2021年07月30日

オリンピック、そして日本社会を蝕む商品化権ビジネス



三木義一・青山学院大前学長(東京新聞「本音のコラム」でも活躍中)主催の「庶民大学TV Japan(YouTube)」の「オリンピックとライセンス(法令編)」及び「オリンピックグッズと商品化権ビジネス」と題する動画の紹介に続き、その続編となる動画「オリンピック、そして日本社会を蝕む商品化権ビジネス」を以下掲載したい。

「IOCファミリーによるオリンピック商標の違法ライセンス問題を考える」を著した弁理士 柴大介氏がゲストとして参加し、オリンピックと「商品化権ビジネス」について同書籍で取り上げている諸問題を商標法の観点から三木氏相手にとてもわかりやすく解説している。



----





(おわり)

追記(以下私見):
「オリンピック、そして日本社会を蝕む商品化権ビジネス」動画の最後で三木、柴両氏が語っているように、一部の者の私益のために、法を侵したり解釈を変更し、道理に合わない理屈を述べ立てること(牽強付会)が平然と行われ(政治)、そのことについて諦めに近い「思考停止」をしてしまった我々の社会の有様は、オリンピック関連商標の違法ライセンス問題(「商品化権ビジネス」としてあたかも法に則っているかに偽装)からあらためて浮かび上がっている。電通の考案した「商品化権」という契約当事者の間でしか通用しない一種の符丁が契約の依拠すべき「商標権」およびその制度を骨抜きにし剰え破壊していく有様である。
----
これは商標権・商標制度に限ったことではない。日本学術会議が新会員に推薦した6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題にあるように、学問の自由と自律(「個人が国家から介入を受けずに学問ができること」と「公私を問わず研究職や学術機関が、政治的な介入を受けず自律すること」)を保障する憲法23条および歴史的法解釈までも、その憲法に縛られるべき首相が平然と干渉し、この国の先人たち(昨日惜しくも亡くなられた益川敏英氏など)が築き上げてきた思想的営為共々、徹底して否定にかかっている。
----
「政権や政策の正統性」を法に求めず、むしろ邪魔になる法は憲法といえども「縛られない」と蔑み、一切の議論を排する全体主義を全国津々浦々に広めれば広めるほどに政治的不純(嘘)が付き纏う。嘘と思考停止・無責任に日本社会全体が陥る結果になっている。
----
テレビをつけても、論理だった議論も丁々発止と議論すべき場面もない。朝から晩までバラエティ(エンタメ)一色、出てくる顔ぶれはどれもこれも背景知識も社会的責任もないお笑い芸人・タレントばかり。何事も茶化して笑っていれば済む事なかれ主義に一緒に笑って巻かれていくか、絶望して諦めるか、いずれにせよ深く考えることが馬鹿らしくなる世の中になっている。しかめ面をして感染者数を伝えたその際から顔を紅潮させてメダルを幾つ取ったと叫ぶNHKを含めテレビ局のアナウンサー達をTVでみるたびに、スイッチ一つでパラレルワールドを行き来するゲームの世界に連れ込まれるような気味の悪さがある。現実社会は一つでしかないのに、彼此を考え合わせることをやめてしまって、彼れは彼れ此れは此れと何の疑問もなく片付ける。その先に“一人暮らしは自宅を病床に”(小池都知事)と、個人を此岸に見捨てても構わないとする社会が到来する。
----
正義や道義に悖る大人たちは子供たちにたとえ理想なりとも「正義」を示すことすらできない。ひと昔前なら十指に余るほど挙げることのできた「正義の味方」なるヒーロー像は、今の子供たちには一つとして思い浮かばないだろう(子供たちがはしゃぐのはゲームやコマーシャリズムの世界のキャラばかりである)。むしろ「生き馬の目を抜く」ことを良しとすることを大人は子供たちに率先垂範し、その最たるものがオリンピック(2020東京大会)ではなかろうか。

関連記事:
「商品化権」ですから・・!?
理念なき狂騒(三方一両損の方策)
違法ライセンス問題こそ「アルマゲドン」
オリンピックとライセンス(法令編)

posted by ihagee at 06:59| 東京オリンピック

2021年07月24日

理念なき狂騒(続き)



2021東京オリンピック開会式が新国立競技場で挙行された(2021年7月23日)。セレモニー全体について感想はない。感想、すなわち、まとまりのある感じや考えさえなかったと言うのが正しい。

----

ひたすら共感を他者に求めるものの、その内向きで独りよがりな自己満足に溺れる演出は観ていてとても痛かった。何かを衒ったところで受け狙いのキャッチーを繋ぎ合わせただけだからやたら上滑りする、かと言って無用に共感や理解を求めない尖ったシュールさもなく、楽屋落(仲間受け)や外連味(コラボ)ばかり示し合わせたあたかもB級グルメのオンバレード。ジャズと歌舞伎、タップダンスと大工、ボレロと点火式等々、コラボ芸はどれもが既視感でしかない(ボレロの高揚感などはベジャールの創作でとっくの昔に賞味期限が切れている)。

式典責任者の日置貴之氏は「多様性を認め合う『ダイバーシティー&インクルージョン』、スポーツが持つ本質的な価値。そこに重点を置いた」と言うが、一々ナレーションなり説明がなければ意味することが相手にとってわからない演出自体がヤマト民族に根ざすムラ意識(『シミラリティ&エクスクルージョン』)を表している。

国名や地域をあたかもセリフのように漫画の吹き出し(入場行進のプラカード)に入れたことも如何なものか?国家の領域と境界線はモノローグ(自称)に過ぎないというイロニーであればまだしも、コミケ風・テヘペロ風に面白がってそのような体裁にしたに違いない。国家にとって国境の重要性を理解すれば到底その国名や地域名を軽々にサブカルチャーの流儀で囲うことはできない。

日本人だけが知る(Who the hell is this guy?)レジェンドも今は老いさらばえた浦島太郎にしか見えないミスターまで担ぎ出し、ナオミに日本人としての血を敢えて求めるかに締めをさせる演出は、過去の栄光やら他人の成功に乗っかるしかない、今を生きる日本社会のさもしさや衰退ぶりを表しているようで悲しかった。

----

国際社会の多様な価値観にあっても、国家や民族・宗教を超えて人間として共通する普遍的なテーマを掲げることこそが、オリンピックの理念に相応しい。それは「より速く、より高く、より強く」に尽き、それだけでドラマとなり得、その他小賢しい演出や仕掛けは本来一切不要であろう。

1964年東京大会の真っ青な高い空の下、意気揚々と胸を張り、何の演出もなく堂々行進する姿は半世紀経てその記録映像を観ても胸に迫るものがある。



NBCおよびIOCの放映権の一つのショービジネス・コンテンツに成り果てた開会式セレモニーに半世紀後の感動は期待するまでもなく、"オリンピック命" と言うしかない(理念なき狂騒に走った)日本の落日を歴史に残すことになろう。

(おわり)

posted by ihagee at 08:35| 東京オリンピック

2021年07月09日

オリンピックとライセンス(法令編)



三木義一・青山学院大前学長(東京新聞「本音のコラム」でも活躍中)主催の「庶民大学TV Japan(YouTube)」の「オリンピックとライセンス(法令編)」及び「オリンピックグッズと商品化権ビジネス」と題する以下の動画を紹介したい。「IOCファミリーによるオリンピック商標の違法ライセンス問題を考える」を著した弁理士 柴大介氏がゲストとして参加し同書籍で取り上げている諸問題を商標法の観点から三木氏相手にとてもわかりやすく解説している。





----





(おわり)

追記(以下私見):
すでに紹介した「オリンピックライセンス基礎の基礎編」の続きとなる上掲の動画では、オリンピックファミリー(IOCファミリー)によるライセンス契約およびライセンス活動は商標法に照らして違法であり、オリンピックグッズの製造・販売も実定法に基づかない「商品化権」なる脱法的概念に基づいていることなどが詳らかにされている。
----
奇しくも四度目の緊急事態宣言発令に伴い都下のオリンピック競技に関し無観客開催が決定した。「○○のため」という「復興五輪」に始まる数々の大義はことごとく吹き飛び、とどのつまり「オリンピックファミリーの利権と菅政権のメンツのため」形ばかりの開催に拘ったことになった。
----
都民・国民の多額の税金を充てその事業収益についても非課税等特恵を与えるなどして「○○のため」などと喧伝したオリンピックの公益性は今や「誰のため?」と本来最大の受益者であるべきその都民・国民から問われている。「オリンピックファミリーの利権と菅政権のメンツのため」に結果として税金が使われ、さらに公衆衛生上のリスクを負わされることに少なからぬ都民・国民は憤りを覚えている。ほんの一握りの人々以外、百害あって一利なしだ。
----
安倍政権に始まり菅政権に引き継がれたトモダチ身内主義はその都合のためであれば法令を無視し法律を捻じ曲げ手前勝手に解釈しこの国のコンプライアンスを根底から破壊した。オリンピック商標の違法ライセンス問題はその一角であるが、商取引上の信用を化体する商標(特に、非営利公益著名商標)および制度の破壊はコロナと比較にならない程、将来に亘って重大な禍根を残すと心すべきだろう。
----
商標制度が保護する私益(=権利者・ライセンシーにとって)と公益(=需要者にとって)のうちの公益を蔑ろにすることは「今だけ・カネだけ・自分だけ」の新自由主義に迎合するばかりか、歴史修正主義と同様にそれら両面を持った法秩序の歴史的継続性を何らの脈絡もなく断ち切ることでもある。表向き非営利公益目的事業を標榜するオリンピックに於いて、その公益著名であるオリンピック関連商標を用いた私益優先のライセンス活動がそのことを物語っている。
スクリーンショット 2021-07-09 7.42.51.png

(出典:TOKYO 2020 OFFICIAL ONLINE SHOP
----
「歴史認識などで一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対している」(安倍前総理)。歴史を得手勝手に修正し憲法までも有象無象に扱うこの人物に言われたくない。だからこそ、大半の国民は開催に反対するのである。

関連記事:「商品化権」ですから・・!?
posted by ihagee at 05:26| 東京オリンピック