2019年05月12日

国際オリンピック委員会への手紙(日本語訳)



国際オリンピック委員会(IOC)への手紙(2019年4月21日付で国際郵便にて発送され4月25日付でIOC本部=スイスに配達確認済)の写し(添付物共)一式がPDF形式でネット公開された(英文公開書面・拙稿「国際オリンピック委員会への手紙」)。IOC・トーマス・バッハ会長に宛てたこの手紙の差出人はIOCの登録商標「五輪」について特許庁に異議申立を行った柴大介弁理士である(拙稿『IOCの登録商標「五輪」についに異議申立』)。





----

その英文の手紙の参考訳も柴弁理士によって公開された(「バッハIOC会長への手紙(参考和訳)」・)。


国際オリンピック委員会(IOC)への手紙 / 参考和訳

----

「その使用について違法性や不法行為の可能性が極めて高いオリンピックに関連した登録商標に基づく日本国内でのライセンス活動について、貴殿は直ちに中断することを決定し大会パートナー/スポンサーを含む関係者にその旨指示することで、それら関係者による商標権侵害を含む不法行為が続くことを防ぎ、関係者と共に可能な解決を求めてこの問題の「深刻さ」に果敢に取り組むものと私は確信しています。 」(訳文より)

----

改元、そして新たな時代の幕開けに(私にとっては何ら新たな時代ではないが)、違法・不法(作為義務を果たさず、未だに不作為を決めこむこと)を持ち込んだオリンピック関係者と政府。

2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会は国ぐるみの犯罪を前提に開催されようとしている。

このまま犯罪を見逃せば、新天皇の顔ばかりかこの国の信用に泥を塗ることになる。立憲主義・法治国家へのレッドカードが突きつけられているこの大問題。未だ知らない人々にお知らせ願いたく(以下、QRコードで和訳を呼び出すことができます・拡散希望)。


qr20190501072644291.png


Twitterでは以下の文章を以って国際社会にこの問題を発信していただければ尚幸甚です。

Pls. share the awareness of legal issues (licensing activities of olympic-related trademarks by the IOC family are illegal without doubt, and undermining the rule of law in Japan!) posed by Open Letter to the IOC (attn: Mr. Thomas Bach, President)! https://drive.google.com/file/d/1-b762Myg4849WtZ1tm4fDfy_G5fuvVr6/view Your retweet welcome!

(おわり)

posted by ihagee at 08:53| 東京オリンピック