2017年04月21日

「チェキ」の横恋慕





富士フィルムの「写るんです」が誕生して30周年を迎えたのは去年だった。フィルム毎にカメラが付いているという逆転の発想は今なお斬新であるとともに現役のフィルムカメラとして地味ながら根強い人気がある。デジカメやスマホなどデジタル端末の画像データの扱いに四苦八苦するお年寄りには、写してカメラ毎プリントに出せるシステムは大変重宝なのだろう。そしてネガフィルムという現物(オリジナル)が手元にあるという安心感は代えがたいそうだ。それは、祖父の代のフィルムから今もプリントができるというモノとしての確実さが証明している。2011年の東北地方太平洋沖地震でも津波に流され塩水に浸かったネガやプリントといった現物から家族の思い出が復元されている(「富士フィルムの写真救済プロジェクト」)。



それとは対照的に被災したパソコンやデジタル端末から画像をレスキューすることは難しかったようだ。このことからも、経年や災害・事故にアナログ媒体は強いと実感する。メモリー上のモノに非ざる電気にはこの強さがない。

----

「写るんです」と同じくニッチな人気があるフィルムカメラに富士フィルムの「チェキ」がある。フィルムを使うトイカメラのブームや、スマートフォンで撮った写真を加工してシェアできるSNS「Instagram」の登場と時期的に重なったこともあって、インスタント写真システムならではのキッチュさはカラフルな筐体共々若者に受けているようだ。ポラロイドがこの分野から消えインスタント写真は今や富士フィルムの独壇場である。「チェキの販売台数、ついにデジカメを逆転へアジアや欧米で人気が拡大・300万台の販売計画」と伝えられて久しい。



その「チェキ」用のインスタントフィルムを使ったモバイルプリンターが「スマホdeチェキ」で、スマホのデジタル写真をワイヤレスでプリンターに送信し、インスタントフィルム上に有機EL(発光ダイオード)で露光し同時にプリントアウト(現像)という仕組みだ。



フィルム自体は現像液をセットしたアナログフィルムだが、「チェキ」ではレンズからの外光をフィルム面に当てて現像する(アナログ・プリント)のに対して、「スマホdeチェキ」は最初からデジタルデータの色情報を3色(RGB)の点に置き換え有機ELで露光するので外光を使わないデジタル・プリントということになる。

----

「写るんです」は、カメラ店に頼んでプリントをする段ではネガフィルムの情報をデジタルデータ化した上でのデジタル・プリントとなるので、ネガに光を当てて印画紙に露光する昔ながらの銀塩写真プリント(アナログ・プリント)ではない。引伸ばし機を使って自家焼きするマニアを除けば、アナログ・プリントと言えるのは今や「チェキ」だけとなっている。レンズを通しての自然光が情報の全てだから、失敗もするし(二重露光を除いて)撮り直しもできないが、ときに思いも寄らない写真ができたりもする。その不確実さが創造性を掻き立てるアナログ的魅力となって「チェキ」は若者の感性に応えているようだ。世界でたった一枚というオリジナリティは、オリジナルとは何なのかわからなくなりつつあるデジタル写真とは反対の方向性だろう。

著作権の観点からはこんな指摘もある
「従来は写真家がフィルムさえ確保しておけば、作品が無断で利用される事態をある程度予防することができた。しかし、写真がデジタル化された場合、データさえあれば写真はいくらでも複製・加工でき、無断利用も容易になってしまう。しかも、委託する側がデジタル化を希望するのは、上述のとおり、複製・加工が簡便だからからである。その背景には写真を一つの作品としてではなく、単なる素材として捉える考えがある。容易さに加えて、そのようなメンタリティーからも、委託する側は無断利用に陥りやすいのである。(中略)デジタル先進国のアメリカでも、デジタル技術で制作された映画をアセットとして管理する際には、あえてフィルムを使用するアナログ方式が採られている。これは、フィルムの褐色や損傷がデジタル技術で容易に復元できることもあって、安全性に問題のあるデジタル方式を避けた結果といわれている。写真についても、委託者が保管・管理を希望する場合にはアナログ方式(フィルム)を選択し、デジタル情報は廃棄するか、回収して写真家が自ら管理することが望ましい。」(「デジタル時代―浮き彫りになる写真著作権問題」(桑野雄一郎 弁護士)から抜粋)

デジタル写真の利便性が却って災いして著作権上問題となる場面が多いが、現物主義のアナログ写真では予防可能という不可思議さは、拙稿「紙は最強なり」で述べた通りだ。

----

さて、その「チェキ」にハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」なる新商品が加わった(実勢価格3万円程度)。

300

このSQ10は従来からある「スマホdeチェキ」のプリンターにデジタルカメラ(デジタルイメージセンサー)を載せたもので実質はプリンター付デジタルカメラだが、インスタントフィルムを用いる点が富士フィルムに言わせると「ハイブリッド」であり、他者製品との差別化らしい。しかし、露光は「スマホdeチェキ」と同じく外光を直接使わないデジタル・プリントなので従来の「チェキ」のアナログ的魅力であったアナログ・プリント部分は無くなってしまっている。LCDモニター、メモリーや編集機能があることから、最初からイメージング可能で何枚も同じ写真がプリントアウトできる点、インスタントフィルムを用いる以外は組み合わせの上での目新しさはないと思う。



SQ10専用のインスタントフィルムはスクエアフォーマットフィルム「instax SQUARE Film」でその名前の通り、62mm×62mmのプリント画面サイズの「ましかくプリント」という点が唯一の目新しさかもしれない(参照:拙稿「ましかくプリント」)。なお、SQ10に採用されているイメージセンサー(撮影素子)は主に携帯電話やスマートフォンに使われるセンサーと同じ1/4型(4.00mm×3.00mm(12.00平方mm))のCMOSのようだ。富士フィルムの最高級・中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX50S」に搭載されているような中判サイズ43.8×32.9mm(有効画素数5140万画素)の大型CMOSセンサーではない。従って、クオリティー的にはSNS「Instagram」に応じたレベルで価格相当の妥協をしている。

若者には斬新に受け止められているスクエアフォーマットも、アナログ・120フィルム(有効画面サイズ56mm×56mm)ではすでに百年余の歴史がある。フィルムの粒子を単純にデジタル画素数に換算するのは条件が違い過ぎて難しいが、デジタルフィルムスキャナー(商用ドラムスキャナー)で120フィルムをスキャンする際に経験的に要求される画素数が5000万画素以上と知られている(スキャナーのスペックが許すのであれば1億画素とも言われている)ようなので、最新の大型CMOSセンサーで扱う以上のリアルな情報をすでに百年以上前に先人たちはフィルムという技術で得ていたことになる。基板上に配列した受光素子(フォトダイオード)よりも、所望感度に応じてフィルムに積層し得る銀粒子であれば当然といえば当然の話だろう。

rolleiflex-sl66-with-ttl-meter-finder--filmed-by-carl-zeiss-s-planar-156-f120mm--kodak-tri-x-400-partly-transfer-processed--tokyo-bayside-park-tsubasa-koen-near-haneda-airport-may-6-2016_26953442906_o.jpg
(120フィルム作例:Rolleiflex SL66 with TTL meter finder / filmed by Carl Zeiss S-Planar 1:5.6 f=120mm,
Kodak TRI-X 400)

----

実物を手にせず感想を述べるのは良くないのかもしれないが、アナログ的魅力がSQ10から一掃されて何が魅力として残るのか気になるところである。

----

アナログフィルムがアナログたる所以は「現像」にあるが、その「現像」を誰もが気軽に楽しめるようになればアナログ的魅力を更に開拓できるかもしれない。潜像が顕像となるプロセスの体験は新鮮である上、増感・減感などの次第で結果が大きく変わるという趣味性はマニアを除けば未だ知られていないと言える。従来、「現像」のプロセスはそれなりに大がかりで素人が始めるに当たって敷居が高かったが、フィルムを使うトイカメラのブームは「現像」にまでその関心が及び、トイ的解決方法を最近以下の商品が示して話題となっている。

LAB-BOXなるワンボックスの現像システムがそれである。



昼光の下、フィルムの引き出しから現像までの一連の処理が一つの箱の中で行える画期的な商品だそうだ。



35mmパトローネフィルムと120mmフィルム(モノクローム・カラーのいずれも可)に対応している。今流行のクラウドファンディングでの企画で残念ながら今年の3月末で一旦ファンディングの受付は終了した。当初の目標額を大幅に超える資金が集まったようなので、いずれ一般に商品化されて買えるようになるかもしれない。

ついでにアナログ・プリントにも同様にトイ的解決を期待したいところだ。その暁にはデジタルへの横恋慕は不要となることだろう。

(おわり)

posted by ihagee at 19:33| エッセイ

2017年03月30日

「跋渉(ばっしょう)の労を厭ふなかれ」



大阪市営地下鉄の民営化が決まったそうだ。



同地下鉄は1933年に開業し(梅田-天王寺間)、公営地下鉄としては日本最古。すでに民営化している東京メトロ銀座線(浅草-上野間)が我が国の地下鉄道では最古(1927年開業)となる。



これら最古の地下鉄建設工事にあたって、技術面で先駆的役割を果たした人物が実質的に「(日本の)地下鉄の父」なのだろう。

早川徳次が「(日本の)地下鉄の父」と紹介されることが多いが、彼は実業家であって技術屋ではないので上述の意味での「父」ではない。さりとて「(日本の)土木工学の父」である古市公威がその人かと言えば、学者であっても現場技師ではないのでこれも違う。

----

かの西式健康法(西医学)を確立した西勝造が「その人」である(拙稿「一枚の舌と二個の耳」)。

わが国における「(実践的)健康法の父」が、それ以前に「地下鉄の父」と呼ばれる存在であることを知る人は少ないだろう。

西式健康法を編み出す前、西勝造は土木技師であった。工学の研究のため大正時代にコロンビア大学に留学し、土木技術だけでなく欧米の都市交通についても見聞見識を深め、帰朝後は東京市技師として地下鉄道工事の現場で当時として最新の工法を紹介し、また自らも工法を編み出しては現場に適用したまさに地下鉄道工事の技術的先駆者であった。

彼の横に掘る(トンネル)技術は地下鉄道工事に遺憾なく発揮されたばかりでなく、建築物の基礎工事(建築物の重量を地中の支持層に伝達する役目を担う杭を地中深く施工する杭工)で縦に深く掘られる穴にも応用され、ウェスト(西)ウエルと呼ばれる深礎工法が完成した。鋼製波板とリング枠で土留めを行いながらコンクリートを打設し杭を形成するこの工法は今も受け継がれている。

「深礎工法の父」は木田保造ということになっているが(木田が「深礎工法」を発案したということになっているが)、この木田にトンネル技術を応用することを示唆したのが西勝造なので、本当の「父」は西なのかもしれない。

----

西が土木技師として大成していく過程に、山本唯三郎がいたことも興味深い。西は山本が支配人をする松昌洋行の技師でもあった(福岡三池炭鉱・第三坑長)。この山本は朝鮮大陸でアムール虎を狩りその肉を渋沢栄一など財界の大物たちに食わせた破天荒さで「虎大尽」と世間で呼ばれた一大奇矯人であった。



しかし、第一次世界大戦後の大恐慌であっという間に財を失い松昌洋行が傾いたことが、福岡の鉱山技師から東京市の地下鉄道技師に転身させる結果となったのだから、西にとっては災い転じて福を与えた恩人なのかもしれない。

技師としての構造力学的視点を土塊から人間の生身の身体に移すという西の気宇の大きさは、虎さえも調理して喰らってしまうような山本から多少なりとも影響を受けたのかそれはわからないが、山本と同じく気宇壮大な人であった合気道の創始者植芝盛平とも西は親交があったそうだから明治人同士相通じる気性なのだろう。



その植芝翁の合気道を健康法の一部に取り入れたともされるが、「病気には健康法で対処できるが、暴力には健康法だけでは足りない」と、西は彼らから虎を狩ったり暴漢を駆逐するような力技は学ばなかったようである。

----

私の父方の曾祖父は医者も匙を投げ危篤状態の実娘を触手療法で見事に治した西勝造に感銘し、同氏の経済的なパトロンとなり西銘会の会長を務めた程の篤い信奉者であった。

西勝造.jpeg

西式健康法を生涯実践した甲斐があったのか白寿近くまで長生し、生まれたばかりの私を膝に抱くその姿が写真に残っている。

スキャン 27.jpeg

----

「跋渉(ばっしょう)の労を厭ふなかれ」とは植物学者 牧野富太郎のことば(「赭鞭一撻」より)だが、土木から人類の健康へと跋渉の労を厭わず、それぞれにおいて後世に名を残す一大事業を成し遂げた西はやはり「天才」なのだろう。



「跋渉の労を厭わず」の一つが地下鉄道工事となり、別の一つが西式健康法となって成果した。

西式健康法で思い出したが、私の母方の曾祖父は晩年<中村霊道>という精神的医術を信奉していた。この医術の創始者である中村春吉はわが国の冒険家の先駆(「自転車による世界一周無銭旅行(明治35年)」)として知られ、インドでは「食料を失って餓死寸前のところ、襲ってきたクロヒョウを撲殺しその肉で飢えをしのいだ」などと「五賃征伐将軍」という異名を持っていた快男児である。



この精神的医術は廃れてしまったが、中村もある意味において「跋渉の労を厭わず」を実践した人なのだろう。

----

さて、今は「跋渉の労」を厭う「ネット民」ばかりとなって、「ポチッとイイネ」で世界の実相がわかったつもりでいるバーチャリティは(拙稿「<綴るという行為>」)、人と人が直接触れ合い影響し合う世の中が厭わしいとばかりに、ビッグデータやら人工知能(AI)に頼る社会をどんどんと推し進めていくだろう(拙稿『「AI本格稼動社会」への大いなる懸念』)。

「跋渉の労」が報われる時代はもうめぐって来ないかもしれない。これでは夢も希望もなくなるわけである。

(おわり)


posted by ihagee at 18:17| エッセイ

2017年03月17日

「AI本格稼動社会」への大いなる懸念





日本経済新聞主催の講演会「第2回AIシンポジウム AI本格稼動社会へ 〜課題解決型の先進モデル国家を目指して」に参加してみた(会場:品川グランドホール・2017年3月9日13:30〜17:05)。

AI(Artificial Intelligence)つまり、人工知能は「人間の知的活動をコンピュータ化した技術であり、実世界=ヒト、モノ、環境から社会価値を生み出す技術(協賛企業NECの定義)」だそうだ。

理化学研究所革新知能統合研究センター長 杉山将氏の基調講演、協賛企業のNECデータサイエンス研究所所長 山田昭雄氏の講演を拝聴した。

杉山氏は基礎理論(機械学習理論)を中心に、山田氏は応用技術についてそれぞれアウトラインを明晰な語り口で話されていた。

私も技術職の端くれなので講演の内容が理解できないわけではない。「AI本格稼動社会」というものが到来することは確実だろう。

----

人間を含め生物が日々活動するための原動力は食物といった物質である。仙人でない限り霞を食べて生きていくことはできない。つまり「生理的代謝」を必要としており、体内の組織や器官は協働して代謝を行っている。

寝覚めは体の組織や器官はまだ半分眠った状態なので、代謝活動は低いが、目も覚めて昼間になると代謝量は増大し、夜になるとそれは低下し眠りに就くと基礎代謝だけの状態になる。このサイクルはおおよそ太陽の入りと出に連動して、昼と夜がセットとなったバイオリズムは古代人も現代人も大差はない。

この代謝量の変化に見合った食事の取り方や活動(仕事)の仕方が日々健康に暮らすための基本となる。人間は冬眠する動物ではないので熊のように基礎代謝だけで数か月生き延びることはできない。

毎日、決まった時間活動(仕事)し、摂食・同化・排泄といった物質代謝をしなければならない。

つまり、決まった時間なりの量の活動(仕事)と物質代謝が前提で生きているわけである。その前提は「駕籠に乗る人担ぐ人そのまた草鞋を作る人」という諺にあるように歴史的に社会が担保してきたとも言えるだろう。多少経済的にムダがあろうと多様性の中にあなたも私も生かされているという暗黙知である。そこそこの代謝レベルに誰もが満足していれば、結果として多様性は維持されるがゆえに誰もが生かされるという循環系である。中山間地の高齢者ばかりのコミュニティはそういう閉鎖された循環系の名残でもある。都会のあからさまな市場原理など持ち込んだら途端に崩壊してしまう互助なのかもしれない。

----

街角の靴磨きなどほとんど目にしなくなった職種だが、戦後間もない頃は身だしなみの為というよりも勤労少年に僅かばかりでも労働報酬を与えるために、わざわざ靴を磨いてもらった大人も多かったに違いない。経済的に言えば、自分で磨けば済む。磨かなくても社会生活に支障はなかった筈だが、これが持ちつ持たれつの日常的な社会生活だった。

コンビニで買えば済むようなヨーグルトを我が家では昔ながらに牛乳配達から買っているが、これも家族経営の零細なコミュニティを支援する意味がある。

「AI本格稼動社会」で生み出される社会価値の中にはこのような「初めから仕事有き」という歴史的な暗黙知は除外されているようだ。なにごとにも経済的合理性の最適解が機械的に導き出され、AIを使い倒せる側に回らない限り生きていけない社会が到来するのかもしれない。それは芥川の「蜘蛛の糸」のように後から後から続いて昇ってきた者たちの重みに耐えきれずに千切れてしまうか細さかもしれない。



技術的特異点(シンギュラリティ)とはまさにこの「蜘蛛の糸」のことであろう。産業技術の発展が技術的特異点(シンギュラリティ)に達してしまう畏れは現実化しつつある。


(図には「人類」とあるが、私は「人間の尊厳」と理解している)

産業技術的に可能なことであっても、社会倫理に照らして敢えて踏みとどまる必要は原発事故で我々が学んだ教訓でもある。科学者はその学究心ゆえに踏みとどまるべき境界を超えてしまうことがある。安倍政権肝いりの革新知能総合研究(AIP)センターでは上述の理化学研究所革新知能統合研究センターが主導的役割を果たしているようだが、AIの「社会的影響」の分析の観点が「人工知能の倫理を数理的に解決」にある点、大いに気がかりである。「人工知能の倫理を数理的に解決」ではなく諮るべきは人間社会が営々として積み上げてきた社会倫理であり、その分析に関わるべきは、当の科学者でもAI(人工知能)でもなく、人文系・社会学系や宗教系といった「人間の尊厳」と向かい合って研究する人々であって欲しいものだ。AIムラの中で「数理的に解決」して済むような問題ではない。メルケル首相が脱原発是非を諮問した相手も産業界とは一線を画した人々であったことを思い出す。

つまり、AI(人工知能)の対極に何を置いてバランスを量るのかが問題なのである。その天秤にかけるべき錘すら技術的特異点(シンギュラリティ)では無くなってしまうのであれば、その特異点に到達する手前で踏みとどまる理性は人間の側に要求されている。

産業技術という、科学技術が企業活動のインセンティブに貢献する姿は日進月歩の先端技術開発を使命としているが、その開発の方向性や利用の仕方によっては、生態系を含む地球環境にその経済効果を上回る重大な障害を招来する危険性もあることは認識すべきことであろう。

国からお墨付きがあれば、AIなどの先端技術は企業活動における資金調達の糧となるため、悪意に利用しようとする者も現れる。そして一旦市場に出てしまえば環境評価は困難な上に回収することはできない。機械学習のAIが技術的特異点に達して自律的に学習をするようになれば、一企業の利益に任せた開発スタンスを超えるばかりか人智まで超える可能性もある。トロッコ問題(トロリー問題)という倫理学上の命題さえ予想もつかない答えを出すかもしれない。たとえば、オイルが撒き散らされた路上に、自動運転のクルマがスリップせざるを得ないスピードで進入してきたとする。そしてスリップする。前方にはたくさんの子どもたちがいて事故は避けられない。子どもたちを避けてハンドルを操作すれば崖下に車は転落する。乗員の安全をAIが計算すれば子どもたちは轢き殺されることになる。



乗員が犠牲になるようなAIを自動車メーカーが採用するだろうか?ここに、クライアントファーストなる企業活動が倫理上の矛盾を引き起こす。AIがなければ、乗員が主体的に判断して自らを犠牲にしても子どもたちの命を救うという選択肢が社会倫理というものである。AIを使いこなす側の人間の価値観をAIが学習選択すれば、人減らしの為の最適解をAIが導き出す可能性は否定できない(ナチスが採用したような人種政策の元となった優生学の復活をAIは最適解として示唆するかもしれない)。優生学では「人間を「尊厳(Würdeヴュルデ)」においてではなく、「価値(Wertヴェルト)」の優劣において理解する思想」であり倫理的問題から現在ではタブーとされている。しかし「社会価値」を生み出す技術に重きを置くAIがこの優生学に行き着く可能性である。そして「社会価値」の天秤に我々を吊るして、個人の「尊厳」を奪いにかかる政権があればなおさらのことである(拙稿『「個人」か「人」か(憲法第13条)』)。収束の見通し一つつかない原発事故(その現状は明確にシンギュラリティーを示している)すら「アンダーコントロール」と言葉で片付けて実害すら認めない(人間の尊厳の否定)といったことを平気で行う政権の肝入りの国家戦略が「AI本格稼動社会」であれば尚更、その行き先に不安を覚えざるを得ない。

すでに植物の世界では、人間にとって都合のよい(人間の経済価値以外には存在を許されない)植物としてバイオテクノロジーではF1種が産業技術となり市場化されている。そのF1種を人間にも適用せよとAIが指図しそれに従う社会は考えるだに恐ろしい。そうあってはならない。「雑草という名の草は無い」と、御所の生い茂った草を刈り取った侍従を戒めたのは先の天皇である。名もない草にもその草なりの存在理由があり、人間の意図や都合に合わないからと<雑>と呼んで、根絶やしにしてはならないとする戒めである。名もない草一本の生態系においての価値までAIが考えるのだろうか?否、否定する方が経済合理性に与した「社会的価値」に適っているだろう。

「尊厳」を考えるはAIでなく一人一人の人間の内心でありそれを共有する人間主体の社会であり人間同士の対話である。計算機が「数理的に解決」すべきことでない筈だ。

このように社会倫理上の命題一つすら置き去りのままで、「AI本格稼動社会」に踏み出そうしている。だからこそ、AIを開発する側の人間に任せきりにせず、人文系・社会学系や宗教系といった人々が「AI本格稼動社会」への一定の歯止めとなる必要があると私は考える。

----

これはAIに限ったことではなく、先端産業技術たるカーボン・ナノ粒子にも言える。ナノ粒子は極めて微小であることから、人体の血液脳関門さえも通過し生体内の代謝に影響を与えることが懸念されている。環境(水、大気、土壌など)に放散された場合の影響、食物連鎖による生態系全体への影響等、未知の部分が多く、ナノ粒子の特性や挙動が時間の経過と共に(特に環境中に放出された後に)、どのように変化するのかは、一旦、環境に拡散してしまった後では見極めることは困難(回収も困難)。またナノ粒子の環境へのリスク評価(有害性評価、暴露評価)に向けた研究は細々と大学等で行われているだけで、技術は次々と市場化されている。

ワンチュク国王やムヒカさんが言うように「足りるを知る」低代謝社会モデルを世界に先駆けて示すべきは、少子高齢化で世界のトップに位置する我が国の本当の課題ではないだろうか?過酷な原発事故を経験しておきながら尚も原発神話を止めようとしないわが国。そして次なる神話がAIでありカーボン・ナノ粒子なのか?社会倫理の不在が問われている。その不在の最たるが安倍政権でありその政策理念であることも。

半音調律を上げ続けるかの市場技術に、その受容者たる生身の人間が悲鳴を上げる限界点は遠からず訪れることだろう(拙稿「半音下げへの期待」)。我々が求めるべき解をAI(人工知能)に問わずとも、神様はある動物にそっと託している。それが「ナマケモノ」なのかもしれない(ナマケモノ倶楽部)。理化学研究所が「ナマケモノ」をその観点から研究する日は来るのだろうか?

(おわり)

追記:
森友学園に絡む政官疑惑。「自動忖度機」という言葉は言い得て妙である。誰一人「覚えていない・記憶にない」としながらも国有地の破格な払い下げが行われるというシステム。忖度するように仕組まれた「意識なきシステム」が政財官に跋扈していたということ。自動改札機など日常生活で「意識なきシステム」は「スマート」だと勘違いする国民性が「自動忖度機」を許してきたのだろう。

2016リオ・オリンピック・パラリンピック大会関連施設(Tokyo2020 JAPAN HOUSE)で大活躍したと報道されていた( NECの「ウォークスルー顔認証システム」)について、NECデータサイエンス研究所所長 山田昭雄氏は講演の中で「スマート」な成功例として紹介していたが、人間相互の信頼を理念とする五輪憲章と、センサに信頼を預けるこのシステムと彼のアタマの中でどのように整合しているのか訊きたくなる(拙稿「<意識なきシステム>で「世界一」となる国」)。AIに人間の意識を何もかも委ねてはならない。人間の意識をどこまでも通わせようとする努力を惜しむような社会になってはならない。
posted by ihagee at 19:01| エッセイ