2021年06月21日

COVID-19 ワクチン接種への異論 - 続き4



集団接種なる大規模な公衆衛生的介入それ自体が「遺伝子ワクチン」の実質臨床試験となっていること=未だエビデンス(医学的証拠)が揃わない状況、自体がまさに「予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素になっている」(拙稿「COVID-19 ワクチン接種への異論 - 続き2」)

未だエビデンス(医学的証拠)が揃わない状況(特に中長期的臨床治験結果)。これは動かぬ事実であろう。この一点こそが、「予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素」に他ならない。

「遺伝子ワクチン(Pfizer-BioNTech, Moderna)」は緊急時に承認審査を大幅に短縮できる医薬品医療機器等法第14 条の3に基づく「特例承認」を与えたものゆえ、事後の継続的な検証が必要であること(今もって、有効性と安全性が通常の「承認」を以って担保されていないこと、「遺伝子ワクチン(Pfizer-BioNTech, Moderna)」は米などで第V相試験(検証的試験)を実施中であること(治験中)であることは、知っておくべきだろう。

Pfizer-BioNTech コロナウイルス ワクチンの第V相試験(米などでの臨床試験=健康な個人における COVID-19 に対する RNA ワクチン候補の安全性、忍容性、免疫原性、および有効性を説明するための研究)の推定研究完了日:2023 年 5月 2 日、Moderna コロナウイルス ワクチンの第V相試験(米国内での臨床試験=COVID-19 を予防するための 18 歳以上の成人における mRNA-1273 ワクチンの有効性、安全性、免疫原性を評価するための研究)の推定研究完了日:2022 年 10月 27 日である。

----

ワクチン敵視、背景に疎外感 「反対派」レッテル貼り危険 専門家「互いに尊重を」

" 企業や大学による職域接種が21日から本格化する新型コロナウイルスワクチン。普及が進む一方、インターネット交流サイト(SNS)上では接種への抗議をあおったり、デマを拡散したりする動きも強まる。専門家は「ワクチンへの不安や警戒感だけでなく、そうした気持ちを理解されない『疎外感』がある」と分析。「接種を受けたい人も受けたくない人も、互いの判断を尊重し合うべきだ」と訴える。SNSでワクチンの危険性を呼び掛ける人たちの投稿には「接種すると遺伝子を組み換えられる」「不妊の原因になるとファイザー社が認めた」などのデマも交じる。「打つと5G電波で操られる」「体が磁力を帯びる」といった荒唐無稽な主張も見受けられる。こうした投稿を嘲笑するユーザーも多いが、リスクコミュニケーションに詳しい土田昭司・関西大教授(安全心理学)は「『ワクチン反対派はおかしい』などと安易にラベリング(レッテル貼り)して突き放すことは、事態をさらに悪化させる」と危惧。「社会が不安に寄り添わず、親身に話を聞いてくれるのはカルト集団や陰謀論者だけ、という状況は非常に危険だ」と警告する。実際、ワクチンの危険性を訴える人たちの投稿には、周囲からの孤立を嘆く意見が少なくない。ツイッターでワクチンに懐疑的な投稿をしていた2児の母を名乗る人物は「家族や友人に話しても分かってもらえない」「これまで大事にしてきた人との繋がりが切れてしまいそう」と吐露。子供への接種を進める自治体に集団抗議するSNSグループの参加者らは「皆さんと共感しあい、団結できることが救いです」「親身に話を聞いて下さった」などと活発に書き込んでいた。土田教授は「法律上、接種は努力義務で、受けないことも認められている。社会はワクチンを打ちたくない人の気持ちに寄り添わないといけない」と強調。「他人に接種を強制するのも、接種を妨害するのも『リスクコミュニケーションの失敗』という意味では同じ。反対意見に耳を傾けて対話し、科学的事実に基づいた議論をすることが重要だ」と語った。 " (時事通信社 2021年6月21日付記事引用)

----

上掲の記事には幾つか問題点がある。

@ 「ワクチン敵視」というタイトル
「敵視」=敵と見て憎むこと、がワクチン接種を留保する人々の共通項であるかの印象を読み手に強く与える。接種を留保することと、「敵視」することは全く異なる態度である
A 「背景に疎外感」というタイトル
接種するもしないも個人の問題でありその前提はエビデンス(医学的証拠)の有無であるから、「...感」なる集団意識前提の「仲間はずれ」といった心理的要因があたかも接種を留保する人々の背景にあるかの書き方はおかしい
B ”「接種すると遺伝子を組み換えられる」「不妊の原因になるとファイザー社が認めた」などのデマも交じる。「打つと5G電波で操られる」「体が磁力を帯びる」” などと「荒唐無稽」と但し書きをしながらも、わざわざ書き連ねることによって、むしろ、接種を留保する人々に対するラベリング(レッテル貼り)をこの記事は行なっている。エビデンス(医学的証拠)の有無の上で接種判断をしようとする人々(科学的正論)を、このような極端な傍論(非科学的結論)を以って有相無相に扱う粗雑な文脈である。
C 「親身に話を聞いてくれるのはカルト集団や陰謀論者だけ」
エビデンス(医学的証拠)の有無の上で接種判断をしようとする人々(科学的判断)をあたかもこのような極端な傍論(非科学的結論)に頼るばかりの人々であるかに読者に印象を与える点でこれも粗雑な文脈である。
D 「反対意見に耳を傾けて対話し」
対話でエビデンス(医学的証拠)は生まれない。BioNTech SE(Pfizer協力)およびModernaTX, Inc.からの治験結果報告待ち(治験期間中)のワクチンについて未だエビデンス(医学的証拠)が揃っていない状況では科学的判断要素がない。その上で一体何を対話するというのだろうか?「安全が確認されていない(特に中長期的)」状況では「必要だから安全(に決まっている)」と往々にして「必要性」が声高に語られる。ゆえに、「反対意見に耳を傾けて」対話する前提は「必要性」であっても、治験結果ではない。その「必要性」は他者への「思い」といった絆意識(集団心理)に傾斜するが、これは科学ではない。

「特にワクチンは効果があると思っていることと、自分が予防接種を受けることで他者も守るという思いがあることは他の要因よりも強い関連性が有り、予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素になっていることが明らかになりました。」(東京医科大学 website

E「リスクコミュニケーションの失敗」
本来であれば個人水準の臨床試験・疫学研究から得られたエビデンス(医学的証拠)に基づいて公衆衛生的介入が行われるべきところ、公衆衛生的介入それ自体が「遺伝子ワクチン」の実質臨床試験という逆順が罷り通っている。この逆順ではリスク評価自体が成立しない。ゆえに「リスクコミュニケーション」自体が存在し得ないのである。ゆえに、リスクコミュニケーションから解を求めようとする上掲の記事には無理がある。
F「科学的事実に基づいた議論をすることが重要だ」
BioNTech SE(Pfizer協力)およびModernaTX, Inc.からの治験結果報告待ち(治験期間中)のワクチンについて未だエビデンス(医学的証拠=安全性)が揃っていない。「科学的事実に基づいた議論をすることが重要だ」というのならば、「安全性について未だ確認されていないが」という前提でする議論とは何なのか、ということになる。この「科学的事実」については接種直後の副反応について臨床的に把握している事実の限りであっても、接種してから数年先の中長期的影響については「議論」の基となる科学的事実が存在していない。

----

集団接種なる大規模な公衆衛生的介入それ自体が「遺伝子ワクチン」の実質臨床試験となっていること=未だエビデンス(医学的証拠)が揃わない状況、自体がまさに「予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素になっている」(拙稿「COVID-19 ワクチン接種への異論 - 続き2」)は然りで、エビデンス(医学的証拠)に基づき(特に中長期の臨床治験結果)、接種判断を客観的に行うのは個人の自由。

しかるに、その他の主観的要因(心理的要因)があたかも接種の判断要素であるかの書き方や、公衆衛生的介入それ自体が「遺伝子ワクチン」の実質臨床試験という逆順(リスクを臨床試験で実証しようとしている)ゆえ、リスクに関する正確な情報(特に中長期的影響)が今は判らないわけだから、その情報なしでは成立し得ない「リスクコミュニケーション」があたかも可能かの上掲の記事はおかしいのではないか?

(おわり)

追記:
”「接種するつもり」に比べ、「しないつもり」「決めていない」と回答したのは、女性や預貯金額の少ない人、他人を信用しない傾向のある人、全般的な不安感を抱える人などに多かった。” (「性別や預貯金額も関係? ワクチン接種の意欲調査―経産研究所」 2021年6月5日付時事通信記事から引用)

「意欲(思い)」と「意思(判断)」の区別もなく「集団」と「個人」の見境いもない調査に何の意味があるのか?このような記事も、接種を留保する人々に対する差別主義的なラベリング(レッテル貼り)である。


posted by ihagee at 13:28| 日記

2021年06月13日

COVID-19 ワクチン接種への異論 - 続き3




” 感染リスクがほとんどない健康な一般市民に、安全性がまったく保証されていないワクチン接種を強要するのは、もう犯罪でしかありません。皆様の賢明な判断に期待しています。” (新潟大学名誉教授 岡田正彦氏)

拙稿:「COVID-19 ワクチン接種への異論」から

----

岡田氏が「新型コロナのエビデンス」なる記事をネットに掲載した。COVID-19 mRNAワクチン接種(Pfizer-BioNTech / Moderna)を受けるべきか否かについて我々が判断するに有用な客観性のある情報が含まれている。また、「Q6 フェイクニュースを見抜くには?」では、陰謀論を特定し「賢明な判断」から排除している点は好ましい。一読をお勧めしたい。

新型コロナのエビデンス」から、エビデンス(医学的証拠)を詳らかにすることについてワクチン推進側が躊躇い始めているのではないかという懸念を強く抱いた。これは典型的なエリートパニックと言って良いだろう。

災害時などに、権力層にあるエリートたちが「一般の人がパニックを起こすのではないか」と恐れ、エリート自身がパニックを起こすという考え方(時事用語事典引用)である。

エリート自身のパニックは、後々検証するに必要なエビデンス(医学的証拠)収集に対して消極的挙動(積極的挙動をしない)を取る傾向が強い。科学的因果関係の解明とその結果責任からの回避行動も伴うことは、福島第一原子力発電所事故ばかりではなく、数々の薬害事件でも繰り返されてきた。

----

集団接種なる大規模な公衆衛生的介入それ自体が「遺伝子ワクチン」の実質臨床試験となっていること=未だエビデンス(医学的証拠)が揃わない状況、自体がまさに「予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素になっている」(拙稿「COVID-19 ワクチン接種への異論 - 続き2」)は然りとあらためて認識した次第である。

(おわり)









posted by ihagee at 08:49| 日記

2021年06月09日

COVID-19 ワクチン接種への異論 - 続き2



新型コロナウイルス感染対策は言うまでもなく、集団の健康の分析に基づく地域全体の健康への脅威を扱う「公衆衛生」上の対策である。本来であれば個人水準の臨床試験・疫学研究から得られたエビデンス(医学的証拠)に基づいて公衆衛生的介入が行われるべきところ、公衆衛生的介入それ自体が「遺伝子ワクチン」の実質臨床試験という逆順が罷り通っている。意思を排した強制に近い接種であればそれは人体実験(犯罪)となる(医療従事者への接種は半ば強制ではないか?)

拙稿:COVID-19 ワクチン接種への異論 から

----

集団接種の動きが加速している。学内接種(慶應大学)、職場接種(経団連加盟1500社企業)等々。

" 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は8日の理事会後の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種の対象について約7万人の大会ボランティア、国内メディアを含めての拡大を検討していることを明らかにした。ただし、追加のワクチンや打ち手となる医療従事者の確保も必要なことから「接種の体制が取れるかどうか、どこまで対象にするかは検討段階」と述べるにとどめた。国際オリンピック委員会(IOC)は米製薬大手ファイザーの協力を得て、日本向けに選手団のほか、審判や通訳ら国内の大会関係者ら計約2万人分のワクチンを無償提供する方針。しかし、ボランティアは選手と接触する可能性のある誘導役など一部に限られ、感染への不安などから約1万人が辞退する事態となり、大きな課題だった。武藤氏は「(ファイザーの)特別枠をさらに増やしてもらう交渉を今やっているが、可能性は十分あると考えている」と語った。大会関係者によると、21日から始まる職域接種や、既に開始された大規模接種会場の活用案も浮上している。丸川珠代五輪担当相も8日の参院文教科学委員会でボランティア全員へのワクチン接種について「その方向で進んでいきましょうということで合意している」と述べた。" (毎日新聞 2021年6月8日付記事引用)

----

ボランティア7万人全員のワクチン接種。「全員」はワクチン提供枠(接種対象枠)なのだろうが、事実上接種しなければボランティアとして参加できないことになるのだろう。つまり接種が必須要件となっていると言って良い。

ボランティア全員へのワクチン接種について「その方向で進んでいきましょう」と、枠から要件化への流れは、接種を躊躇する・拒否する人々を一括りにして<ネガティブな>レッテル貼りを行う報道に繋がりつつある。

----

" 「世の中は狂ってる」ある看護師が“反ワクチン”の陰謀論に染まるまで "というBuzzFeed Japanの記事は、「打たない」という自由意志に対して、一括りに「陰謀論、左派、反政府、トランプ支持者」といったレッテルを被せる悪質なステマ記事である。事情(身体的事情含む)や考えがあってワクチン接種を希望しない人たちまでも一括りにして「陰謀論者」とネガなレッテルを貼って社会にその人たちへの白眼視をそそのかし、ワクチン接種に乗り遅れてはならないと嗾けるバンドワゴンは頂けない。

関連記事:テレビCM(国民投票法改正案)なるバンドワゴン

----

Pfizer-BioNTech コロナウイルス ワクチン:
米などでの臨床試験(健康な個人における COVID-19 に対する RNA ワクチン候補の安全性、忍容性、免疫原性、および有効性を説明するための研究)
試験主体者:BioNTech SE(Pfizer協力)
参加者:43998人
開始日:2020年4月29日
推定研究完了日:2023 年 5月 2 日
ClinicalTrials.gov

Moderna コロナウイルス ワクチン:
米国内での臨床試験(COVID-19 を予防するための 18 歳以上の成人における mRNA-1273 ワクチンの有効性、安全性、免疫原性を評価するための研究)
試験主体者:ModernaTX, Inc.
参加者: 30420人
開始日:2020年7月27日
推定研究完了日:2022 年 10月 27 日
(ClinicalTrials.gov)

----

「特にワクチンは効果があると思っていることと、自分が予防接種を受けることで他者も守るという思いがあることは他の要因よりも強い関連性が有り、予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素になっていることが明らかになりました。」(東京医科大学 website

「思い」を接種の判断要素としている。しかし、上述の通り、BioNTech SE(Pfizer協力)およびModernaTX, Inc.からの治験結果報告待ち(治験期間中)のワクチンについて未だエビデンス(医学的証拠)が揃っていない状況では科学的判断要素がない。少なくとも科学に従事する立場であれば「思い」などという主観的・心理的要素を「予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素」などと持ち出すべきではなかろう。

科学的知見が揃わなければ少なくとも安全とは言えないし、新型コロナウイルスのワクチン接種により、副反応などで死亡した場合、国の予防接種健康被害救済制度で一時金4420万円が支払われるとしても、接種と死亡との因果関係は科学的知見が揃わなければ所詮「評価不能」だから補償される可能性は極めて低い。ゆえに不安が募るばかりである。(拙稿:安全は科学・安心は補償

----

ワクチン開発製造側が未だ治験期間中で、未だエビデンス(医学的証拠)が揃わない状況を鑑み、「(当面)接種をしない」とする個人の確たる意思があることも客観的に尊重すべきだ。集団接種なる大規模な公衆衛生的介入それ自体が「遺伝子ワクチン」の実質臨床試験となっていること=未だエビデンス(医学的証拠)が揃わない状況、自体がまさに「予防接種を受けるかどうか判断する上で重要な要素になっている」と言うべきである。

個の意思を排した同調圧力はコロナ感染以上に危険な風潮である。

(おわり)

追記:
忘れてはならないこと:
@「遺伝子ワクチン(Pfizer-BioNTech, Moderna)」は緊急時に承認審査を大幅に短縮できる医薬品医療機器等法第14 条の3に基づく「特例承認」を与えたものゆえ、事後の継続的な検証が必要であること(今もって、有効性と安全性が通常の「承認」を以って担保されていないこと、以下Dに関連)。
A 「遺伝子ワクチン(Pfizer-BioNTech, Moderna)」は米などで第V相試験(検証的試験)を実施中であること(治験中)。
B 臨床試験と製造販売後調査にて安全性と有効性に関する情報をPfizerおよびModerna社は目下収集中であること。
C 「今回の新型コロナワクチンの接種は、緊急の蔓延予防のために実施するものであり、原則としては、接種勧奨と努力義務に係る規定は適用することとした上で、必要に応じて、例外的にこれらの規定を適用しないことを可能としております。これは、ワクチンが現時点では開発中の段階であり、評価が確定できないことや、実使用実績が乏しい中で接種を実施することも想定されることから、安全性や有効性等についての情報量に制約が生じる可能性があるため、例外を設けたものです。接種の実施や勧奨、努力義務の適用は、リスクを上回る十分な効果があることが前提となることから、ワクチンの安全性や有効性等についてのデータの収集、分析を行うとともに、専門家による評価等を踏まえ、必要な対策を講じてまいります。」(第203回国会衆議院本会議(2020年11月10日)における厚生労働大臣答弁)

再追記:

(木下黄太氏「コロナ時代であからさまになる放射能回避側の劣化について」)
----
原発事故発生直後にフェイスブックに開設した同氏の「問題を考える」スレッドには当時、啓発される内容があった。「必要なものだ。だから安全(に決まっている)」は政治・行政やムラ社会が振りまく神話であることは「原発神話」がその過酷事故によって一挙に崩壊したことで我々は知っている。信仰と無思考がいかに罪であるかを知った。木下氏もそのことはわかっているだろう。「必要なものだ。だから安全(に決まっている)」なる信仰にも近い無思考性への反問と反省を「遺伝子ワクチン」についてはなぜ行わないのか?逆に聞きたい。未だエビデンス(医学的証拠)がない(乏しい)現状で(特に中長期に亘る検証は当然ながら無い)、ワクチン接種を躊躇う人々を、自己肯定のためなら陰謀論も含め否定的情報を探し回っている人々と一括りに「人として終わっている(木下氏弁)」などは過ぎた非難であり、頭から「遺伝子ワクチン」を否定し接種を拒む人たちと(木下氏の言う陰謀論に与する人々)と、エビデンス(医学的証拠)がない(乏しい)現状でワクチン接種を躊躇う人々をあたかもいっしょくたに扱うのは雑な議論である。陰謀論者だけを特定し非難すれば良い。
----
接種して死亡する確率がたとえ数十万人に一人であっても、その一人にとっての確率は100%である。その一人が接種をするかしないか自分の意思で決めることも社会が同調圧力を以って「人として終わっている(木下氏弁)」と否定するのであればこれは不条理に他ならない。
----
努力義務を伴う予防接種(結核などA類疾病に係るワクチンについては本人(保護者)に接種の努力義務がある)に用いるワクチンは第V相試験(検証的試験)まで完了し通常の「承認」を以って安全性と効果が科学的に担保されている。ゆえにその義務に従うのは重篤な疾患の予防に寄与することである。しかし、医薬品医療機器等法第14 条の3に基づく「特例承認」を受けた「遺伝子ワクチン」接種は、それと並べて論じることができない例外・特例事項が存在するからこそ例外的にこれらの規定を適用しない(上述D)と厚生労働大臣自身が述べているのである。ゆえに接種は努力義務があっても任意(本人または保護者の意思)であって強制ではない。意思を排した強制に近い接種であってはならない。この点をネグレクトしてはだめだろう。
----
「コロナ時代であからさまになる放射能回避側の劣化について」なるタイトルからしてそうだが、木下氏の口から繰り出す言葉は扇情的且つわかりづらい。原発や原子爆弾、放射能まで挙げて、なぜそれらがコロナやワクチンと絡むのか、なぜそういう話の展開になるのか?グチャグチャとして全く論旨が整理されていない。論理があるのであれば口先ではなく文章で示すべきではないのか?


posted by ihagee at 03:22| 日記