2019年05月27日

誑惑なる美しい調和



今の元号、英語にすると「beautiful harmony(美しい調和)」だそうだ。しかし、この元号はその漢字の青白い佇まいからして「令」を以て「和衷協同」すべし(拙稿『「れいわ・澪和」と書く』)、その「和」とは平和の「和」などではなく、国家と国民の間の釣り合い(和)の意味だろう。

平和の「和」とは、戦争をやめて平静になること(和平)意味し、戦争放棄を憲法で誓ったわが国に於いては戦後74年に亘って続く平静な状況を意味している。先の元号「平成」はその意味を退位した天皇と共に象徴していたのかもしれない。

----

しかし、昨今の国会議員の戦争発言や、専守防衛と言いながら先制攻撃用兵器や空母の増強を図る政府の防衛大綱からは、平静になるとは反対の方向に結束して突き進む政治思想が見え隠れしている。結束=ファシズムゆえに民主であっては困るのだろう。経済産業界の新自由主義を標榜しても民主主義は「混乱・悪夢」と「民主党時代」と重ね合わせて唾棄するところなど、ひと昔前の自由民主党でもない。

つまり、自(俺様)党となって、国民は由らしむべし(従え)とばかりに、理由や根拠など一々国民に説明することなどどうでも良いからとにかく一方的に法律を作って国民に守らせればよいという政治原理が働くようになった。曰く「民は由らしむべし,知らしむべからず」である。ゆえに現政権の下、字面は「民は由らしむべし,知らしむべからず」通りの元号となった。後付けでさも美しげな解釈を加えようと、漢字は我々に正しくその本来の意味を「知らしむ」のである。「令」は「神意に・ひざまずく人」の 会意以外の何ものでもない(「令」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習 - OK辞典)。

----

首相に個人的に親近感を抱く人々に共通する人物評は「人たらし(ひとたらし)」である。「人たらし」とは相手の心を掴む術に長けているということ(夫人も)。芸人の取り巻きが多いのもその「人たらし」ぶりで共感し合うところがあるからだ(拙稿「芸人」)。半面、政治的に(個人的にも)嫌悪感を抱く人々にとってはそれは「人誑し(ひとたらし)」である。

「誑」は誑(たぶら)かす、つまり、嘘を言ったり誤魔化したりして人を騙すこと。「誑」は仏教の煩悩の一つで、「欺瞞。自分だけの利益や世間の評判(名聞利養)を得ようとして、様々なはかりごとを心に秘めて、自分が徳のある人物であると見せかける偽りの心である。」(wikipediaより)

「人たらし」から「人誑し」へと首相夫妻への人物評を一転させたのは籠池夫妻ということになる。

----

「今だけ・カネだけ・自分だけ」と自分たち(一部階層)だけの利益を得ようとし、何事でもしゃしゃり出て名聞を求めようとし、「はかりごと」は「民に知らしむべからず」とばかりに秘密交渉に徹する姿を見せつけられては、少なからぬ国民が抱く人物評は「人誑し(ひとたらし)」だろう。

得意と自認する外交は「人たらし」全開で、個人的関係と国家の関係があたかもイコールだと勘違いしているようだ。トランプ米大統領はそのプラグマティズムゆえに「人誑し」を堂々と行うゆえ、自ら「人たらし」である必要がない。

トランプ氏をポピュリズム(無定見)の旗手のように錯覚してはならないだろう。彼はそのビジネスマンとしての資質からもその政治信条はプラグマティズムに立脚している。因果の論理的整合がなければはっきり「ノー」と言い、あれば周りが反対しようが「イエス」と言うだろう。「多数が良いとするのが良い」という無定見さに陥らない。翻って我が国の首相は「この道」しかないと<果>しか言わない。因たることはどうでも良いのだろう。アベノミクスにみるように、その<果>が逃げ水のように遠ざかるのも過去との連続性に立って<因>を見究めようとしないからである。過去から積み上げてきた歴史観の継続性をスパッと断絶し<因>を頑なに見ない姿勢にある。政権に都合する輿論(「この道」)を官邸内で醸成し、政権側にべったり与させたマスコミを使ってそれを増幅拡散し、いつの間にか見かけ上(ネット上)の世論にする術まで身につけている。その世論を自製する術こそ新しいが、その本質は従来型の「ポピュリズム」の政治家である(拙稿「プラグマティズムとポピュリズム(トランプ氏考)」)。

----

プラグマティズムとポピュリズム、しかし、この二人の共通点は、普段、誑(たぶら)かすことばかりしているうちに自らの心までも誑(たぶら)かすからこそ、何の躊躇いもなく嘘を付くことができるようになったことだ。

その誑(たぶら)しには安易に惑わされないのが米国の多様な国民性である。ファクトチェックや政権批判が公然とマスメディアで展開される。他方、我が国は、誑(たぶら)しに大いに惑わされる国民性である。我々の関心を政治に向けさせないことを目的として、意図的に愚民化させるという政策=「民に知らしむべからず」にマスメディアは大いに貢献し、我々はすっかり誑惑されてしまっている。

「人誑し」が「人たらし」にしか見えない愚かな人々が増えてきた。「美しい調和」などと英訳される元号の下で。

(おわり)

posted by ihagee at 18:17| 政治