2019年01月12日

神戸・1964年ごろ



古写真の続き(Kodachrome又はAnscochromeのスライド / 撮影者不明のオーファンワーク)。

スライドのマウントに1964年5月とだけ日付があり、当時の日本が鮮明に残っていた。EPSON GT-X980でスキャンした(トリミング以外は無修正)。

----

新京阪鉄道(当時、現:阪急千里線)の天神橋駅(1969年に地下化、現:天神橋六丁目駅)と思われる。京阪グリーンの2000系電車が写っている。モートピアとヘッドプレートがある。これは京阪電車ひらかたパークで1964年に開催された<花のひらかたモートピア>のことらしい。

2.jpg



(出典:倶楽部2600のブログ)

これは京阪500型電車(1926年製の古豪電車)。急行三条のヘッドマークがある。

1 (2).jpg


天神橋といえば、昭和45年(1970年) 4月8日、この天神橋六丁目の地下鉄谷町線工事現場でガス爆発事故が発生した(天六ガス爆発事故)。路面に敷き詰められた鉄板が爆風で飛散し多くの通行人が死傷した大惨事だった(死者79名、重軽傷者420名)。この事故報道は今も鮮明に覚えている。というよりも、その大惨事から数ヶ月後、大阪万博見学から名古屋に帰る途中、父の運転する車でこの現場を通り、車の中で「ここが現場だ、鉄板の上は歩くもんじゃないぞ」と諭されたからかもしれない。その時、車(カローラ)のラジオから日吉ミミの<男と女のお話>が流れていたことまで思い出した。「ずいぶんと変な歌い方する人だね」と母が言ってたっけ。その大阪万博のスライドも入手しているので後日紹介したい。

----

国鉄(当時)三宮駅前。

3.jpg


3 (1).jpg


神戸三宮駅(阪急)プラットフォームからの景色と思われる。1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災により駅ビルが甚大な被害を受けた。

1.jpg


これも三宮駅前か?大阪・姫路方面阪神電車のりばとの案内が見える。

1 (1).jpg


----

神戸三ノ宮そごう。

1 (3).jpg


このそごうは、清水建設が設計施工・父が設計にたずさわったが、神戸淡路大震災で倒壊した。

kobe--nagoya-50s_16934859566_o.jpg


父撮影(昭和30年代)

----

これは神戸か大阪の町の寸景。場所は残念ながら特定できない。サンウェーブ流し台を積載したトラックが写っている。電柱の看板に旅館槙之家?とあるが。

2 (1).jpg


(おわり)

posted by ihagee at 18:48| 古写真