2019年04月30日

この一日を暮らす人々



天皇が代わろうとしている。時代も変わるとされ元号が改まり多くの人々に10連休が与えられた。

本当は何の区切りもなく過去から現在そして未来に繋がっているだけ。何だかんだと区切りを付けたがっているのは人間だけで、ほかの生き物は何の隔てもなく昨日から今日に生き続けている。

福島の原発事故から8年経った。あの事故を平成という過去に押し込めて風化させようとしているが、環境に暴露した放射性物質は消えることはない。百万年のオーダーの相手に8年など物の数にもならないのに、あたかも抗し得るかに大げさに振舞って、東京オリンピックで勝ち鬨をあげるらしい。

----

「人は疲れるけれど、放射能は疲れない」(作家・広瀬隆氏)

事故から程なくして、人生で一度と経験したことのないものすごい鼻血に見舞われた。その頃、勤め先の界隈(東京三宅坂)で植え込み(さつき)が全て真っ赤に枯死していた。

さつき1.png


さつき2.png


何も運動していないのに心臓がドクドクと突然と律動し、手足の関節が痛み、反射神経が鈍ったのか駅の階段を駆け下りることが怖くなった。自分の体の中の何かが小さな声を上げていたのだろう。今も時折その内なる声がする。

「何かがおかしい」と小さな声に耳を澄ますことすら許さない、大きな声を出す者が勝つ世の中になった。都合の悪いことを口にする人を黙らせ、都合の良いことばかりに同調させようとする圧力が凄まじい。

----

その同調圧力とわけのわからない狂騒の連休の中でも、黙々と雑誌を道端で売っている人々がいる。一冊350円、その内、180円がその人の収入となる。その雑誌の中に小さな声が充満していた。

rolleiflex-sl66-with-ttl-meter-finder--filmed-by-homemade-lens-using-a-x2-magnifier-lens-lomography-redscale-xr-50-200-location-wako-jurin-koen-wako-forest-park--saitama-september-3-2016_29480340551_o.jpg


THE BIG ISSUE JAPAN
2019 3.1 No. 354を買った。その表紙に元号などない。「ありがとうございます」ペコリと頭を下げ、清々しい笑顔を返してくれた。

(おわり)

posted by ihagee at 13:59| 日記