2020年03月29日

Canon AL-1 - 虫眼鏡(単玉)レンズ(その20)



今年はウイルス禍の影響を受けて、地元恒例の黒目川花まつりは中止となった。不要不急の・・とお上が言ったところで桜の下にござを敷いて遠慮がちに花見をする人もいる。例年よりも一週間早い開花だった。

Sigma DP2S(デジタル)とCanon AL-1(アナログ)で三分咲きの春を撮影した(撮影日:2020年3月21日夕刻)。

まずはSigma DP2S(ISO:100):

1 (1).jpg

3 (1).jpg

6 (1).jpg

8 (1).jpg

2 (1).jpg

4 (1).jpg

5 (1).jpg


RAWデータ処理ソフト(SIGMA Photo Pro 6.5.2)で「RAW現像」を行いJPEGで保存。35mm換算41mm相当の固定焦点レンズゆえに接写ができないが、Foveon X3の描写力は素晴らしい。しかし、本ブログはフィルムをモットーとするのでヘソを曲げて表現力をアナログに求める。

----

49708077806_bb8622bbeb_c.jpg


Canon AL-1(虫眼鏡レンズ)でのフィルム撮影作例(Kodak Ektar 100):

49708036842_13767933b3_c.jpg

49707183718_a54ac56b38_c.jpg

49707184053_1ae22c82e9_c.jpg

49708037812_69814c790e_c.jpg

49707717471_6d010f1517_c.jpg

49707184768_3692783091_c.jpg

49707184998_e3fa80b2ee_c.jpg

49708038502_c71302dcc0_c.jpg

49707185363_9aa4c0740f_c.jpg

49708039137_cff3ee3914_c.jpg

49707185898_57889e3b51_c.jpg

49708039537_464306d5f1_c.jpg

49707186328_eda0b6391c_c.jpg


春の和らいだ光を花びらに纏わせるにはフィルムの方が良い。デジタル写真でエフェクトをかければどんなイメージも容易に得られるだろうが、フィルムの流儀はそんな姑息な改ざんをしない。カメラもレンズも有り体に光をフィルムに当てるだけ。忖度をしないから失敗もやらかす。それが世の逆を行ってとても好きだ。

(おわり)

posted by ihagee at 19:04| Canon AL-1