2018年09月29日

サイアノタイプ - その60(UV コンタクトプリンタ)


サイアノタイプ - その59(引き伸ばし機)の続き。

引き伸ばし機で全体をプリントすることができない大きなガラス乾板。全体をプリントするにはUV光源のコンタクトプリンタを用いれば良い。ということでハガキ大(100×148mm)のvif Art H.P. surfaceにプリントしてみた。以下、作例紹介(各々、焼き時間は約十分)。

まず、8" x 10"(インチ)つまり、20cm x 25cm(約)の最も大きなガラス乾板。これは全体をすでにB5のサイアノタイプ印画紙(vif Art B5 H.P. surface)にUV光源のコンタクトプリンタで密着焼きを試みている。今回は印画紙がハガキ大なので逆に部分を焼くことになった。

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic large dry plate (glass plate) without using digital negative processing


B5のサイアノタイプ印画紙であれば、全体をプリントできる(比較)。

----

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)では、B5のサイアノタイプ印画紙に顔の部分しかプリントできない(比較)。なお、引き伸ばし機と比較して鏡像となっているのは、コンタクトプリントでは乳剤面を印画紙と密着させた為(引き伸ばし機では乳剤面を光源に向けている)。

----

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)での例(B5のサイアノタイプ印画紙)。

----

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)での例(B5のサイアノタイプ印画紙)。

----

最後に1920年代のオハイオ州アクロンの風景(ガラス乾板の大きさは10.5 x 8cm)。
この大きさならば、引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)で全体をプリントできるが、今回はコンタクトプリントとした。

Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


Cyanotype print made on an UV contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


ジャスミン茶でのトーニングの前後を比較。

----

なお、UV光に代えて自然の太陽光を使うことはお勧めしない。OHPフィルムで作成したデジタルネガであれば構わないが、オリジナルのガラス乾板は熱線を含む太陽光に晒すことはダメージとなるからだ。

薄曇り空の下であれば、大丈夫かと思い、ハガキ大(100×148mm)のvif Art H.P. surfaceにUVコンタクトプリンタに代えて太陽光で一枚プリントしてみた(焼き付け時間五分)。太陽光を用いた普通のサイアノタイプ・プリントは久しぶりである。

Cyanotype print made on a solar contact printer and a photographic dry plate (glass plate) without using digital negative processing


試してみたものの、どうもうまくいかなかった(理由は簡単。乳剤面のダメージを怖れて反対側を印画紙と密着させた為にピントがボケた)。数分の間に光の強さが一定ではない太陽光を用いた普通のサイアノタイプ・プリントでは試行錯誤を繰り返すこともあり、オリジナルのガラス乾板を恐る恐る用いるよりも、OHPフィルムのデジタルネガを使う方が無難なのだろう。

UV光源・引き伸ばし機(乾板用のハンザの引き伸ばし機)での例(B5のサイアノタイプ印画紙):

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


やはり、太陽光と違って、焼き目が一様でコントロールし易い。最後の一枚は少し焼き目が足らなかったが。

ガラス乾板をUVコンタクトプリンタで密着焼きして気が付いたことだが、拡大してみると紙の表面の繊維が写り込んでいる。引き伸ばし機であれば長い時間をかけて焼き付けるので印画紙の表面に均一に光が当たるのでそういうことはない。全体のトーンも引き伸ばし機の方が均一のようだ。

(おわり)
posted by ihagee at 16:40| サイアノタイプ