2020年10月16日

テープ録音(その3)


i-img898x1198-15993838650fglhu3057300.jpg


ビデオ工房トパーズ 記事引用)

ヤフオクで入手した(800円)NATIONALのRQ-402(1968年製造のSolid State)を使って古い音源(3号テープ)を幾つか再生・デジタル化し以下の記事に用いた。

テープ録音(その1)
テープ録音(その2)
東海道新幹線・1966年/音声付
雨月物語・浅茅が宿

----

雨月物語・浅茅が宿」に続けて、手持ちの国語研究の音源を記事にしようとしたところ、テープレコーダーの具合が悪い。再生スピードが不安定で到底聴くに耐えない事態となり、さっそく開腹し状況を確認することにした。

先ずエアダスターで腹の中に溜まった永年の埃を吹き飛ばし、点検すると駆動系のゴムベルト(3本)はどれも経年劣化で伸びきっている。おそらく、硬くなった部分が数十年ぶりにテンションがかかって伸びてしまったのだろう。純正のベルトは入手できるわけがなく、熱溶着型のバンコード(ポリウレタン)で自製しようとアマゾンを物色すると「オーディオ 機器 ゴムベルト Oリング セット」が目に入った。

スクリーンショット 2020-10-16 16.03.55.png


修理/交換用ゴムベルトで複数サイズのセット商品である。断面は正方で厚みは1mm(1mm×1mm)、直径25mmから約10mmステップで最大直径120mmまで各サイズ2本づつ入っている。伸びたベルトは断面が円で厚みは1.6mmと大分形状が異なるが使えそうだと早速注文した(399円)。届いたゴムベルトと伸びたベルトとを比較して直径が小さいものを使うことにする(伸び代とテンションを加味して)。

33.jpg


----

ベルトを交換する為に基板を筐体から外し、プーリーやフライホイールの軸受などに付着していた古いグリスを除去し新たなグリスアップは模型用のセラグリスHG(タミヤ製)を使った。黄色が定番のグリスも昨今ではケミカルの進歩で灰色がかっている。
48.jpg

モータの軸部に若干注油し、ゴムベルトを取り替えた。劣化が間違いないコンデンサー(500μF 12wv)は本来なら交換すべきところだが、代替のケミコンが入手可能かわからないので今回はパス。

基板を元に戻し開腹したままテープをかけてみるが、再生スピードの不安定さは依然解消されていない。さてはコンデンサーかと諦めかけたが、フライホイールと電磁リレーを疑ってみた。

前者はグリスを交換する際にビス留めされていた軸受を外している。
35.jpg

組み直した後、軸心が僅かにずれており、後者はリレーの可動接点と固定接点との接触が不安定となっていた(可動接点が仰勢気味になっていた)。
9.jpg


軸心の位置を変え、可動接点に俯勢を与えることで、再生スピードがほぼ正常になった。
49.jpg

(百均の紙シールを重ねて可動接点を俯勢する)

ついでに、制振目的で手元にあった軟質スポンジを適宜貼り込み、元どおりネジで縫合し開腹手術を完了。

それら措置をした後の動作状況(動画):


(最初の動画は再生モード、二番目の動画は巻き戻しモード・若干ノイズが乗るが巻き戻しなので良しとする)

----

800円のレコーダにかかったゴム代(399円)が無駄にならずに済んだなどと、我ながら貧乏人根性に呆れるが、一寸前まで息絶え絶えだったレコーダがぷつりと呟いた。「尾羽うち枯れてもNATIONALぞ、ダメ元などと思うなかれ」

(おわり)

追記:ゴムベルトの細さはテープ走行中に振動音となる。デジタル化にあたってノイズ処理をしなければ耳に障るかもしれない。
再追記:振動音源はゴムベルトに非らず電磁リレーの微振動と判明。可動接点の付け根を軟質スポンジで押さえて振動は解消した。


posted by ihagee at 17:18| 古写真・映像

2020年10月04日

伊勢志摩/平安神宮時代祭・1966年



古映像の続き(Kodachrome Super 8フィルム / 撮影者氏名不明のオーファンワーク)。200 ftのフィルム数本をWolverine MovieMaker Proとliquivid Video Improveでデジタル化した(それら機材とソフトについては本ブログ「8mmフィルム」カテゴリーに記載)。



----

 翌、早朝に自動車二台で賢島へ向かって走る。冬日和の志摩半島を南へ南へ約二時間ゆく。
 波切の漁村あたりは洋画家がよく取材に歩くところと健吉画伯がいう。御座湾の小埠頭で車を降りる。ちょっと、連絡ちがいが生じて、待っているはずの小汽艇が見えない。支局長が気をもんで島へ電話したり船長を探しにゆく。
 その間を、一行埠頭の茶店にはいって蜜柑など剥く。居合わせた六、七十歳の老漁夫と老海女から、志摩名物の海女の生活をいろいろ聞く。終戦後一しきりの海女の稼ぎはまったく海底の珠採り姫そのままな漁村インフレの花形であったらしい。だが海女も三十歳までが花だと、今は老いたる海女のかこち顔であった。
 すると、この老海女の娘だろうか、カールをして、男ズボンに下駄ばきという顔の丸っこい戦後派娘が「わて、海女なんて、大っ嫌いさ」とたれもききもしないのに、抗議をつぶやく。そしてレコード仕込みのブギウギやら与太を飛ばしたりしてお客のぼくたちに、お愛想のつもりか、しきりに皆を煙に捲く。
 するとまた、破れ障子をあけて、日の丸鉢巻ではないが、それに似たものを蓬髪に巻き、頬のとがった青年が、底光りのする眼をもって、
「あなたは、作家だってね、そんなら聞いてもらいたいことがあるんだ」
 といってぼくらの前に飛び出して来た。そしてケースのチャックを引っ張るとガリ版のパンフレットだの原稿綴じみたいな物を展開して、穏田の飯野吉三郎先生とかの衣鉢をうけたような話から喋々と説き初め「ひとつ、読んでください」と、世直し運動宣言のガリ版刷りをくれた。漁村製の戦後派娘は、あっ気にとられているぼくらを見て、「これよ、これよ」と、自分の頭を人さし指で突っつきながら横目で笑っている。ハハアとこっちもうなずかれた。けれど伊勢の宮柱のある志摩の国だけにこういう人を見るのはなんだか皮肉である。あるいはかつての神風が地元だけに他地方よりは一倍強烈だった惨害によるものだろうか。なにしろ不愍な気もちと、おかしさを禁じえなかったが、その間に島から汽艇が来た。海上わずか十五分で賢島へ着く。真珠翁の御木本おじいさんが鎮座まします島である。

(「随筆 新平家」吉川英治歴史時代文庫、講談社 から抜粋)

----

ブギウギ娘と日の丸鉢巻の青年が伊勢の宮柱のある志摩の国に居合わせる可笑しさ、穏田(おんでん)の飯野吉三郎先生とかの衣鉢に染まった頭に「これよ、これよ」は、「随筆 新平家」が週刊朝日で連載されていた当時(昭和25年から7年)世間一般に膾炙されていた可笑しさでもあったのだろう。

----

「戦争ばかりしていたギリシャで平和を祈念して古代五輪が実施された。当時のギリシャ人も感染症にかなり苦労していたようで、平和と感染症を克服するために五輪を行うと、神託を受けたというのが古代五輪の始まりだと言われている。時代は違って、現代ではコロナ感染症を克服して東京大会を開催するのが、五輪の原点だとさえ、私は思っている。調整会議で議論を重ねて年内一定の成果を示して、国内や海外のアスリートからそこまでコロナ対策を取ってくれるのであれば、来年夏の東京大会は安全、安心だねと実感いただけるように努めていきたい」(大会組織委員会・武藤敏郎事務総長)

----

ひと昔前なら「これよ、これよ」とその中身を疑われた頭が今は我々に託宣を下す世の中。古代と譜系を全く異にする近代オリンピックにまで、コロナに打ち克つとして古代の神託を持ち込むが、そこにはエビデンス不在の精神主義が蔓延っている。科学のエビデンスよりも、マスク程度の安心にしか拠り所がない罹らないとする精神主義にどんどん傾斜する東京オリンピックは「成功する確率は極めて低い」と知りつつ「貫徹に努力」した結果、戦う前に感染症でバタバタと兵士が倒れていったインパール作戦の代名詞たる「無謀さ」を照らすことができる。

古代では神託に生贄が饗された。先の大戦でどんなに体当たりをして犠牲を積み重ねても「神風」はそよとも吹かなかったが、それでも「皇国=神の国」であろうとする「おかしさ」にあとになって気づいたはずの我々なのに、いつの間にかその「おかしさ」を忘れてしまったのかもしれない。今度も犠牲を前提にするのだろうか?「神の国」観を共有しない諸国はそんな「神託」の犠牲になるのはまっぴら御免と選手団を送り込まない可能性もある。無理やり開催したとしてもモスクワオリンピック(1980年)のような惨憺たる大会になるだろう。

----

そんなこんなと映像とは関係のないことを思ってしまったが、さて、船縁からするりと海に落ちる海女の姿に少し心が騒いだ。「波の底にも都の候ぞ」ではないが入水を連想するからかもしれない。今は観光らしく海女もダイブするようである。

(おわり)


posted by ihagee at 13:56| 古写真・映像

2020年10月02日

四谷界隈・1966年



古映像の続き(Kodachrome Super 8フィルム / 撮影者氏名不明のオーファンワーク)。200 ftのフィルム数本をWolverine MovieMaker Proとliquivid Video Improveでデジタル化した(それら機材とソフトについては本ブログ「8mmフィルム」カテゴリーに記載)。



----

昼間人口(常住人口)があった頃の四谷界隈の様子が伺える。映像には四谷第一小学校(運動会)が残されている。学校は2002年に約130年の歴史を閉じた(「四谷第一小学校の歴史」参照)。

地元に生まれ地元の学校に通う市民の生活の情景、そしてピッチングマシーンとは懐かしい。私も子供の頃、どこかで遊んだ覚えがあるが楽しかった記憶がない。空き地の三角ベースで振り回すバットの方が楽しく、子供心に子供騙しに思えた。これを重宝がったのは息子の相手をしたい父親というのが映像からも確認できる。

明治のキャラメル箱のような丸ノ内線は社会人になってしばらく通勤で世話になった。ポイントを通過する度にドア近くの非常灯が怪しく点灯する夏はサウナのような車両は引退後、地球の裏側で長く活躍し終の住処を求めてまた里帰りしたようだ(2016年・東洋経済 ONLINE 記事から)。

スクリーンショット 2020-10-02 15.16.59.png


(おわり)


posted by ihagee at 15:23| 古写真・映像