2019年04月24日

原発からは温かい大河が流れている



2010/03/26、福島で原発事故が発生する一年前の記事。優れた洞察ゆえ一読をお薦めしたい。小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教:当時)が筆者。
原発温廃水が海を壊す 原発からは温かい大河が流れている」((C)イミダス・集英社)




----

たとえ事故を起こさなくとも、原子力発電の環境負荷は計り知れないものがあるということだ。『日本には、1秒間に70tの流量を超える川は30筋もない。原子力発電所を作るということは、その敷地に忽然として「温かい大河」を出現させることになる。』(記事から引用)

既存原発再稼働とは、その30筋もない川に50筋余の温かい大河が人工的に加えられること。「温められた海水からは、溶け込んでいた二酸化炭素(CO2)が大量に放出される。もし、二酸化炭素が地球温暖化の原因だとするなら、その効果も無視できない。」(引用)

地球温暖化解決の鍵は原子力発電なのだろうか?否、温暖化の原因を作っているのが原子力発電所ではないのか?「CO2を排出しない_CO2排出抑制効果が大きい」(電気事業連合会)と存在理由を喧伝する原子力発電であるが、その発電所からは「温かい大河」が流れ出て「温められた海水からは、溶け込んでいた二酸化炭素(CO2)が大量に放出される。」

----

経団連は8日、電力システムの再構築に向けた提言を正式に発表した。日本は電源の8割を二酸化炭素(CO2)を排出する火力発電に頼り、国際的に見ると電気料金も高い。温暖化ガスを削減する政府目標の達成に向け、再生可能エネルギーを伸ばすための送電網の整備や、原子力発電所の再稼働を提言の柱に据えた。中西宏明会長は同日記者会見し「日本は資源を持たない。このままでは電力の安定供給を保障できなくなる」と述べた。エネルギー政策の先行きが読みにくい現状を改め、「電力事業に投資できる環境をつくるべきだ」とも訴えた。(日本経済新聞電子版 2019/4/8 記事引用)

----

「温暖化ガスを削減」が削減どころかその発生要因であれば、「電気料金」云々が「今だけ・自分だけ良ければ」と廃炉まで含めた原発にかかる天文学的費用の将来世代への付け回しであれば、「(エネルギー)資源を持たない」が環境系を破壊してまでの調達であれば、「電力の安定供給」が「熱、化学物質、放射能の三位一体の毒物」の安定供給であれば、それでも原子力発電が正しいとすることは、社会倫理に問うべきことかもしれない。人倫に悖ることかもしれないと我々は胸に手を当てて考えるべき時に来ている。

経済活動と引き換えのリスク=「公害」が当たり前であった半世紀前の経済感に捕らわれたままの原子力発電。そのオワコンな原子力発電をベースロードとするこの国のエネルギー政策。再生可能エネルギー・原発廃炉技術のデファクトをドイツに譲り、はるか昔の高度経済成長時代(高代謝社会)のレガシーの殻に閉じこもる。このままでは世界から取り残されるガラパゴスの島となる。ゴミ屋敷にゴミが何気に投げ込まれると同じく、原発(そしてその事故)に極めて寛容なこの国に、世界中から核廃棄物が投げ込まれることになるだろう。原発事故すら風評被害と過小化し(「実害」という言葉は死語である)、剰え除染で発生した高汚染土を公共事業で利用しようとし、さらに事故原発で処理済みとされた福島原発放射性廃液(約3400兆ベクレルのトリチウムと他の核種も残存する)を計画的に海洋に投棄しようとする国であれば(「トリチウムを含む福島原発放射性廃液の海洋投棄に反対する決議」参照 )、世界中に溜まった放射性廃棄物の格好の捨て場になるのは必至であろう(拙稿『「リニア中央新幹線」が「オンカロ」になる日』『中村敦夫氏「原発はやってはいけない」』『100,000年後の安全』)。「日本製食品の安全」をWTOから否定されても「安全」に決まっていると「食べて(原子力発電を)応援」する国民性。ゴミ捨て場と化しても原発がこの上なく好きでならない国=日本国としか国際社会では映らない。

ピカドン・レベル7でも懲りない国民性とは一体何なのか?


(おわり)

posted by ihagee at 02:59| 原発

2019年02月14日

いつまでも「うそつきロボット」で良いのだろうか?



東京五輪でメダルが期待されている水泳選手の池江璃花子さん(18歳)が白血病と診断された。完治を心から祈るばかりである。

----



----

「最後に、大変深刻なのは、今、福島から出ている放射性物質、これは微粒子として浮遊してます。残念ながら。そういうものと、農薬も含めた化学物質が人間の身体に入った場合、相乗的に発ガンするって事が動物実験で分かってます。こういう多重複合汚染の社会になって来て、恐らく2人に1人がガンになるっていわれてますけども、多分20〜30年経ったら3人のうち2人はガンになります。僕はとっくに死んでますから、若い議員さんは是非確かめてください。この場で西尾が嘘を言ったかどうか確かめて欲しい。本当にガンがどんどん増える社会になります。」(2016年12月2日、北海道がんセンター名誉院長の西尾正道氏・参議院のTPP特別委員会での意見陳述)

原発事故なる国家の宿痾(治らない病)を正しく診立て、放射線防護に真剣に取り組もうとしない政治を糾す西尾氏の言葉は重い。上掲の「原発行政を絡めて話すことは、全く不謹慎だとは思いません。」はその意味で全く正しい。原発事故との因果関係を考えることを「不謹慎」とする者こそ、事故の重大さに対して「不謹慎」な「うそつきロボット」である。

原発事故が招来した(し続けている)内部被曝という「国家の宿痾(治らない病)」を直視すれば、食品を含めた放射線防護こそ喫緊の課題・国をあげて努めるべきなのに、「アンダーコントロール」と被曝を看過し気のせいだとか風評とか誤魔化し、あまつさえ、日の丸を振って防護なき前線に国民を立たせガンと闘えと安倍政権。

----

「1人リードする選手がいると、全体が盛り上がる。そういった盛り上がりが下火にならないか若干心配している」(桜田五輪相)

「人間の尊厳保持」に重きを置くことをその憲章に定めるオリンピック。しかし「人間の尊厳保持」とはオリンピックとは関係なく人としてそもそも資することである。「全体」とか「盛り上がり」とか「下火」とか、そういう物言いは、「人間の尊厳保持」が人ではなく国に資することを意味している。国家の威信の下での人の存在を前提としているからこそ、そういう発言になる。

「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして、私より先に逝っちゃうなんて、いやだから、とにかく長生きしてほしいです。生きてさえいれば、私は……。生きてください。私が死ぬ前に死んでほしくない。私だって80歳なんだから」(池江さんの祖母)

この言葉から、「人間の尊厳保持」とは人としてそもそも資することであることが伝わってくる。

----

原発行政を絡めて話すことが不謹慎となるなら、「人間の尊厳保持」が人ではなく国に資することを意味している。桜田氏の発言となんら変わらない思考をしていることになる。国家の威信の前に、一人のガン患者ばかりでなく、数万人単位の人々への嘘がその先数千人単位の被曝による死をそうと悟られずに黙認されていく。西尾氏のように正直にモノを言う人々が嘘をつき続ける人々によって「風評被害を広めた・不謹慎である」と叩き壊される。

嘘で誤魔化せない・笑うに笑えない程の過酷な現実しか、原子力発電所の事故は示していない。それが「核=原子力」の正体である。人間の気持ちなど寸分も斟酌することなく放射性物質は勝手に挙動し数万年の半減期という人類の時間のスケールを超えて汚染は続く。「心のケア」とか「風評」とか人間の側の心の持ちようでどうにかなる相手でもない。ましてや「アンダーコントロール」などと政治家の口先一つで終わったかのように誤魔化すことなどできない。

安倍首相とともに、我々はいつまでも「うそつきロボット」のままで良いのだろうか?


参考:「みんなのデータサイト

(拙稿『いつまでも「うそつきロボット」で良いのか(原発事故なる国家の宿痾(治らない病))』『いつまでも「うそつきロボット」で良いのか(原発事故なる国家の宿痾(治らない病)続き)』)

(おわり)


posted by ihagee at 00:00| 原発

2019年02月07日

注視:東京電力福島第一原子力発電所



ネット上の情報のみ。
今年に入ってから事故原発の様子が変とのこと。



(大沼安史 (@BOOgandhi) )


(2019年1月16日)



(2019年1月30日)

写真出典:Cafe Rad Lab


(2019年1月30日の空間線量)

写真出典:ただ今の空間線量 ホワイトフード


(藤原直哉 (@naoyafujiwara))

----

重機の排ガスかもしれないが・・。空間放射線量が増加していた(2019年1月30日)。
原発事故は終わっていない。忘れずに常にウォッチしていたい。



(おわり)


タグ:フクイチ
posted by ihagee at 18:46| 原発