2019年01月31日

試し書きのススメ



「ボールペンとか買いに行った時は、アベノミクス失敗と試し書きしていたけど、 これからはアベノミクス偽装と書く事にする。ルビも付ける。」

Twitterでの誰かのつぶやき。成る程・・・



政権批判をしたためた葉書を街の一角にこっそり置き残す、ナチスに抵抗した夫婦の話(映画『ヒトラーへの285枚の葉書』/ 原作:小説『ベルリンに一人死す』)。



----

息苦しい社会になりつつある。筆記具の自由な試し書きとて、ある日突然、営業妨害とか迷惑防止条例違反とか公序良俗違反とか、適当な理屈をつけて上から禁止されるかもしれない。でも、もしそうなれば、ほんの少し権力批判をしただけで命まで奪われたあの時代にわれわれは引き戻されることだろう。

----

野党5党が国会内で開いた政府(厚労省、総務省など)からのヒアリングの席で、2018年の実質賃金の伸び率はマイナスであることを昨日(30日)認めた(屋敷次郎・大臣官房参事官)。アベノミクスの数字上の実績は、不正なデータに基づくものだったと。


(実質賃金の伸び率(右端の数字)を示した一覧表。ことごとく マイナス(赤字)となっている。=明石弁護士作成 / 田中龍作ジャーナルより)

アベノミクス成功と安倍首相は大喧伝していたが、実際は実質賃金はマイナスで、その "成功" は政府基幹統計データを弄んだ "まやかし" であったことが判った。<民の竈(かまど)><民の炊煙(すいえん)>という言葉がある。庶民のかまどの煙の上がりを心ある為政者は見るものだが、この国の為政者は数字しかみない。それも不正に操作された数字を。われわれ庶民が肌身で感じる生活実感がやはり正しかった。『経済成長感じない人は「よほど運がない」(麻生財務相)』などではなかった(拙稿「運・不運でかたづけるなら神仏の世界」)。

それでもなお、「アベノミクスは今も進化し続けている」と安倍首相は国会で苦しい答弁。「勝った勝った」の大本営。気がついたら負けていた。嗚呼!


(信州自由古書園 on Twitterより)

アベノミクス偽装、は事実。試し書きに差別・誹謗中傷・嘘デタラメはNGだが、厚労省のお墨付きの事実ならば良いだろう。堂々とアベノミクス偽装とか、実質賃金マイナスとか、試し書きをしましょう。あくまでもお店の迷惑にならない程度にね。こうして、お年寄りなど情報弱者や政治に疎い若者たちにも「これって何?」と気付かせることができるかもしれない。

(おわり)


posted by ihagee at 03:17| 日記