2020年03月31日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日(続き1)



静岡県周智郡森町にある曹洞宗の寺院「大洞院」のある墓は墓石の周囲が削り取られてボロボロだそうだ。



墓石の欠けらを持ち帰るとギャンブル運が上がると博打好きな人にとっては有名な墓とのこと。神頼みのその神は森の石松。侠客つまりヤクザ。浪曲・講談・映画・ドラマの世界では義理人情に厚いキャラだが実在の人物か史実上は疑わしいとされている。

----

"オリンピック命" と言わせる日本の落日 の続き。

”・・・政治も不要な神仏の世界にいるようである。アベノミクスなどの現政権の経済施策の総括を運・不運で語るのであれば、そもそもその施策自体が博打と同じだと明かしているのだろう。鉄火場の遊び人に国民を喩えて、運がない人もいる、と言うに等しい。その通り、博打的な施策であるから鉄火場の表現になるのだろう。アベノミクスの一体何本放ったか知れない矢も的矢だし、カジノ法案はまさに博打だし、異次元金融緩和は裏世界であって、ことごとくテキ屋の稼業である。ならば麻生大臣の物言いは素直と言えば素直である。日本会議なる異世界の詔に耳目を傾ける政治家が結集した安倍政権であれば、政治も不要なテキ屋か神仏の世界観なのだろう。”(運・不運でかたづけるなら神仏の世界

----

「神頼みみたいなところはあるが、そうした気持ちが必ず通じていくんじゃないかと思って、来年夏の開催へ不退転の決意で臨むしかない」と大会の成功を誓った。(東京オリンピック・パラリンピック競技大会開始日程合意について、組織委の森喜朗会長弁 / 2020年3月30日)

テキ屋か神仏の世界観で国民の命を五輪と天秤にかける。将来世代の懐にまで手を突っ込んでカネの無心をする(延期も含め開催費用の損失分は税金で補填)。1998年冬季オリンピックが開催された長野市は開催のために借り入れた額は利息を含めて約694億円となり、その償還は2018年度までかかった。借金返済に20年を要したことになる。これはオリンピックの様々な利益を享受した世代ではなくその次の世代に負の遺産をツケ送りしたに過ぎない。長野大会とは比較にならない程の巨費を投じた東京大会は延長費用も含め一体いくら将来に亘って東京都(都民)は償還し続けなくてはならないのかその期間も含め何の試算も我々は知らされていない。いずれ日本政府(国民)が損失を補填することになろうが、その額がいくらなのかも知らない。

----

商業主義が萌芽した1984年ロサンジェルス大会(夏季)以降、夏季冬季大会は放映権などコマーシャリズムの権利がついた "旬の" 商品は経済利益をスポンサー企業にもたらすが、その権利商品は「今だけ、カネだけ、自分だけ」の権利ビジネスであって、開催後はもっぱら施設費用など負の遺産が開催都市に残される仕組みになっている。スポーツが持つ価値を商品に抱き合わせ(放映権・グッズなど)売り切って損得勘定をすれば、IOCファミリー、スポンサー企業などにとって得であっても開催都市および市民にとって損益ばかりが残る。世界がウィルス禍となろうと人命よりも開催に決意やら神頼みし、将来世代の懐に手を突っ込んでカネの無心をする姿は人として浅ましい(浅ましさの最たるは、一瞬の灯火の為に100,000年後まで負の遺産を残す原発事業 / 100,000年後の安全)。

----

森の石松の墓石は、一発勝負の願掛け分、だんだん削られ、過去何回か建てかえられているそうだ。削ったところで大抵すってんてんになるは博徒で、胴元が儲かるものと昔から決まっている。

「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知して戴く」<森喜朗元首相の神の国発言>。その神の国の御使たる(IOCのエージェントでもある)森大会組織委員長の一発勝負の願掛けならぬ「神頼み」などに承知できるワケがない。その鉄火場に張られるのは我々の命だ。パチンコ店が立ち入り自粛対象とならないのも同じ鉄火場と考えれば腑に落ちる。胴元と繋がる政治家が上がり(=献金)欲しさに自粛させない。たとえウィルスの培養皿になろうと「今だけ、カネだけ、自分だけ」なんだろう。


(安倍:布マスク二枚の「日本の技術力は落ちていない。ワクチンができる。大丈夫」/ 石松の墓のかけらに託す程度の当て推量 / 「科学の樹」のないこの国の暗愚

そんなテキ屋の稼業が「しっかり承知して戴く」神の国なら、神風がそよとも吹かずに敗けたあの日のように日本の落日は近い。しかし、それすら神の国の住人にとっては運・不運で片付け痛くも痒くもないが、片付けられる側は塗炭の苦しみを味わう。そのような歴史の轍を踏んではならない。

(おわり)

追記:
ローマ教皇、疫病終息にゆかりの奇跡の十字架を前に「イタリアと世界に影響を及ぼしている今回のパンデミック(世界的な大流行)の収束」を祈り、「大勢の感染者の癒やしを乞い、多くの死者を追悼した」という(2020年3月15日)。

片や「どうかオリンピック開催が叶いますよう」と、神に願掛けをする我が国。これで開催できなかったら「世界はとんでもないことになっている。人間生活はなくなっているかもしれない。」などと森喜朗大会組織委員会会長は世界・人類までオリンピック開催成否の天秤にかけ挙句に道連にするかの妄言。その不退転の決意を評価する愚妹な連中共々「今だけ、カネだけ、自分だけ」のミーイズムたる "オリンピック命" を国際社会に大発信している。苦しむ隣人へいたわる言葉一つない無神経ぶりに国際社会から非難轟々となるは理の当然。


posted by ihagee at 03:17| 日記

2020年03月28日

"オリンピック命" と言わせる日本の落日



”「天下の日本製鉄が高炉を閉鎖し、巨額赤字を計上するなんて、いよいよ鉄鋼の時代が本格的に終わろうとしているようにしか思えない」 日本製鉄と関わりの深い二次加工業者はこう肩を落とした。”(「日本経済の中心だった日本製鉄の没落…高炉閉鎖&巨額赤字計上、鉄鋼の時代の終焉」(Business Journal 2020年3月11日記事から引用)



----

「鉄は国家なり(ビスマルク)」、鉄鋼生産量は古今東西を問わず国力を表す重要な指標とされる。

要件定義から始まり方式・詳細設計、実装・単体・結合・運用テストといったシステム発想(フルスクラッチ)の塊たる製鉄業が我が国の産業の底力となっていた。その底が失われつつある。鉄鋼の時代の終焉であるばかりか、経済成長を支えたモノづくりのベンチマークが消え去ることでもある。

----

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ(マッカーサー)」、製鉄業は日本国から消え去り他国に逃れるだけのこと。鉄を逃し代わりに「おもてなし」なるヤワな水へインフラストラクチャを拡大してきたのが安倍政権7年の経済施策であった。実体感を伴わないフワフワと浮ついた空気は「おもてなし」およびオリンピックに象徴されている。

”オリンピックや国際観光(インバウンド)が我が国の経済政策の主柱だからオリンピック開催中止はあってはならないと主張する者が大半だが、そんな危なっかしい水物に賭けなくてはならないほどこの国の製造業を中心とする産業力は凋落し国民の大半は貧しくなったということでもある。経済構造の根本的な問題や課題に取り組もうとせず、一発勝負・賭け事紛いのオリンピックにこの国の命運を委ねなくてならないその政治経済の貧すれば鈍する無分別ぶりが、"オリンピック命" と言わせるのである。1964年東京大会は高度経済成長で見事に復興した日本を国際社会にデビューさせる為の通過儀礼だった。オリンピック自体、当時は商業主義に非らずその儀礼的意義を十全に満たした。2020大会の "オリンピック命" ぶりはその逆に、目先の利害の成否に周章狼狽する日本の落日ぶりを象徴している。”(拙稿「父さんはどうしてヒトラーに投票したの?」)

安定しない水もののサービス業がお笑い芸人やお茶汲み坊主官僚共々、安倍政権の経済施策の真ん中に居座り、オリンピック開催有無がこの国の命運を分けるまでになった。その運も「今だけ・カネだけ・自分だけ」で宵越しの銭同様のあぶく銭ゆえに常に将来を質に入れなければならない。将来世代の懐まで無心してそれで百年の計を語ろうというのだから悪筋も良いところだ。事故原発の始末一つできず将来に負の遺産をつけ送りにし「アンダーコントロール」とうわべを取り繕う。その壮大な無責任の上にオリンピックがある。

科学や知性と何の接点も持たないおよそ先進国の国柄に相応しないバクチをこの国の経済成長の柱としたのが安倍政権であり、刑法上の犯罪であるカジノを有史以来、はじめて合法化するという大罪を犯した。有史以来人類共通の禁則たる「法度」を許して、何の天下の政道を正すことができようか?

延期開催であろうとそのバクチたるオリンピックにエールを送らざるを得ないこの国。COVID-19対策よりもオリンピック大事と国民の命まで天秤にかける。オリンピック(延期開催)に取り憑かれた日本は、現実の事象(パンデミックのウイルス禍)と何の脈絡もないワンダーランド(おとぎの国・不思議の国)として、その現実に立ち向かっている欧米の人々の目には異様に映る。

落日の最後の残照を以って "美しい国" などと言い繕わせて、安倍首相に花道を飾らせてはならない。ウイルス禍が延期開催時にも終息していなかったら「世界はとんでもないことになっている。人間生活はなくなっているかもしれない。これを超えられないようだったら地球が滅亡していくっていうことになるんじゃないですか。」などと森喜朗大会組織委員会会長に "オリンピック命" と言わせてはならない。人の命や世界を軽々しく天秤に賭けるようなオリンピックなら無くて結構。この国際的危難に祭り事など迷惑千万極まりない。中止とし今はウイルス禍に専念することが国際協調。それが日本の国際社会に示すべき姿。

(おわり)


posted by ihagee at 10:20| 日記

2020年03月26日

偉い人の算段が変わりそうだ(L型の流行!?)



SARS-CoV-2の起源と継続的な進化について

Xiaolu Tang 、 Changcheng Wu、Xiang Li、Yuhe Song、Xinmin Yao、Xinkai Wu、Yange Duan、Hong Zhang、Yirong Wang、Zhaohui Qian他
National Science Review、nwaa036、https://doi.org/10.1093/nsr/nwaa036
公開: 2020年3月3日

Copyright: 2020 China Science Publishing & Media Ltd. (Science Press) / National Science Review

”要約
SARS-CoV-2の流行は、2019年12月下旬に中国の武漢で始まり、それ以来中国の大部分に影響を及ぼし、世界的な大きな懸念を引き起こしています。ここでは、SARS-CoV-2と他の関連するコロナウイルスの間の分子分岐の程度を調査しました。SARS-CoV-2とコウモリのSARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV; RaTG13)の間のゲノムヌクレオチドにはわずか4%の変動しかありませんでしたが、中性部位での差は17%で、以前に推定されたよりも2つのウイルス間の相違がはるかに大きいことを示唆しています。我々の結果は、SARS-CoV-2およびセンザンコウSARSr-CoVからのウイルスに見られるスパイクの受容体結合ドメイン(RBD)の機能部位における新しい変異の発生は、組換え以外に突然変異と自然淘汰によって引き起こされる可能性が高いことを示唆しています。103例の SARS-CoV-2ゲノムの集団遺伝分析は、これらのウイルスが2つの主要な型(LとSで指定)に進化したことを示し、これは、現在までにシーケンスされたウイルス株全体でほぼ完全な連鎖を示す2つの異なるSNPによって明確に定義されています。L型(〜70%)はS型(〜30%)よりも優勢ですが、S型が先祖バージョンであることがわかりました。武漢の発生の初期段階ではL型がより一般的でしたが、L型の頻度は2020年1月初旬以降減少しました。人間を介することでより攻撃的で感染力の強いL型へ選択圧が加わった可能性があります。一方、進化的に古く、攻撃性の低いS型は、選択圧が比較的弱いため、相対度数が増加した可能性があります。これらの知見はゲノムデータ、疫学的データ、およびコロナウイルス疾患2019(COVID-19)患者の臨床症状のカルテ記録を組合せる包括的研究の速やかな必要性を求めるものです。”

----

“中国の研究者チームは新型コロナウイルスは二つの型に分類でき、感染力に差があることが分かったと中国の英字科学誌「国家科学評論」に発表した。中国メディアが伝えた。

ウイルスのサンプル103例の遺伝子配列を調べ、うち101例を「L亜型」か「S亜型」に分類した。約70%がL型。L型の方が感染力が強いとみられ、湖北省武漢で爆発的流行が起きた時期に多く確認され、1月初旬以降は減少した。

S型はコウモリから検出されたコロナウイルスに遺伝子的に近く、古い型とみられる。一つの型にだけ感染する症例が大半だったが、武漢への旅行歴のある米国の患者1人は、両方の型に感染した可能性があった。“(福井新聞ONLINE 2020年3月26日付記事から引用)

----

“日本では通勤電車等が過密で、オフィスも欧米のような個室ではなく大部屋が基本だ。しかも欧州は多くのスポットの閉鎖など、厳しい対策をとっている。欧米の感染力の高さは、生活習慣や環境、住居、対策、初期出動、意識の違いでは説明できない。むしろウイルスの変異に原因を求めるべきではないか。その場合、 欧州型コロナは日韓や東南アジアで広がったコロナよりはるかに危険ということになる。死亡率と感染力を掛け合わせると10倍以上の差といえよう。悪性のL型が多いとされる中国と比較しても欧州の方が危険なのである。”(「欧米で流行中のコロナは今までより10倍以上危険(山内正敏 地球太陽系科学者、スウェーデン国立スペース物理研究所研究員)」論座2020年3月25日記事から引用)

-----

日本人の清潔好きや、欧米人のようなスキンシップは習慣にないことが、感染を抑え込んできた要因(および検査数を抑えているから)などと言われてきたが、どうやらそういうことばかりでもないらしい。

感染力の弱いS型ゆえに感染者数が抑えられてきた事情がありそうだ。春節前後に来日した中国人観光客が持ち込んだと懸念されるCOVID-19も同型ゆえに恐れていた程の感染の広がりにならなかったが、欧米から最近帰国した日本人観光客の感染にメディアや専門家が神経質なまでに懸念を寄せているところからすると、こちらが目下欧米を震撼させているL型ということなのだろうか(山内正敏氏の分析ではL型の変異した欧州(L)型)?

L型の患者数の指数関数的な増大ぶりは、一国の首都ですらあっという間に感染爆発(オーバーシュート)をもたらし封鎖(ロックダウン)に追い込む危険性を持つ。ロンドン、ニューヨークに次いで東京がその瀬戸際の状況と言える。

“少なくとも1カ月前とはコロナの危険度が大きく変わったと覚悟する必要があるだろう。WHOが推薦してきた対策では全然足りなくなるということだ。最悪のシナリオは、COVID-19が短い期間でさらに凶悪な方向へと進化することだ。普通にはあり得ないが、今回だけはそれも念頭に入れるべきである。”(同上引用)

----

“偉い人の今後の算段が大きく変わりそうな感じである。

新たに新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者が41名確認された。これまでの毎日の新規感染者数よりも大幅に大きいが、イマイチ問題の大きさが分からない。帰国者や旅行者もいるわけだし、無症状者や軽症者が街を歩いているのも確かなので、ぼちぼちと発生し続けるのは想定内だからだ。感染拡大ペースがどの程度か、それがどれぐらいひどい帰結をもたらすかの指標になる、基本再生産数R₀を雑に計算してみた。

3月1日〜3月25日までのR₀の推定値は約0.834である一方、3月19日〜3月25日までのR₀の推定値は約1.134になる。R₀は生活習慣などの影響と隔離措置など感染防止政策の効果を含む。R₀<1であれば感染症はすぐに消えてしまうが、R₀>1であれば集団免疫を獲得するまで感染経験者数は増加していく。抑制政策のつもりだったが、緩和でしかなかったわけだ。“(ニュースの社会科学的な裏側 2020年3月26日記事から引用)

“偉い人の算段が変わりそう”なのも、3月中旬以降、およそ10日の間隔を置いて波状的に東京都内でL型?感染のピークが到来し始めたことに拠るのだろう。その基本再生産数(basic reproduction number=1人の感染者が生み出した二次感染者数の平均値)R₀は、感染が深刻なドイツでは2.5程度とされる。

“基本再生産数(R₀:すべての者が感受性を有する集団において1人の感染者が生み出した二次感染者数の平均値)が欧州(ドイツ並み)のR₀=2.5 程度であるとすると、症状の出ない人や軽症の人を含めて、流行 50 日目には 1 日の新規感染者数が 5,414 人にのぼり、最終的に人口の 79.9%が感染すると考えられます。また、呼吸管理・全身管理を要する重篤患者数が流行 62 日目には 1,096 人に上り、この結果、地域における現有の人工呼吸器の数を超えてしまうことが想定されるため、広域な連携や受入体制の充実を図るべきです。“(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 2020年3月19日付提言

----

“偉い人の算段が変わりそう”、はより攻撃的で感染力の強いL型の流行を前提としている。昨日までの対岸の火事が、明日からは突如我々に襲い掛かってくるかもしれない。小池都知事も専門家から情報を得ているのだろう。首都封鎖(ロックダウン)を口にし始めた。くれぐれも用心を怠らないこと。自分から二次感染者を出さない日常行動を心がけることぐらいしか防衛する手段はない。

オリンピックの他愛ない与太話ができたのも昨日まで。中止せざるを得ない状況に置かれることを開催国自身が肌身に知る番になるやもしれぬ。

----

帰りがけ、駅近くのスーパーを覗いた。平日にも関わらず混み合って日用品や麺類など日持ちのする物が棚から消えている。気配を察して買いに走っているのだろう。実に嫌な世の中になったもんだ。

世界各国で「買い占めやめよう!」(#StopHoarding)



(おわり)


posted by ihagee at 16:37| 日記