2019年10月31日

理念なき狂騒(三方一両損の方策)



大会組織委員会とIOCが東京都に対し、移転をまとめるための「3条件」を協議、と報じられている。

先の記事で触れた開催都市契約上の関係、記事中で引用した弁理士の見解の通り、東京都とJOCが設立した組織委員会が、東京都のエージェンシーではなくIOCのエージェンシーとなっている構図が浮かび上がった。

オリンピックのマラソン・競歩の札幌移転に伴い、都側に提示する条件として組織委とIOCが協議したのは「都の費用負担なし」「暑さ対策による他競技の移転なし」「パラリンピックのマラソンは東京開催」の3つだそうだが、東京都が「(暑さ対策はできるから)移転はけしからん」と言った手前、「暑さ対策による他競技の移転なし」「パラリンピックのマラソンは東京開催」をIOC側から切り出されてしまった。

----

東京都は2020年東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催案を巡り、都に寄せられた741件の意見の中で賛否を示す417件のうち88%に当たる368件が札幌案に反対する意見だったと明らかにした。

”都によると、移転案が明らかになった翌日の17日から24日に電話やメールで寄せられた。リサーチ会社を通じて22、23日に都民約2000人を対象として実施したアンケートでは賛成36%、反対32%で拮抗(きっこう)。都に十分な説明がないまま会場変更が発表された経緯は76%が「妥当ではない」とした。開催費用については「IOCが負担すべきだ」が50%で最多だった。”(日刊スポーツ2019年10月27日記事引用)

----

「マラソン札幌移転案、東京都への意見は88%が反対」なる都民の意見。わざわざ意見を都に伝える人の数を以って都民の総意にはならない。しかし、都側がこの数字にこだわり「暑さ対策はできる」と繰り返すばかりに、IOCから言質を取られ小池都知事は却って身動きできなくなっている。

オリンピックのマラソン・競歩の札幌移転を承認し、「暑さ対策による他競技の移転なし」「パラリンピックのマラソンは東京開催」を受け入れれば、他競技のアスリート(特に外国人選手)から反発が出ることが予想されるが「暑さ対策」以外の他の理由でもない限り、東京都は他府県への競技移転を切り出すことはできない。

来年の開催直前に都知事選が控えており、小池氏としてもIOC(およびIOCのエージェンシーである組織委員会)の判断に一方的に屈する姿勢は避けたい。オリンピックのマラソン・競歩の札幌移転を撤回し東京に戻すには開催時期を秋にずらすことをIOCに求めることしかないだろう。

----

「暑さ」なる要因で、開催都市たる東京都が「対策可能」と言い張るには限度があることをIOCは見透かしている。開催時期を秋にずらしオリンピックのマラソン・競歩を東京に戻すことが落とし所だが、そうIOCに決断させるにはどうしたら良いのか?

オリンピック関連商標の違法ライセンスを理由に、違法状態を解消するには三方一両損が必要で、秋に開催時期をずらすしかない・・と単刀直入に都側が切り出せば、この理由に勝る理由はないかもしれない。この三方一両損の方策は、柴大介弁理士が「オリンピック関連登録商標の違法ライセンス問題の解決策」パテント 2019 Vol. 72 No. 10)で述べている点である。

商標法など法律に違反する行為をIOCファミリー(IOC, JOC, 組織委員会)は重々知りながら(拙稿「国際オリンピック委員会への手紙」「国際オリンピック委員会への手紙(日本語訳)」で述べた通り)、違法状態を野放しにするばかりか幇助している。商標権侵害であることを知りながらエンブレムなどを使用しているスポンサー企業や商品化権なる商標法外の概念の下で使用させている者など、違法と知りつつ犯罪を行う合意は未遂であってもその合意時点で共謀罪が問われる状況である(ライセンス契約時点)。況してや、違法行為を実行すれば刑事罰を科される。「これがなければオリンピックを開催できない(安倍首相)」の共謀罪がこと、オリンピック関連商標の違法ライセンスではブーメランのようにはね返ってくる。「アンダーコントロール」なる嘘から始まったオリンピックゆえの落とし前なのだろう。

----

東京都も違法ライセンスの片棒を担いではいるが、IOCファミリーに比べれば加担の程度は低い。従って、オリンピック関連商標の違法ライセンス・違法状態をIOCとの交渉で切り出し易い立場にあるのではないだろうか?

三法一両損


オリンピック関連登録商標の違法ライセンス問題の解決策」パテント 2019 Vol. 72 No. 10)中の三方一両損の方策を小池都知事が考慮し、開催都市としての意地なり矜持をIOCに示してもらいたいものである。

天一坊ならぬIOCの正体を暴いて大芝居を打つことができるか・・。



(おわり)

posted by ihagee at 02:46| 東京オリンピック