・有事の際の緊急事態条項の必要性等々。どれ一つとっても、子どもの口を借りて済むような生半可な話ではない。軍隊と徴兵制が必要ならば正直にそう国民に言うべきである。誰のために何のために誰に対して、考えがあるなら忌憚なく言ってこそ責任政党だろう。

----

薄弱な根拠の上に印象操作を重ね有耶無耶と憲法改正を目指すのは国民に対する卑怯である。改憲の必要性を国民に訴えるのであればまずは安倍首相(総裁)自身の頭の中で論拠を整理し自らの口を以って国民との間の対話や議論を尽くさなければならない。子どもが言うから、自治体が断るから、とか、隣家の火事なるポンチ絵的な説明で済むと思っているのならそれこそ国民を見下すことでもある。



世界に冠たる災害大国である。現実の敵は中国でもISでもない。国民の生命財産を根こそぎ毀損する地震・台風・洪水、原発(人災)こそ現実の脅威であろう。その実を正しく汲むのであれば憲法に名のない<自衛隊>は<災害救助隊>と改名するが現実主義である。

現実の脅威よりも遥かに国民の生命財産を脅かすことがあるのなら、自民党は具体的に国民に訴えれば良いのである。仮想敵が中国ならばそう言えば良い。戦争が国際紛争解決の最終手段であると肯定するのならそう言えば良い。平和主義は欺瞞であると断定するのであればそう言えば良い。戦死者の遺言を破り捨てたければそうすれば良い(「憲法は戦死者の遺言(俳優 鈴木瑞穂氏)」)。沖縄は本土の防人だとしたければそう言えば良い(「沖縄の人々は本土の<防人>なのか?」)

素直に洗いざらいぶちまけなさい。我々もバカではない。しっかり考えさせてもらう。

だから、口を借りる、薄弱は止めるべきだ。

(おわり)


タグ:自衛隊
posted by ihagee at 12:47| 憲法

2018年08月15日

憲法は戦死者の遺言(俳優 鈴木瑞穂氏)



スクリーンショット 2018-08-16 2.22.23.png


<日本は戦力を放棄する。もう二度と戦争をしない、と書かれている。なぜこんなにやさしい言葉で、一人一人の人間に愛情を注げる憲法が生まれたのか。感動したというより、未知のものを見た驚きがありました。兵学校の2、3期上は戦地に赴き、無残に死んでいった。この憲法は、戦争で死んだ人たちの遺言に思えたのです>

8月14日の毎日新聞夕刊で、1927年生まれ(90歳)の俳優の鈴木瑞穂氏が「憲法は戦死者の遺言だ」と言っていた。鈴木氏は海軍兵学校で学ぶガチガチの軍国少年だった。しかし敗戦によって<大人の言うことは信用しない>とニヒルになり、「民主主義」を唱えるようになったという。そして、京大在学中に出あった新憲法の条文に衝撃を受ける。

----

満州国生まれの鈴木氏、私の亡き父と同じ満州生まれで3歳年下に当たる。父も「未知のものを見た驚き」と同じ思いを憲法発布日(1946年11月3日)に覚えたと日記に残していた(拙稿「憲法記念日・素晴らしい狂人」)。

「戦争で戦う」という憑き物が落ちて、「戦争に戦う」平和主義という全く知らなかった次元にどれだけ驚き感動したかは想像に難くない。

<戦争に戦うこと=戦争放棄>は、戦争で戦う(普通の国になる=キツネ憑きになる)よりも格段に難しいが、その使命を世界で唯一戦争の惨禍から学び自ら課してきたのは我が国であることを忘れてはならない。そんな日本は世界中のキツネに憑かれた「普通の国々」から羨望の的である。今の世界、どんなに望んでも決して得られない戦争放棄の憲法を千載一遇に得(幣原喜重郎からの発案であり、米国からの押し付けでないことは歴史上の事実として明白となっている=キツネ憑きの唱える「押し付け憲法」ゆえの「自主憲法」には論拠がない)、戦争に直接的に加担できない最高法規上の足枷は、同盟国である米国でさえその鍵を外すことはできないからである。(拙稿「キツネ憑きの話(「戦争に戦う」が「戦争で戦う」になる)」)

その千載一遇に得た奇貨ともいえる<戦争に戦うこと=戦争放棄>は鈴木氏の言う通りその戦争で死んでいった人たちの遺言である。遺言を受け継ぐこともせず、再び<戦争で戦う>という憑き物に憑かれてしまおうというのが安倍政権・自民党の主張である。過去の自民党・自民党政権が誇っていた話し合いを基調とする善隣友好平和外交を行うだけの胆力も知力も、今の彼らは持ち合わせない(世襲議員による政治力の劣化)からこそ、ダンビラをちらつかせた方が楽だとなる。要するに、地道に外交努力するのも面倒だから武装してしまえ、と己の非力を糊塗せんと極めて短絡的に端折って挙句には「みっともない憲法(安倍総理)」などと言い出す。みっともないのは憲法ではなく、そんな言葉を吐く政治家自身であろう。

戦争の時代を生き抜いた人々が少なくなるのを見計らって、この遺言たる平和主義を「みっともない」と蔑みながらビリビリと破り捨ててケラケラと笑う連中なのだ。遺言を託して死んでいった人々を侮蔑するに等しい。そして靖国詣・玉串を捧げる。そこで政治的に祀り上げられている死者(軍神)の口を借りて<戦争で戦う>ことこそ先人の遺言とする。キツネ憑きの総大社に「どうか国民が皆憑かれますように」と詣でることである。憲法を護り遵守することを「憲法教という新興宗教(稲田朋美議員)」とあざ笑う彼らこそ、靖国に頭を下げる「狂信カルト集団」と言うべき存在である。日本会議の標榜する「神の国」などは立憲主義さえ否定する。憲法・立憲主義を足蹴にしても何ら咎められない政権。彼らこそ真性のキツネ憑きだ。卑怯・姑息で、嘘を平気で吐く。騙し・脅し・隠し・偽るが当たり前のあの戦争の時代の為政者たちの合わせ鏡だ。見る人が見ればすぐに正体を見破ることができる。戦争の時代を生き抜いた人なら尚更だろう。その人々が消えて、正体を見破れなくなったのかもしれない。日本人・日本国の誇りばかりを喧伝され、他国民を虐げ血で血を洗った歴史を知らない人々からすれば、安倍政権ほど勇ましく頼もしい存在はないのだろう。ネットやマスコミを総動員し万歳と言わせるイメージ操作に安倍政権は非常に長けている。が、騙されてはならない。

父が生きていたらどんなに憤ったことだろう。否、生前、父を含め戦争の時代を生きた世代は再び登り始めた戦争への道をすでに敏感に嗅ぎ取っていた(拙稿「私たちはどこまで階段を登っていますか?」)。

----

『日本と米国は価値観が違う。平和憲法を持ち、戦争をしない国と、絶えず戦争をする国の価値観が同じはずがない。』『戦争は兵隊の目で見る。将校ではない。政治は国民の目で見る。この信条はすべて戦争体験に根ざしているんだね。』『効率を最高価値にすれば、強い者は必ず勝ち、弱い者は負ける。強者はもっと自由を求め、弱い者は平等を求める。この亀裂は再チャレンジのような言葉ではいやされない。社会に亀裂ができるだろう。』『終戦から9ヶ月後、復員する船中で、新憲法の草案を新聞で読んだ。仲間と抱き合って泣いた。「二度と戦争をしないことを宣言した世界で唯一の憲法だ。」』(拙稿「戦中派財界人 品川正治氏の苦言(2007年)」)

戦争の時代を生き抜いた日本経団連の元専務理事 品川正治氏(故人)のこれらの言葉は重い。品川氏は戦闘部隊の二等兵として中国に出征し常に手投げ弾12発を身につけ、激戦にのぞみ右ひざには砲弾の破片が埋まったまま復員した。

今の政治は国民の目ではないのだろう。米国と価値観を共にすると無定見に言い放つ安倍総理。違うものは違うと言うことすらできない。辺野古の基地問題然り。米国の代理人に成り下がって沖縄をいじめ抜く。そして杉田議員のように「生産性」なる効率で弱者を痛ぶり、その通り、憲法にすら縛られないと、安倍政権は強者の自由を謳歌している。

自民党総裁選での争点は憲法第9条の改正とある(安倍総裁)。対立候補の石破茂氏の持論は徴兵制も視野に入れた自主憲法制定だろう。どちらもキツネ憑きの背比べである。どの道も件の遺言を破り捨てることだ。国民の目でないキツネの目を持った彼らに我々は睨み憑かれて、月のない夜道にまどわされ、油揚げを求めて歩いた先は気がつけば戦場の只中、兵隊の目で戦争を肯定するようになるだろう。恐ろしいことだ。

歴史に学ばず、同じ轍をあえて踏もうとする政権に敗戦(終戦)の日すら存在しないのだろう。敗戦(終戦)の日を心に刻みつけ、二度と戦争はしないと、千鳥ヶ淵で戦没者に頭を垂れ深く反省する天皇皇后陛下、片や、軍神を祀る靖国に詣で玉串を捧げ「(戦争遂行を最終目的とする)尽忠報国ノ赤誠ニ徹シ」と誓う政治家ども。

(おわり)

posted by ihagee at 12:36| 憲法