2018年12月28日

黄金のウナギ(Zlati uhor)



白い腹を陽光に煌めかせ黄金に輝くウナギ。
ボヘミアの中庸たる大地を滔々と流れる河のどこかにそのウナギは棲むという。
誰もみたことのないというこの黄金のウナギの伝説を少年は父から聞かされた。

或る日、その父はナチに連行され少年は母と二人きりとなった。ナチに立ち入りを禁じられた河に少年は母のためにウナギを探しにいった。ナチの兵士たちは糸を垂れる少年の姿を見つけ竿を取り上げ「こうやるもんだ」と笑いながら腰にぶら下げていた手りゅう弾を河面に投げつけた。魚採り名人のおじさんに教わってようやく掴み取れるようになったイワナが爆音と共に呆気なく死んで浮かび上がった。家に戻ると母も居なくなっていた。

ナチの兵士たちの目を盗んで釣った小さな二匹のウナギにいつかこの場所に戻ってその時こそ黄金に輝いて見せてくれと願いを託して少年は河に放つのであった。

海外ドラマ(チェコスロヴァキア)シリーズとしてNHKテレビで1980年代に観た「黄金のウナギ(Zlati uhor)」を思い出した。うろ覚えなので細かな情景は間違っているかもしれないが、強烈に記憶の底に焼き付いている。

----

弄ばれる命のなかにあって小さなウナギに希望を託す少年のいたいけな心に惹きつけられる秀逸なドラマだった。ウナギは少年にとって日用の糧であると共に、自由と希望の象徴(黄金のウナギ)なのである。

----

先日、国際捕鯨委員会(International Whaling Commission; IWC)を日本は脱退した。
IWCは国際捕鯨取締条約に基づき鯨資源の保存及び捕鯨産業の秩序ある発展を図ることを目的として設立された国際機関。日本の条約加入は1951年である。

鯨が日用の糧であった時代は終わった。私の少年時代、安価且つ貴重なタンパク源として学校給食に竜田揚げなどに調理されて鯨肉が供されたものだった。あの独特な風味は今も舌が覚えている。だからと言って、鯨のいのちを「いただく」必然を今の食卓に考えることは一切ない。もっと滋養があり旨い食べものは他に幾らでもある。鯨はどの部位も全て社会に役立つとされてきたが、今はそのどの部位も代替するものがある。鯨でなくてはならない理由もない。

しかし、捕鯨を生業とする人々(和歌山や山口の一部沿岸漁業者)、食を含めた伝統文化や技能保全の為に鯨のいのちを「いただく」のは必然と言って日本はIWCと袂を分かち脱退した。しかし、私を含め多くの日本人はもはや日用でもないものを必然だとは思わない。

必然を同じ理屈で繰り出すのなら、象牙や鼈甲も同じ。伝統工芸の為だと、象やタイマイを殺しその象牙や鼈甲を市場に流通させることは正しいと主張してワシントン条約も離脱することになる。

和歌山や山口の一部沿岸漁業者の民意を汲んで国際機関を離脱したのであれば、なぜ、辺野古の基地問題で沖縄の民意を汲んで日本政府は県外移設を前提に米国と膝詰め談判をしないのか?捕鯨と基地問題とどちらが喫緊且つ重要な問題なのか?事の軽重をわきまえないのにも程がある。

----

鯨資源の保存及び捕鯨産業の秩序ある発展を目的にそもそも設立されたIWCであるが、後者の必然性が薄れ、前者の目的での調査捕鯨となり、その調査捕鯨すら、捕獲殺害せずに調査可能とされ(当たり前だが)、調査を名目に後者の目的の遠洋捕鯨を行ってきた我が国はIWCで孤立したのであろう。脱退は日本にとって自らその科学的重要性を説いていた調査捕鯨まで否定することになるという自己矛盾も孕んでいる。日本が脱退することでIWCは将来に亘って全面的に調査捕鯨を禁止することになるだろう。

組織としてたとえ目的の変質や機能不全があろうとIWCは国際機関であり、その国際機関を脱退するということは、或る面において国際協調を否定することになる。自国優先主義を掲げ、国際機関を次々と脱退して止まないトランプ流孤立主義と同じと揶揄されるが、反面、捕鯨が日本にとって孤立主義を貫くに価する大きな課題であるのだろうか?と国際社会から首を傾げられてもいる。我々一般庶民すら首を傾げるのだからそうだろう。しかし、国際社会で我が国に貼られるレッテルはトランプ流孤立主義であれば、酷く分が悪い。それでなくとも「アンダーコントロール」などと未曾有の原発事故を過少化し海洋汚染が全くないかの如く言い繕っている日本政府にこの問題を契機に国際社会から不信の声が一挙に上がる可能性もある。調査すべきは鯨ではなく日本政府であると。

----

それにしてもなぜ、捕鯨が国際社会から非難を浴びるのか?

ドラマの上での「黄金のウナギ」と同じく、鯨が今や自由・平和の象徴となっているからだ。鯨をテーマにした欧米の文芸作品の基調はおしなべてそうである。

その自由・平和の象徴たる鯨やイルカに銛を打ち込み棍棒で撲る情景は、国際社会からそれが「必然」であると到底見なされることはない。牛や豚だって殺すじゃないか?と反論したくもなるが、日用の糧としていのちを「いただく」ためだけに生かされているそれら家禽(隣国の食用として飼われている犬も同じ)と同じ見方を鯨やイルカに対して国際社会はしない。「牛や豚よりも高等生物だからだなんて人間の側の日和見だ」、「可哀そうだなどとは単なる感情論だ」などと言えばそうだろうが、国際社会のマジョリティにとって、鯨やイルカが自由・平和の象徴を勝ち得ているのであれば致し方ない。「神使」且つ「ユネスコの世界遺産」である春日大社の鹿が古都奈良の象徴となっているのと同じこと。旨そうだから殺して食べてしまおうなどと我々日本人は誰も思わない。象徴とは斯くたることである。

このように象徴となっている鯨やイルカに関して安易に考えると危い。国際世論は我々の千倍以上もセンセーショナルに反応しているからだ。

この反応の差を如実に表した事例が、今年9月の2020年東京オリンピックのテスト大会として行われたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会の開会式だった。式は各国アスリート・関係者を招待して江ノ島水族館で催され、歓迎の意味でイルカショーが披露された。我々だったらイルカの演技に拍手喝采して喜ぶだろう。ところが、これを見た2012年ロンドン五輪セーリングの銀メダリスト、ルーク・ペイシェンス(Luke Patience)氏は、「衝撃を受けた。今目にしていることにこれ以上ないほど当惑している。」などとツイッター(Twitter)に投稿し、一瞬にこのコメントはSNS上で同感を呼び伝播し、国際セーリング連盟は、開会式にイルカショーが盛り込まれていたことに「失望」を表明する事態となった。招致した日本側は平謝りだったようだ。「喜んで貰えると思ったのに、まさかこんなことになるとは思いもつかなかった」というのが本音だろう。

この「衝撃」の伏線として、世界動物園水族館協会(スイス)は日本の水族館による太地町のイルカ入手を問題視し、日本動物園水族館協会の会員資格を停止した事実がある。つまり、ショーに使われたイルカは、和歌山県太地町の追い込み漁で捕獲されたイルカだとの事実認識が彼らにあるからだ。浜から沖合まで血で一面真っ赤に染める修羅がこのショーのイルカの出自だと知っているからこそ「衝撃」というコメントになっているのは明らかである。

テスト大会とは言え、2020年東京オリンピックとイルカはこの事例でリンクし、さらに先般のIWC脱退が加わって、欧米の環境保護団体からは2020年東京オリンピック開催期間迄はせめて捕鯨再開を留保するように日本政府に働きかけるようIOCに要望する動きもある。いや、そんな事では手緩いと、boycott 2020 Tokyo Olympicsにハッシュタグを付け、大きな銛を幾つも撃たれ断末魔の苦しみに尾ひれをばたつかせ飛沫を上げる鯨や血だらけでぐったり横たわるイルカの写真を添えてSNS上で呼びかける動きも出てきた。正直、私にとってこれらの写真はあまりに凄惨で正視に耐えない。感情を動かすなという方が無理である。鯨の流す血は人間と同じく生暖かいという。日本政府はこれらの情景においても顔色一つ変えずに「感情論は抜きにして」などと、さぞ冷血に必然性を説いているのだろう。

スクリーンショット 2018-12-28 19.09.41.png


2020年東京オリンピックに向けてこの問題で国際世論は日本に一層厳しくなると懸念する声が海外メディアにアンテナを張っている人たちからも伝わってくる。

国会の決議を経ず(このこと自体が憲法違反である)、山口と和歌山を各々地縁とする安倍首相と二階幹事長の政治判断でIWC脱退となった。今後の国際世論の行く末は彼らの政治責任としていずれ問われることになるだろう。

「たかが鯨、イルカ」と甘くみてはいけない。地元民から「神様」などと崇められすっかり気を良くして「してやったり」と彼らが鯨肉を頬張るのも今の内かもしれない。

----

憲法上の象徴、今上天皇の平和への強い思いは次の皇太子徳仁親王にも引き継がれることだろう。今や平和憲法の象徴となった天皇。梓(あずさ)が皇太子徳仁親王の御印である。それをミズメザクラと解する人がいるようだが、実際はノウゼンカズラ科のキササゲとのこと。ミズメザクラで弓を作れば小楠公の武器となる。しかし、硬くてしなりがないキササゲでは弓は作れない。キササゲは古くから叛木に用いた。本を出版することを「上梓(じょうし)」と言うのもこの由来である。文字を刻む・書物を著す=梓(キササゲ)が皇太子殿下の御印であることは実に相応しい。キササゲには弓となる尊王思想や誠忠の志の花実はつかない(拙稿「梓(あずさ)とサクラ」)。

梓をミズメザクラと勝手に解釈し、弓を作っては始終武器のことばかり考えている者もいる。民の竃・炊煙に興味などなく、軍事転用可能な核の火種を原発ビジネスと他国にトップセールスする。あたかも平和・自由の象徴たる鯨に銛を打ち込むごとく、憲法の理念たる平和に弓を引く者である。憲法の論理的限界を突き破る閣議決定なる解釈を繰り返し憲法の理念を破壊する者。その破壊行為が「内乱予備罪」で最高検察庁に目下刑事告発されている者でもある。

この者は漢字もろくに書けず、綴り方一つ知らず論考というものがない。他者の意見に耳を傾けることもなく、複雑なことも二元論的に単純化し法秩序の連続性すら簡単に断ち切る斟酌論考の軌跡のない出所不明の怪文書的政治の頂点で権勢をふるう。「この道しかない」と言うが、綴るという行為を示さずにその先に道を見る事も究めることもできないのである(拙稿「<綴るという行為>」)。

安倍.jpeg


あの少年が託したように我々も希望を捨てず、「平和」なる黄金のうなぎの帰り来らんことを願おうではないか。「平和」を絵空な理念と馬鹿にしたければ馬鹿にし給え。しかし、「平和」こそ言葉を持つ者たちなら諦めることなく追求すべき理念であり、理念なき社会は言葉を持たない者たち同士、血で血を贖う暗黒である。


(1990年「プラハの春」に亡命先から帰国したクーベリックにプラハ市民は平和の訪れを実感した。この日、モルダウは黄金に輝いていたことだろう。)

(おわり)

posted by ihagee at 19:15| 政治