2018年06月24日

「私が先頭に立って」(安倍総理)



「私が先頭に立って沖縄の振興を」(2018年6月23日沖縄慰霊の日、安倍総理大臣あいさつより)

慰霊の場に武力(基地の必要性)と経済(金目)を語る。戦争の犠牲者を悼み平和を祈念する場に彼は何をしに来たのだろうか?中学生の平和の詩の足元にも及ばぬ官僚の作文を読み上げ、挙句「私が先頭に立って」と言った。沖縄の首長(翁長県知事)のいる前で「私の存在が全てに優先されるのだ」と言っているかに聞こえる(「翁長知事が先頭に立って」・・と言うべきだ)。毎夜の利害者との饗応・美食で肥満し切った安倍総理と病をおして職を全うしようとする枯れ木のような翁長知事があまりに対照的だった。どちらが、県民に身命を賭して寄り添っているか一目瞭然の立ち居の違いである。

----

「私が先頭に立って」と言い、その下では嘘とごまかしが横行する。「私が司令塔となって」(2018年4月22日拉致被害者家族会「救う会」での安倍総理のあいさつより)と言って、何の進展もないどころか、北朝鮮との話し合いさえ相手(金正恩)の決断次第と投げている。話し合いができないのは北が頑なな為で私のせいではないと言い訳するが、昨日まで北とは国交断絶すべしと国際社会で各国に呼びかけておきながら、"金正恩党委員長には、米朝首脳会談を実践した指導力があります"、と米国の顔色をうかがって豹変するような者を北が相手にしないのは当然であろう。拉致問題の「司令塔」がトランプ米大統領に司令をお願いする。双眼鏡でいくら覗いてもその先が見えない「塔」の上で「司令官」を気取ってみせる姿は滑稽を通り越して虚しささえ覚える。

「少子高齢化、緊迫する北朝鮮情勢、正に国難とも呼ぶべき事態に強いリーダーシップを発揮する。自らが先頭に立って国難に立ち向かっていく。これがトップである私の責任であり、総理大臣としての私の使命であります。」(2017年9月25日安倍総理記者会見のことばより)

自らの存在自体が国難に匹敵するのに、国難に立ち向かうと言う。「正に・・べき」と自分の中で牽強付会に理屈をこじつけ、だから自分が必要であると常に自分の存在に利するように言う。自己愛性人格障害である。そう思わない人々には指を立て「こんな人たちには負けない」と幼児のように敵意を露わにする。異なる意見に耳を傾けたり、理を以って話し合いを行おうとしない。全く関係のないことを一方的且つ勝手に喋り、相手に会話を成立させようとしない。作為的にコミュニケーションを遮断する。だから、アポなしのフリーな記者会見や一般大衆とのディスカッションができない。イヤホンを外して聞かないことにする。

つまり、あらかじめ台本がなければ言葉一つ頭の中で組み立てて繰り出すこともできないのかもしれない。先進国の首脳の中でこれほどまでにコミュニケーション能力が欠けた者は彼を置いて他にいまい。まともな会話を必要としないゴルフや会食といった饗応に時間を割いて、あたかも相手とコミュニケーションを密に行っているかに振舞っているようにも見える。

「私が先頭に立って」と言いながら、物事を汚く食い散らかしているだけ。その場腹が満ちれば「また次」と「先頭に立って」あたかも何かをやっているかに取り繕う。しかし、食い散らかした結果と経緯について何の検証のせず責任も負わない。負ったためしがない。これが本人曰く「リーダーシップ」だそうだ。

abe.jpeg


----

秋の自民党総裁選で安倍総理は再選間違いないだろう。自分が自分を必要とするという徹底した愛僕者ほど、ある意味強い者はいない。当人は仙人か現人神の境地だろうね。責任論をぶつけることができない仙人や神様を神輿に担いでいれば、担ぎ手までも無責任にやりたい放題のことをする。A級戦犯も死せば神に祀り崇め奉るあの神社を中心に「神道の精神を以て、日本国国政の基礎を確立せんことを期す」と国会議員がわさわさと集まれば、恐い者なしなのだろう。何をしようとそれが愛国だと錦の御旗を翳せば、それに物申す者はまるで非国民かの扱いである(安倍政権以前はほぼ死語だった「非国民」なる嫌な言葉も安倍政権の下では復活し平然と使われる世の中となった)。戦前は昭和天皇を神とその神輿に担いだ。過去に学び決して神輿に担がれないと誓う今上天皇の賢明さに、彼らは仲間内から神輿に担がれる者を選んだ、それが彼というわけだ。愛国をもっともらしく騙りながら、その実は自愛ばかりの集団にすっかりこの国は乗っ取られてしまったようだ。それが証拠に彼らが仕出かすことは国のためではなく、自分に利する(カネの絡む)ことばかりである。

我々(少なくともそういう境地に居ない人々)こそ、巨大な内なる国難にいま遭遇している。「リーダーシップ」を発揮するのは彼・彼らではない。我々国民一人一人である。無思考・無批判(Brain Freeze)を決め込んではならない。「アンダーコントロール」などと言われてはならない。神輿を一緒に担いではならない。

Brain Freeze (multi-exposure), Rolleiflex SL66 with TTL meter finder / filmed by Rollei HFT Planar2.8 / 80, Kodak Ektar 100, Location: My home, some pictures are multi-exposed (Asaka-shi, Japan), February 14, 2016


(おわり)


タグ:沖縄
posted by ihagee at 10:26| 政治