2020年06月21日

Wolverine MovieMaker Pro 購入(続き)



wolverine_data_f2dmmpro_moviemaker_pro_8mm_and_super_8_1509628843_1371442.jpg

(Wolverine MovieMaker Pro)


前回記事の続き。

8mm フィルムのエアリアル・テレシネ(空中結像)化で紹介した手法と、Wolverine MovieMaker Proでのフレーム単位のスキャンを比較してみた。

1970年に開催された大阪万博(千里)を父が撮影した8mm レギュラーフィルムの一部分をWolverine MovieMaker Proでデジタル化し空中結像と比較:



Wolverine MovieMaker Proはデフォルトの設定のままスキャニングを行いパソコンでの後処理(色味)は一切行っていない。明部の抜けが少し悪いなどと先のブログで書いたが、先の空中結像の明部の抜け(が良いと思っていたこと)はレンズの収差の色ズレによるハレーションに過ぎず、Wolverine MovieMaker Proでの結果が格段に好ましいことが判明。分かった風な口をきくものではないと反省した。細部の緻密さは一目瞭然、ジッターは皆無(先の空中結像では映写機の機械的振動がそのまま記録されている)フリッカーは無論発生しない。映写機では秒間18なり24フレームで猛然とフィルムが搬送されるのでフィルムゲージにたちまち埃が引っ掛かって写り込んでしまうが(空中結像の場合)、Wolverine MovieMaker Proでは事前にフィルムを清掃しておけばその懸念は一切ない。

----

部屋を暗くし白壁に向けて父が自慢げに家族に披露していた映像のブレはいかにも8mm映画らしいと子供心に思っていた。しかし、これは映写機自体の振動であり、しっかりカメラをホールドして父が撮影していたと今回初めて判った。カタカタ秒間2フレームでスキャンする所々でスプライシングした箇所を通過する。スプライサーでフィルムを切ったり削ったり手際よく編集していた父の姿をセメントのシンナー臭と共に思い出す。

----

その大阪万博で父の関心事は建築設計技師という仕事柄、展示物よりもパビリオンの箱ものだったようで、ロボットなどアトム的世界との邂逅を期待していた当時小学生だった私は少し不満に思ったものである。

その近未来の展示物の中で未だ実現していないのが「人間洗濯機」だろう。三洋電機のパビリオンでのこの展示物は当時大変話題を呼んだ。


(1970年当時、スペインのアイドル歌手 Karina)

1970年のついでに、フラメンコの踊り子から一躍アイドルになった MarisolとPalito Ortegaのデュエット(曲はCorazón Contento)。元々Ortegaの持ち歌だが、キーを下げてカンタオーラらしいドスの効いたMarisolはその歌唱でOrtegaを完全に食っている。何度聴いても素晴らしい。





----

外見ばかりか心の内まで真っ黒に煤けた政治家や官僚たちを洗濯する機械はないものだろうか・・・

(おわり)


posted by ihagee at 11:17| 8mmフィルム