2019年12月02日

マツダ・デミオ XD Touring (2WD/AT 2016年改良モデル)- その10



先月車検を行った。昨年の11月初めに中古車として入手して1年経っている。

納車時から6月目にディーラーから6ヵ月点検の案内が来ていたが何かと忙しく点検に出さずに乗ったせいか、10月に入ってからメーターにレンチ表示灯が点灯した。レベルゲージを引き上げてみると、適正上限(○)を超えてxマークとの中間値のエンジンオイル液量を示していた。DPF再生の間隔が夏場を過ぎてから短くなったので再生で燃え残った軽油が混入する量が増えたということなのだろう。ガソリン車に乗り慣れていると、メーターの表示灯(警告灯)の類はエンプティランプ以外は普段目にしないだけに点くと驚く。

平日預け・受け取りのディーラー車検の場合は週末の場合に比べて多少安くなるということで、木曜に預けて翌水曜に受け取るということになった。現行より一世代前のCX-3(ディーゼル・走行距離約14000km)を代車として借りる。デミオベースのクロスオーバーSUVである。車高が高く外観は明らかに一つ車格が上に見えるが、インテリアはデミオ と然程差がない。

そのCX-3。僅かの間乗っただけであるがデミオ XD Touringとは以下の点が違いとして印象に残った(あくまで主観)。
1. 静か(路面からのノイズ)
2. 多少うるさい(エンジンから車内に入り込む音)
3. 効かない(ブレーキ)
4. おっとり(挙動)
5. 鈍い(低速でのトルク)
6. 良い(運転視界性)

デミオ がツッカケに喩えれば、CX-3はスニーカーだろう。しかし、車としての操作感や路面からの情報(ノイズも含めた)の多さはデミオが勝っていた。足や掌に伝わるエンジンの振動(振動数)が感覚的に心地良いのはデミオ の方なのかもしれない。しかし、この辺りは個人の主観でありCX-3のあらゆる走行フェイズを試したわけではないので、世評通り「デミオ よりも良い車」なのだろう。以前試乗したCX-8の時はあまりの違いにデミオ は比較にすらならなかったが、その意味ではCX-3は比較軸の延長である。

----

車検と併せて、ディーラーオプションのウエルカムランプを取り付けてもらった。これはドア開閉時にボディ両サイド下(全後部二箇所)で路面を照らすLED照明である。乗降時足元を確認することができる点、ドア下のカーテシーランプと同じものだが、デミオ にはカーテシーランプが元々装備されていないのでこの際付けてみた次第である。

昼間では点灯しているのか全く判らないが、夜間では乗降をサポートするに足る明るさ。実用的なオプションであるが選択する人は少ないようだ。いきなりパッと点灯消灯するのではなく、フェードイン・アウトするという演出も心憎い。



加えて、お決まりのメンテでパックを契約。

----

デミオ シリーズはMazda 2となり、デミオ なるペットネームが消えた。「マツダの救世主」と呼ばれたデミオ を捨て、グローバルの名称はデザインの統一を伴うブランディングの一環なのだろう。フロント周りの形状は大幅に刷新された。値ごろ感のあったデミオ と比べ、3ナンバークラスの価格帯のMazda 2はもはや「救世主」を必要としないマツダの昨今の強気ぶりを象徴しているのか。しかし、その代表格たるMazda 3が評価は高いものの売れ行きが芳しくないとも聞く。

そのMazda 2のフロント周りは大人すぎて、七五三の衣装というか、どことなく「とっちゃんぼうず」風でコンパクトカーの図体には不釣り合いに思えるのは私だけだろうか?デミオ DJのスパルタンな風貌が好ましい。

車検から上がったデミオ 。車いじりは趣味ではないが、多少私なりにカスタマイズを施した(以下写真:Sigma DP2Sで撮影)。詳細は追って記事する予定。

SDIM0732.jpg

SDIM0733.jpg

SDIM0716.jpg

SDIM0737.jpg

SDIM0738.jpg


(おわり)

posted by ihagee at 03:03|