2020年03月25日

父さんはどうしてヒトラーに投票したの?



”今、世界では、第二次世界大戦後の民主主義と社会福祉の時代が深刻な危機を迎えています。貧富の格差が拡大した社会では分断と亀裂が深まり、人々の不満と憤りを移民など弱者や近隣諸国への嫌悪へと転嫁させようとする政治家たちが支持を集めています。ヘイトスピーチやフェイクニュースが飛び交い、偏り誤った情報の中で人々は目先の利害を優先し、危険な一体感を煽る政治家に票を投ずるように流されがちです。”(『父さんはどうしてヒトラーに投票したの?』 今、同じ問いを問われて (湯川順夫氏・戦争ホーキの会 2020年3月23日付記事/ 「ちきゅう座」からの転載)


ディディエ・デニンクス (著), PEF (イラスト), 湯川 順夫 (翻訳), 戦争ホーキの会 (翻訳)

----

COVID-19感染で世界規模のパンデミックの只中、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証し(安倍首相)」などと言ってオリンピック開催を世界に発信し続ける日本。中国および中国人を蔑視しているつもりで「武漢ウイルス」「中国ウイルス」と言って憚らない世論。COVID-19をそう呼び変えることが人種差別となることすら思い至らない人々。しかし、結果として我々日本人を含む黄色人種脅威論=黄禍論を日本が自ら国際社会に焚き付けていることである。ウイルスに「打ち勝つ」は精神論であって科学の言葉でない。日本国=科学の樹のない国だと首相自ら世界に発信している。

たとえ、延期開催であろうとも「今オリンピックを語るか?」。メルケル独首相が世界戦争と喩えるCOVID-19禍にあってスポーツなどできようもない。矛を収め合うは人間同士である点に「人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会の確立を奨励」するというオリンピックの目的は戦時下にあっても意義を失わない(オリンピック憲章)。しかし、今般の世界戦争はウイルスとの戦いゆえ、オリンピックの目的ですら適わない。「ウイルスに打ち勝つ証し」など一つとしてオリンピックの目的ではなく、「人間の尊厳を保つ」為には、人の命をその証しに賭けてはならないのである。しかし、安倍首相は賭けに出た。それは多分に政治上の動機であって人命優先に立つものではない。

2020年東京大会はその招致の段階から不純な動機が付き纏っていた。人の不幸すら踏み台にし、不都合な事実はことごとく隠蔽(「アンダーコントロール」)し、スポーツ=平和などと大層な理念を掲げるが、出てくる話は全てカネ絡み・政治絡み。COVID-19禍にあって世界中で多くの人々が苦しんでいる只中、ウイルスに「打ち勝つ」などとスポーツを装ったビジネスに人の命を平然と賭ける。所詮、安倍政権の保身とカネ儲けの話ではないか。延期開催に喜ぶ人々は私に言わせれば隣人の最大不幸を尻目にスポーツビジネスなる賭け事にパイを重ね興じること。母屋が燃え上がって死屍累々たる有様なのにその玄関先で「おもてなし」と笑って祝宴を開こうとする理不尽に、道義的に心根が腐っているのではないかとすら感ずる。

----

『戦争の役に立たぬ音楽は今は要らぬ』の言葉通り、学徒を戦地に壮行する音楽、国民の戦意高揚に期する音楽が日比谷公会堂で奏でられることになるのである。今や年末恒例のベートーヴェンの<第9>も元をたどればこの時期の学徒壮行の為の音楽であった。東京大空襲で帝都の中心が灰燼と帰した中で奇跡的に戦禍を免れた日比谷公会堂にあって、窓の外は焼け野原・死屍累々のありさまにも、《歓喜の歌》を昭和20年6月迄演奏したとの記録が残っている。(拙稿「縁(えにし)の糸」)

《歓喜の歌》が「打ち勝つ証し」とならぬばかりか市民まで人間の盾にして無謀な戦いを繰り広げ(沖縄戦)、二つの原爆を喰らって敗けた。戦時に政治は何かと国民に一体感を煽るがその結果は常に市民の犠牲で贖われる。大会出場予定選手を含めアスリートはこの煽動に加担しているかもしれないと、延期開催に喜ぶ自分の姿を見つめ直すべきではないか?

----

東京都が主催者でありながら、安倍首相がIOC会長と「(延期開催に)100%同意」し、延期開催を以って自らの政権の終わりの花道としようと言うのだから、オリンピックはもはや安倍首相の私物と化している。延期開催は日本政府がIOCに提案したことになり(「開催国の責任を果たす」などと安倍首相が言う)、開催都市契約の契約上の当事者でもない日本政府は延期開催に係る問題全般の責任を負う立場となった(政府保証をIOCから求められることだろう)。都民のみならず、国民諸共、延期開催に賭けてしまった。これで開催できなかったら一体どうなるのだろうか?ウイルス禍が延期開催時にも終息していなかったら「世界はとんでもないことになっている。人間生活はなくなっているかもしれない。」などと森喜朗大会組織委員会会長は世界までオリンピックの道連れにするかに「(ウイルスを制圧する人間の)叡智」に過大な期待をかけている。ご町内の平和と安全がなぜか宇宙世界に拡大して「愛ある限り戦いましょう」と宣うポワトリンばりの荒唐無稽さ。その大層な叡智を言うのならそもそもご町内的都合たるオリンピック開催が前提である必要は全く無い。

”人工呼吸器は若い人にと、譲ったイタリア人神父、新型ウイルスで死去”(BBCサイト2020年3月25日付記事

アウシュヴィッツ収容所で餓死刑に選ばれた男性の身代わりとなって死んだコルベ神父同様、隣人の命を救うためオリンピックを時としては諦める覚悟がなぜできないのだろうか?その逆にオリンピックができなければ隣人共々世界ごと一緒に道連れ=冥土送りとはあまりにさもしい。オリンピックが人類にとってのレーゾンデートルなのか?世迷い言はいい加減にしてもらいたい。オリンピックや国際観光(インバウンド)が我が国の経済政策の主柱だからオリンピック開催中止はあってはならないと主張する者が大半だが、そんな危なっかしい水物に賭けなくてはならないほどこの国の製造業を中心とする産業力は凋落し国民の大半は貧しくなったということでもある。経済構造の根本的な問題や課題に取り組もうとせず、一発勝負・賭け事紛いのオリンピックにこの国の命運を委ねなくてならないその政治経済の貧すれば鈍する無分別ぶりが、"オリンピック命" と言わせるのである。1964年東京大会は高度経済成長で見事に復興した日本を国際社会にデビューさせる為の通過儀礼だった。オリンピック自体、当時は商業主義に非らずその儀礼的意義を十全に満たした。2020大会の "オリンピック命" ぶりはその逆に、目先の利害の成否に周章狼狽する日本の落日ぶりを象徴している

----

「小池知事が“世界中で団結して東京2020を実現させることがコロナに対する完全勝利の象徴だ”と言っていた。人類が共通の目的を持つことは良いことだと思う。そこで各都市で負担しあうとか、国際規模でのクラウドファンディングといったことがあっても良いのではないか」(クリエイティブクリエイターの三浦崇宏氏)

オリンピックが人類共通のウイルスに戦う目的になる、などとよくも臆面もなく言うものだ!オリンピックを買い被るのもいい加減にせよ、と言いたい。欧州で最も危機的な状況に陥っているイタリアに同じことを言ってみるが良い。「ふざけるな!」と一蹴されるだろう。東京2020実現などどうでも良いこと。今日明日の命を守ることで精一杯の人々、葬いに涙する人々に、”完全勝利の象徴だ(「完全勝利」なる表現も科学ではなく多分に政治がかっている)” などと東京の祭り事など持ち出す神経が疑われる。

「今オリンピックを語るか?」
口を噤めと言いたい。

----

東京都は開催権をIOCに返上し、オリンピックに投じた(投じる予定の)莫大な資源(財力)を競技にではなく国際社会全体の医療に充て、その意味に於いて「証し」を立てるべきであった。ウイルスを制圧し平和が到来した曉、東京都は開催都市に立候補すれば良い。これが叡智の最たる形である。これが国際信義というもの。オリンピックを開催せずともオリンピック憲章の「人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会の確立を奨励」する目的を果たすこと。人の命を賭けずに(=オリンピック開催)ウイルスに対処する無手勝流というもの。ゆえにオリンピック開催自体は ”勝利の象徴" である必要は全くない。そんな勿体をつけたりせず、その開催に使う資源(財力)を命を救う為の活動に何気に差し出せば良い。

----

ところが、今の有様は何だろうか?聖火を後生大事と有り難がり、民衆にかしずかせるに至ってはもはや滑稽を通り越して狂気さえ感じる。

”目先の利害を優先し、危険な一体感を煽る”、その先にどういう国家が立ち現れるのか?安倍政権の支持率は下がるどころか上がっているとマスコミが母数も僅かなアンケート調査を元にして喧伝している。『父さんはどうしてヒトラーに投票したの?』と後々、子供たちに言われるような結果にならないよう、国民的な高揚と陶酔が感動的であればあるほどそれがいかなる方向に向かっているか、冷静な監視眼を我々は持たなくてはならないだろう。



(おわり)

追記:
”イギリスの家電大手ダイソンは、新型コロナウイルス対策として、新しいタイプの人工呼吸器を開発すると発表した。国民保健サービス(NHS)に供給する。サー・ジェイムズ・ダイソン率いる同社は声明で、政府の支援要請に応えたと述べた。ダイソンは、ケンブリッジに拠点を置く医療機器企業「ザ・テクノロジー・パートナーシップ(TTP)」と協業し、「有用で時宜にかなった製品」を開発すると説明。”(BBC News Japan 2020年3月25日付記事

これこそ「叡智」。命を救う活動を率先し社会的使命を担おうとしているダイソン。我が家のパワフルなサイクロンに思わず敬礼した。それに引き換えトヨタは一体何をしている!オリンピックに指を舐めて算盤玉を弾いている場合じゃないだろう。

posted by ihagee at 04:19| 日記