2019年12月05日

アマンとマハトマ(平和と偉大な魂)/ 続き




ペシャワール会中村哲医師の訃報。

「アマン(平和)」を希求し実践し、戦争に戦うがゆえの最期だった(拙稿「アマンとマハトマ(平和と偉大な魂)」)。

スクリーンショット 2019-12-05 17.47.37.png

”これはもう、一つの戦いでありましょう。皆を突き動かしているのは「平和な生活」です。”

----

“日本政府が経済進出をもくろんで、数千億円だったかの資金をつぎ込み、しかも憲法に違反する自衛隊まで派遣して、やっている現地開拓事業は一向に効果をあげえず、逆に中村さんたちがカンパを元手に細々とやっているボランティア活動での水路開拓(周囲には日本の伝統にならって、柳の木を植えているとか)はすごい成果をあげているということ。このアフガニスタン内部の紛争の原因は、国内に蔓延する貧困にあるという考えからこういう活動をやっているということ、それ故、タリバンだろうと政府軍兵士だろうと、誰でも負傷者は受け入れて治療しているし、そのままそこにいついて共同で働くことも承認しているとのこと、等々。こういう報告をスライドで映写しながら淡々と報告されていた。ささやかだが、当日の参加費、カンパなどは全て中村さん経由でペシャワール会に差し上げた。確か、50万円は超えていたように記憶している。その後、生方先生から中村さんが大変喜んでいたという報告を受けた。中村さんは、アフガニスタンでこういうこと(ご自分が死傷する)が起きうるということを最初から覚悟しておられたようだった。たとえ、自分が襲われても、決してこちらから反撃はしないと言われていたようだ。”(「中村哲(ペシャワール会)医師の訃報に接して」ちきゅう座会員合澤清氏記事から引用)

-----

敵味方を峻別し、武器を以て「殺す」こと(先制攻撃も含め)が前提の覇権主義に日本政府は憲法を勝手に解釈し、数千億の資金をつぎ込み傾斜する。「蹶然起て」と敵愾心を煽り、独立解放の美辞美名の下、軍事・経済派遣を進めた嘗ての「アジア幻想」の再現ともなり兼ねない。

片や、市民からの幾ばくかの浄財に心から感謝し、敵味方なく傷ついた者を助け、たとえ「自分が襲われても、決してこちらから反撃はしない」と、命を賭して「アマン(平和)」を希求し実践した中村医師。頭の中だけの美学ではない「実践」はそうそう誰にもできることではない。「決してこちらから反撃はしない」は、即ち、一方的に死を覚悟しなければならないからだ。それも平和の為に。

----

“「この戦争は間違っているとうすうすながら分かっていたにもかかわらず、沈黙して特攻隊員にまでなった。死ぬ覚悟をしてるのに、なぜ死ぬ覚悟でこの戦争に反対しなかったのか。時代に迎合してしまった。私のまねをしちゃいけないよ、と今の若い人に伝えたい」”(「元特攻90代兄弟の証言」)

死ぬ覚悟で戦争で戦う(武力主義)のではなく、死ぬ覚悟で戦争に戦うことを(平和主義)、この兄弟は伝えようとしている。憲法に謳う平和主義とはそういうことである。

----

「その仕事は偉大な人のものとなることであると信じています。(映画「アマン」でのバートランド・ラッセル卿)」

死ぬ覚悟で戦争に戦うかに、平和な生活を求めて紛争の元となる貧困を解消すべく、中村医師は水路開拓事業を率先実践した。

中村医師は「人たる」仕事を為した。これは、日本人としてではない、アジア人としてでもない、「人として」偉大なのである。

今の若い人には、「人として」偉大な人、そういう人を志して欲しい

(おわり)


posted by ihagee at 17:57| 日記