2018年08月06日

サイアノタイプ - その51(引き伸ばし機)



昭和11年(1933)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機 / Anastigmat F=105, 1:6.3)を用いたサイアノタイプ・プリント(水彩画用のvif Art (B5 H.P. surface)に薬剤塗布し印画紙とする) の続き。

UV LEDユニットを光源とするランプハウス(紙筒)を作り直した(相変わらずの間に合わせだが)。内側にアルミ箔を貼り、ユニットを高い位置からぶらさげている。

Collage_Fotor20.jpg


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(17cm x 12cm(約)大の1900年頃のガラス乾板 / 五時間焼き付け・水洗後ジャスミン茶でトーニング)

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(17cm x 12cm(約)大の1900年頃のガラス乾板 / 五時間焼き付け・ジャスミン茶で洗う/ 以下に再度焼き付けた作例も載せたが、同じ乾板を使ってもサイアノタイプでは全く違う結果となるのが面白い)

後者は水でなくジャスミン茶で洗ってみた。水洗やオキシドール浴で漂白せず、ジャスミン茶の鉄分でいきなりトーニングを行ったことになるのだろう。元は写真なのに描画したような感じになった。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing


Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(17cm x 12cm(約)大の1900年頃のガラス乾板 / 五時間焼き付け・ジャスミン茶で洗う)

(おわり)

posted by ihagee at 17:56| サイアノタイプ