2019年12月21日

マツダ・デミオ XD Touring (2WD/AT 2016年改良モデル)- その11



「多少私なりにカスタマイズを施した」前回ブログ記事の続き。

1. シグネーチャーウィング
demio3.png

新世代マツダ車の特徴デザインであるフロントグリルの下側から左右のヘッドランプへとつながる翼のような造形のこと。

フォグランプのベゼル共々メッキ処理されている。このメッキは個人的に好みではない。特にフォグランプのそれは ”ほうれい線" に見えて仕方ない。そこでこれらをブラックアウトすることにした。シグネーチャーウィングとフォグのベゼルは共にバンパーの内側からねじ止めされているので、塗装するにはバンパーを外してそれらを取り出さなくてはならない。外すにはかなり面倒な作業が必要な上、塗装が失敗するなどで現状に復元する可能性も考え、ウィングとフォグベゼルは新たに購入しそれらに塗装を施し、車検に合わせてディーラーに取り付けを依頼することにした。

シグネーチャーウィングとフォグベゼルは純正新品のもの(左右)を"モノタロウ" サイトから購入することが可能。しかし、前者は7千円と高価なのでフォグベゼル(左右)のみ新品を購入した(左右で約3千円)。シグネーチャーウィングは"メルカリ" サイトで「訳あり」品を3百円で購入。左右共にヘッドランプに近い部分に3cm程の亀裂があり、それが「訳あり」の所以だった。

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

(冬場ゆえ、スプレー缶は温水を張ったタブに浸けガス圧が低下しないようにした)

シグネーチャーウィングの亀裂は瞬間接着剤で仮留めし裏から金属パテで補強。シリコンオフで脱脂後、ミッチャクロンとプレサフを重ね吹きしアンダーコートを行う。プレサフを厚目に吹いた状態で亀裂目を中心に全体がツルツルになるまで水ヤスリで均し、ガンメタリック色のホイルカラーで塗装しその上から2液式のウレタンスプレー(クリア)でコート。 一週間程置いて塗装を馴染ませた後、水ヤスリで磨き上げた(フォグベゼルも同様)。光にかざすと亀裂目が視認できるが遠目からは判らない程度。ウレタンコートのしっとりと美しい光沢で出来栄えはまずまず。

車検時、ディーラーに取り付けを依頼。ところがシグネーチャーウィングは取り付けできなかった。亀裂修復箇所が撓んでバンパーに留めることができなかったとのこと。フォグベゼルのみ取り付けとなった。

シグネーチャーウィングはデザインだけでなく衝突事故時(特に対人事故)には簡単に折れて衝撃を緩和する働きがある。簡単に折れるよう特定の箇所にテンションがかかる構造設計になっているようだ。従って、私が購入した「訳あり」品は、テンションが解放された状態。故に接着しても元の状態と比較して撓んだ状態になっていたということらしい。シグネーチャーウィングはたとえ安くとも「訳あり」品を購入してはならないと学習した。

----

シグネーチャーウィングは現状復帰でメッキのまま。それでは矢張り面白くないのでバンパーを外すことなく周囲をマスキングして直接塗装することに決めた。この状態ではアンダーコートなどの通常の塗装工程は採れない。そこで "FOLIATEC (フォリアテック) スプレーフィルム 400ml (ガンメタリック)" をアマゾンから取り寄せた。これはラバースプレー、つまり “剥がせるスプレー"として評価とともに値段も高いドイツ製品だった。失敗したら剥がして再度塗工することが可能な上、速乾性且つ塗りムラが起きにくいということ。

5.jpg

6.jpg

風のない日に住居マンションの共用洗車場を借りそこで厳重に養生を行った。シリコンオフで脱脂した上から全体に薄くスプレーを行う。最初はメッキ面に塗料が撥ねて定着しないが、二回三回と重ねてスプレーすると次第にしっかりとした塗膜が形成された。2時間程乾燥させてからマスキングを外す。この際、マスクの境目の塗膜はカッターで切れ目を入れておく。さもなければマスキングテープ共に塗膜も持ち上がって剥がれてしまうからだ。出来上がりはまずまず。フォグベゼルとも色調が揃っている。自動洗車機にかけると場合によっては剥がれてしまうとの報告もあるので少なくとも次の車検までは手洗いとなりそうだ。

SDIM0732.jpg

SDIM0733.jpg

SDIM0734.jpg


2. マフラーアーシング
ディーゼル車はカーボンとの戦い。導電性質のカーボン(炭素)は静電気を発生させる。マツダに限らず最近の車はボディの帯電を路面にタイヤを介して放電しているそうだ。

”タイヤゴムの主成分であるカーボンブラックに電気を通す性質があるうえ、一般的なタイヤにはスチールも内蔵、基本的には走行しているだけで放電されている” 

排気系もその導通系にあるが、マフラー末端は吊りゴムでぶら下がった状態で静電気が溜まりやすい(「電気的に浮いている」と言われる)。静電気によって排気効率が落ちることも考えればマフラーアーシングはした方が良いだろう。 "Daikei(大恵産業) マフラーアースキット 空中放電 30パイ~79パイ ME01" なる商品をアマゾンで購入した。


この商品の売りは放電索にある。飛行機に取り付けられ、飛行中機体に蓄積する静電気の電荷を空中へコロナ放電する装置とマフラーアーシングをハイブリッドした商品ということ。放電索だけだと、どことなくオカルトチューンっぽい雰囲気もあるが、ボディーアース用のメッシュワイヤーも付属しているのでマフラーアーシング自体に手抜きはない。


(みんから・パーツレビューから写真引用)

イカ釣りのヤエン針のような先端形状が放電索。引用写真のようにマフラー末端にイカ釣り針を見せるのはどことなく気恥ずかしい。そこでリアバンパーの内側空隙に立てて収めた(空気が流通していれば放電索を寝かせようが立てようが構わない)。引用写真のように路面と平行に設置した場合、この先端部が走行時の振動や、路面で「イカならぬ」何かを引っ掛けて落下したとかなど "みんから" の商品レビューもあって、立てて取り付ければ少なくともその可能性は少なくなると考えた。ボディーアース用のメッシュワイヤーは触媒とマフラー後方の遮熱板のボディとのM6取り付けボルトに噛ませた。

2.jpg

3.jpg

マフラー末端とボディが導通しているかテスターで確かめた。後方ドアのストライカー部金属とマフラー末端との間は抵抗値がないのでマフラーに関して接地が為されたことが確認できた。
4.jpg


マフラーアーシングの実際の効果の程は、そもそもテスターで知ることはできない。静電気を帯びているか否かを知るには非接触計測の静電電位測定器が必要となる。業務用の測定器は高価ゆえ、マイカーの静電気対策での効果測定はもっぱら体感(主観)に傾きやすい。車好きなら知っている「トヨタの "オカルトチューニング" 」もその効果測定は空気性能改善(コロナ空中放電によって樹脂部品の表面と空気との間に斥力が無くなること)に伴う燃費向上数値もあるが、静かさや乗り心地などの体感が混ざってゆえに非科学(オカルト)の領域がある(拙稿「マツダ・デミオ XD Touring (2WD/AT 2016年改良モデル)- その2」)。

3. デジタル静電電位測定器 FMX-002 シムコ静電気測定器
体感に自信がない(鈍感である)私としては、静電気は計器を使って測定したい。そこでヤフオクで中古美品を購入した。型落ちであるが新品で購入すると8万円近くするものが1/5以下で購入できた。
スクリーンショット 2019-12-21 15.48.26.png

(FMX-002 シムコ静電気測定器)

アース線でゼロ調整を行い帯電物に赤いLEDの二つのフォーカシングリングを照射し、同心円が重なる距離(25mm)で測定。30分程車を走行させエンジン・アイドリング状態で測定を試みた。
1 (8).jpg

(駐車場構造物の鉄部にアース線繋げゼロ調整)
1 (14).jpg

(測定時・曇天湿度48%)
1 (9).jpg

(アーシングを施したマフラー末端:帯電無)
1 (10).jpg

(タイヤ側面:帯電無)
1 (2).jpg

(シリンダーヘッドカバー:帯電無)
1 (3).jpg

(ラジエータキャップ:-0.29kV=-290V帯電)
1 (1).jpg

(給油口ボディ側面:+0.02kV=+20V帯電)
1 (4).jpg

(グローブボックス蓋:-0.23kV=-230V帯電)
1 (5).jpg

(サイドギヤ周囲:-0.45kV=-450V帯電)

----

マフラー、ボディ側面、エンジン内部のプラスチック部分は帯電していないが、ラジエータキャップ、グローブボックス蓋とサイドギヤ周囲ではそれなりに数値が測定された。吸気抵抗があるラジエータ、ヒューズボックスの上のグローブボックス、電装系が集中するセンターコンソール周りなどは常に電荷があるからだろう。この辺り静電気対策を施せば良さそうだ。

----

1 (6).jpg

(助手席背もたれ部:-0.15kV=-150V帯電)
1 (15).jpg

(化繊のカーディガン表面:-6.5kV=-6500V帯電=静電気ショックレベル)

化繊のカーディガンを羽織り靴(ゴム底)を履いていれば、曇天湿度48%でもバチっと来る程、帯電する。冬場(乾燥時)、車のドアノブに触れた瞬間バチっと来るのは車ではなく人間が帯電している為。車自体の帯電と勘違いし易い。

4. エンブレム
デミオ シリーズはMazda 2となり、デミオ なるペットネームが消えた。「マツダの救世主」と呼ばれたデミオ を捨て、グローバルの名称はデザインの統一を伴うブランディングの一環なのだろう。マツダ車は個別のペットネームでなく、MAZDAと総じて呼ばれたい(在るのはクラス名のみ)、というドイツ車(Benz, Audi)と同様のマツダのブランド戦略が伺える。

そこで、我が愛車も リアのエンブレム・バッジ類(通称 "カモメ" のエンブレム、DEMIOペットネーム、SKYACTIVE TECHNOLOGY D)を全て取り外し、Mazda RX3 に使われていたMAZDAのロゴバッジ(複製品)とPEUGEOT Diesel 504に使われていたDieselバッジ(オリジナル)を付けた(それぞれeBayで入手)。ホルツ エンブレム取り外しキット(アラミド繊維+剥離液)で簡単に外すことができたが、"カモメ" のみがエンブレム跡が薄っすらとボディに残り、キットに付いていた剥離液を含ませたウエスでいくら擦っても消えない。そこでポリッシュで困った時はGLANOL。金属磨きの定番GLANOL(ドイツ製)を少量ウエスに取って磨き、綺麗に消すことができた。実に頼もしい。
12.jpg

13.jpg

(3Mブチル強力両面テープを貼り付ける)
SDIM0709.jpg

SDIM0738.jpg

Mazda RX3 に使われていたMAZDAのロゴバッジ(複製品)とPEUGEOT Diesel 504に使われていたDieselバッジ(オリジナル)は共にメタル製(アンチモン)なので可撓性がありボディの曲面に沿わせることができる。そしてメタルならではの風合いがあって好ましい。
SDIM0716.jpg


5. ドリンクホルダー
SDIM0717.jpg

センターコンソールのドリンクホルダー中敷にサイアノタイプのUV光源として一時期使用していた中華製(Focuspet)のライト(懐中電灯型)のレフレクターを再利用した(拙稿「サイアノタイプ - その8(引き伸ばし機)」)。この砲弾型LED球を使ったライトはサイアノタイプ目的では、UV光の寿命が短く使い捨て状態にあったが(高寿命のSMD UV光源を今は使用している)、お払い箱のライトのメッキレフレクターの外径がぴったりドリンクホルダーに合うことに気付き再利用となった。

他に数点、小技を施したがそれらは次回。

(おわり)
posted by ihagee at 15:59|