2020年10月31日

50%超と大手メディアは喧伝するも2-3%台の支持率



内閣支持55%、不支持20%(NHK世論調査・10月13日更新)
内閣支持51.2%、不支持15.6%(時事通信世論調査・10月16日更新)
内閣支持52%、不支持22%(朝日新聞世論調査・10月18日更新)
内閣支持67%、不支持21%(読売新聞世論調査・10月18日更新)

----

内閣支持2.7%、不支持97.3%(過去一週間分「今日の内閣支持率」サイト・10月31日更新)
内閣支持3.8%、不支持96.2%(過去30日分「今日の内閣支持率」サイト・10月31日更新)

----

電話を介して大手メディアが「調査」すると50%超、ネット上の不特定多数の「投票」では2-3%台。「調査」は対象とする母数及び母集団に属性がある(電話という「調査」手法に時間空間的に派生する属性)。他方、左巻きだろうが右巻きだろうが誰もがいつでも自由に「投票」できるネット上の「投票」はそのような属性はない。しかし、大手メディアは頑なに「電話調査」を「ネット投票」に変えようとしない。

----

"菅義偉首相は30日の参院本会議での代表質問で、内閣支持率に関し、「支持率には一喜一憂しない。国民の声を謙虚に受け止め、国民のために働く内閣として期待に応えていきたい」と述べた。日本維新の会の片山虎之助氏の質問に答えた。首相は29日の衆院本会議の代表質問では、衆院解散についての考えを問われた際、「国民の政権への期待もそこそこにあると思う」と述べ、議場が一時ざわつく場面があった。”(産経新聞 10月30日配信記事引用)

----

2-3%台の支持率であれば一憂どころでなく即内閣総辞職。

しかし、「一喜一憂しない」、「国民の政権への期待もそこそこあると思う」(菅首相)支持率だそうだ。株価ですら官製相場(ヤラセ)で盛りに盛って、アベノミクスの成果とする位であるから、支持率も推して知るべし。

----

虚飾粉飾捏造+改竄廃棄+法秩序破壊+説明放棄等々、安倍政権から政道のマナーを引き継いで「一喜一憂しない」で済むようと世論調査についてもそれなりに悪心が働いても少しも不思議ではない。

となると、大手メディアの「世論調査」とネット上の「投票」が逆さの結果を示す、つまり、ネット上の「投票」は単刀直入(二択)で結果は有り体(ありのまま)とすると、電話調査はその逆、仕掛け・嘘があるということなのか?

大手メディアの世論調査に世論操作のための虚構を疑うのは私だけではあるまい(拙稿:安倍内閣支持率「支持しない」9割超)。

(おわり)


タグ:内閣支持
posted by ihagee at 13:06| 政治