2019年05月14日

ポピーの季節



ハッピースクエア(鴻巣・荒川河川敷)では今年もポピーが咲き出したようだ。週末に虫眼鏡(単玉)レンズで今年もシルエットを撮影しようと準備していた矢先、ドリス・デイのオビチュアリー。普段時計代わりに聴いているGolden Days Radio(ネットラジオ)のYesterday's Music Todayでも彼女は古き良きアメリカのアイコンだった。以下、2年前のブログ記事を再掲する(一部省略)。

----

虫眼鏡(単玉)レンズを装着したExakta RTL1000(Fujicolor 100):

CIMG4432.JPG 


和花とチューリップを撮影し、ポピー畑に向かった頃は少し陽が斜めになってきたので、逆光にポピーのシルエットを狙ってみた。首を垂れた蕾と薄く透き通った花びらは光をかざすと美しい。子供の頃テレビでよく観たドリス・デイ・ショーの逆光でのノスタルジックなオープニングシーンをイメージして撮る。


(The Doris Day Show (Season 1): Opening Credits)

----

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34461109092_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34581847176_o.jpg exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_33813189883_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_33780160084_o.jpg 

----

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34581873346_o.jpg exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_33780185744_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34237232950_o.jpg exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34461120122_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34461133982_o.jpg exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34461129232_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34581860306_o.jpg exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_33780179734_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34581868006_o.jpg exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34237240570_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34461140302_o.jpg

exakta-rtl1000-with-homemade-single-lens-using-a-x2-magnifier-lens--fujicolor-100-location-showa-commemorative-national-government-park--a-national-government-park-in-akishima-tokyo-may-3-2017_34237221090_o.jpg

(おわり)
posted by ihagee at 02:14| 日記

2019年04月30日

この一日を暮らす人々



天皇が代わろうとしている。時代も変わるとされ元号が改まり多くの人々に10連休が与えられた。

本当は何の区切りもなく過去から現在そして未来に繋がっているだけ。何だかんだと区切りを付けたがっているのは人間だけで、ほかの生き物は何の隔てもなく昨日から今日に生き続けている。

福島の原発事故から8年経った。あの事故を平成という過去に押し込めて風化させようとしているが、環境に暴露した放射性物質は消えることはない。百万年のオーダーの相手に8年など物の数にもならないのに、あたかも抗し得るかに大げさに振舞って、東京オリンピックで勝ち鬨をあげるらしい。

----

「人は疲れるけれど、放射能は疲れない」(作家・広瀬隆氏)

事故から程なくして、人生で一度と経験したことのないものすごい鼻血に見舞われた。その頃、勤め先の界隈(東京三宅坂)で植え込み(さつき)が全て真っ赤に枯死していた。

さつき1.png


さつき2.png


何も運動していないのに心臓がドクドクと突然と律動し、手足の関節が痛み、反射神経が鈍ったのか駅の階段を駆け下りることが怖くなった。自分の体の中の何かが小さな声を上げていたのだろう。今も時折その内なる声がする。

「何かがおかしい」と小さな声に耳を澄ますことすら許さない、大きな声を出す者が勝つ世の中になった。都合の悪いことを口にする人を黙らせ、都合の良いことばかりに同調させようとする圧力が凄まじい。

----

その同調圧力とわけのわからない狂騒の連休の中でも、黙々と雑誌を道端で売っている人々がいる。一冊350円、その内、180円がその人の収入となる。その雑誌の中に小さな声が充満していた。

rolleiflex-sl66-with-ttl-meter-finder--filmed-by-homemade-lens-using-a-x2-magnifier-lens-lomography-redscale-xr-50-200-location-wako-jurin-koen-wako-forest-park--saitama-september-3-2016_29480340551_o.jpg


THE BIG ISSUE JAPAN
2019 3.1 No. 354を買った。その表紙に元号などない。「ありがとうございます」ペコリと頭を下げ、清々しい笑顔を返してくれた。

(おわり)

posted by ihagee at 13:59| 日記

2019年04月21日

ノートルダムは「商売の家」なのか



パリ・シテ島のノートルダム聖堂が火災に遭った。

連日この報道が各メディアでなされている。
聖堂の再建(復旧)を含め文化遺産としての価値や観光資源としての観点からの報道が目につく。
大富豪からの寄付、焼け落ちた尖塔のデザイン公募等々。そして日本政府まで再建に手を貸そうとしている。近々フランスを訪れる安倍総理であれば、聖堂に赴き彼なりの言葉や約束をすることだろう。

----

これらの報道、寄付、日本人(日本国)としての関心の寄せ方について、信仰心の薄い私でさえある種の違和感を覚えざるを得ない。カトリックにプロテスタントの教典たる新約聖書のことばを当てるのは適当でないが、以下あえて引用する。

----

ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、鳩を売る者たちに言われた。「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言った。イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」それでユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じた。しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった。それは、すべての人のことを知っておられ、人間についてだれからも証ししてもらう必要がなかったからである。イエスは、何が人間の心の中にあるかをよく知っておられたのである。(聖書箇所:ヨハネによる福音書2章13〜25節)


Cleansing of the Temple

----

ノートルダム聖堂の火災で一体何が燃えたのか?何を建て直そうとしているのか、この聖書のことばに書かれている通りだろう。「しるし」にこだわり「商売の家」としか見えない人間の心。「だれからも証ししてもらう必要が(ない)」にもかかわらず、大伽藍の聖堂に「しるし」を求めること。何か間違ってはいないだろうか?

(おわり)

posted by ihagee at 14:57| 日記