2018年07月16日

サイアノタイプ - その45(引き伸ばし機)



昭和11年(1933)製の乾板用のハンザの引き伸ばし機(ハンザ特許引き伸ばし機)を用いたサイアノタイプ・プリントの続き。

この引き伸ばし機は大変面白い。戦後の金属製の隙間なく作りこんだ引き伸ばし機と異なり、木製の隙間だらけゆえに却って色々細工や工夫を試すことができる。

さて、一枚のコンデンサーレンズに特殊硝子板二枚を使った「集散光式」がハンザのこの「特許引伸器」の本来の仕様だが、私のは二枚のコンデンサーレンズを使う集光式に仕様が改められている。

集光式ならではの緻密な表現はサイアノタイプ・プリント上でも確認できるが、原板枠を差し込む部分にその通り乾板を差し込むと如何せん印画紙上で中央に集光してしまう。白熱球の光が拡散する光源と異なるUV LEDユニット光源だからであろう。コンデンサー二枚使用の集光式を経てさらに暗い引き伸ばし機レンズから落とされるUV LEDユニットの光はさすがに弱い。そこで、アドオンされているコンデンサーレンズ一枚を使わず、コンデンサー室のコンデンサーレンズ一枚で焼いてみた(ここまで前回の報告の通り)。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital processing

(五時間焼き付け・水洗オキシドール漬後、ジャスミン茶でトーニング)

用いた乾板は1900年頃のもの。乾板としては5" x 7"(インチ)=10.5 x 16cm相当とかなり大きいが乾板を収める原板枠を使わず直接乾板を枠穴に差し入れることができる。元の乾板には百年以上前の一瞬が驚異的な鮮度で保存されている。

表現上の面白さはあるが、やはり四隅までプリントしたい。

----

さて、ではどうすれば良いのか?下部コンデンサーレンズは本来特殊硝子板をその上下に配しているが、それら特殊硝子板がない私の引き伸ばし機では空間が存在している。都合良く、コンデンサーレンズの下側に特殊硝子板を本来収めるための空間があるので、ここに乾板を挿入してみた。さらに上部の筒に収まったコンデンサーレンズを筒ごと外して(二枚のコンデンサーレンズを経由するとさすがに印画紙に届くLED光が弱い為)、光源となるUV LEDユニットを高い位置に吊るしてみた。間に合わせだが紙で筒を作り内側をアルミ箔で覆って印画紙面上の顕像を見ると四隅まで光が拡散している。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital processing

(間に合わせの紙筒で見てくれが大変悪いが・・)

そこで、同じ乾板を用いてプリントを試みた。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(五時間焼き付け・水洗オキシドール漬・トーニング無)

中央に集光する問題は解消され、大変綺麗に仕上がった。コンデンサーレンズ一枚だけでも可能だと判った。通常のコンタクトプリンター&太陽光(又はUV LED光源(拙稿「サイアノタイプ - その7(サイアノタイプ・ムービー)」で取り上げたUV露光ユニット)では数分で焼きあがる分、その紫外線の強さゆえに、コントラストを極端につけたデジタルネガでなければならないが、本稿のUV LEDの弱い紫外線で数時間かけて焼く方法であれば、オリジナルのアナログネガをそのまま何ら手を加えずにサイアノタイプ印画紙上に表現することができる。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(もう一枚・五時間焼き付け・水洗オキシドール漬後、ジャスミン茶でトーニング)

同じ乾板を用いても微妙な条件の違いが結果に現れるから面白い。幼女になったり少女になったり・・。顔の陰影や配置や焼き込みの違いは表情に直結しているようだ。

同じく5" x 7"(インチ)=10.5 x 16cm相当の大きさの1900年頃の乾板からプリント。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital negative processing

(五時間焼き付け・水洗オキシドール漬後、ジャスミン茶でトーニング)

オリジナルは
Ultimate beauty lies in an antique dry plate / original glass plate scanned by Epson GT-X980 / Antique Vintage Original 1900s Glass Plate Negative / Measures 5" x 7"


一部を焼き付けたことになる。いまどきのデジタル写真(磁気記録媒体上のデータ)が百年後にこのようにデータとして残る保証は一つとしてない(拙稿『「大ばくち 身ぐるみ脱いで すってんてん」(<ビット腐敗>問題)』)。便利さと引き換えにとんでもない脆弱性を我々の時代は受け入れているのではないだろうか?

乾板写真に触れるたびに、十九世紀にすでに確立されていた技術の確かさに脱帽するばかりである。この再発見をいまの若い人々は知らない。嘘やバーチャリティが溢れかえり「確かさ」が日々失われていく今の世の中だからこそ、リアリティ・ファクトそのものの「確かさ」を過去の技術に学ぶことが大切であると私は思う

----

さらに比較例。
ニューヨークのModern Photography Schoolの学生(MAXWELL)が1940年代に撮影した巨大なネガフィルムを用いた。7" X 5”(約18cm x 13cm相当)のネガフィルムもこのハンザの引き伸ばし機であれば、下部コンデンサーレンズ下の空隙に差し込むことができる。

まずはコンデンサーレンズ二枚・UV LED光源は上部コンデンサーレンズ上に平置きした場合。

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital processing

(五時間焼き付け・水洗オキシドール漬後、ジャスミン茶でトーニング)

中央に集光した状態でプリントされた。

そして、コンデンサーレンズ一枚で光源であるUV LEDユニットを高い位置に吊るした場合:

Cyanotype print made on an old photographic enlarger directly from a photographic dry plate (glass plate) without using a conventional contact printer and digital processing

(五時間焼き付け・水洗オキシドール漬後、ジャスミン茶でトーニング

中央に集光する問題は解消されている。縦に白い線が見えるがこれはサイアノタイプの薬剤の塗布ムラ。全体にもう少し焼き込んだ方が良かったかもしれない。

----

さて、この引き伸ばし機のレンズボードは「あおり」を行うことができる。私の所有するRolleiflex SL66にもこのアオリ機能がある。虫眼鏡レンズとLomography Redscale XR50-200を組み合わせて撮影した例:

Rolleiflex SL66 with Homemade lens (using a x2 magnifier lens), Lomography Redscale XR 50-200,  Location: Nikko (Tochigi-Pref.), January 7, 2017


Rolleiflex SL66 with Homemade lens (using a x2 magnifier lens), Lomography Redscale XR 50-200,  Location: Nikko (Tochigi-Pref.), January 7, 2017

(拙稿「Rolleiflex SL66 - 日光の旅(その1)」より)

ここでは、前景の一部のみに焦点が合うように「逆あおり」(逆ティルト撮影)使用した。現実の風景をあたかも鉄道模型やジオラマをマクロ撮影したかのように描写することを狙っている。

撮影の反対の焼き付けでこの「逆あおり」を試みれば、全体にピントの合った風景写真でもマクロ撮影したかの描写に変えることが期待できそうだ。次回はその報告をしたい。

(おわり)

posted by ihagee at 08:54| サイアノタイプ