2018年06月07日

有識者・安倍内閣の退陣を求める



De-KiQcUEAAzbK-.jpg


----

世界平和や核兵器禁止などを訴える有識者でつくる「世界平和アピール七人委員会」は6日、安倍内閣に退陣を求める緊急アピールを発表した。財務省の文書改ざんや陸上自衛隊の日報隠蔽などの不祥事を受け、討議した結果だという。

アピール文は以下。

「5年半にわたる安倍政権下で、日本人の道義は地に堕ちた。私たちは、国内においては国民・国会をあざむいて国政を私物化し、外交においては世界とアジアの緊張緩和になおも背を向けている安倍政権を、これ以上許容できない。私たちは、この危機的な政治・社会状況を許してきたことへの反省を込めて、安倍内閣の即時退陣を求める」

首相官邸と財務省のウェブサイトにも送付した。

同委員会は、ノーベル賞受賞者の故・湯川秀樹氏らが1955年に結成。現在は、武者小路公秀氏(国際政治学者)、大石芳野氏(写真家)、小沼通二氏(物理学者)、池内了氏(宇宙物理学者)、池辺晋一郎氏(作曲家)、村薫氏(作家)、島薗進氏(宗教学者)が委員を務める。

今回のアピールは発足以来130番目となるが、時の内閣の退陣を求めるアピールは過去になく、初めてだという。 (2018年6月6日付日刊ゲンダイ報)

----

大手メディアは無視を決め込み(いずれ小さく報道するだろうが)、ヤフーニュースサイトにも今のところこの声明に関する報道はない。全くおかしい。マスコミ・マスメディアも道義を失っている。政権の都合に忖度しまくるのも国内だけ。そんな必要のない海外では是枝監督のカンヌ受賞とともに今回の声明は何の脚色もなく報道されるだろう。それらの対立軸に安倍政権があることが国際社会ではっきり浮かび上がる。

いずれにせよ、この声明に政権はどう反応することなのだろうか?
おそらく一切無視するか、根拠もない言いがかりと一蹴するか、それとも叱咤督励と受け取るか・・。
いずれにしても、退陣などしないだろう。このような異常極まりない政権をここまでのさばらせたと我々は反省の意味を込めてその政権に退陣を求めるが、その政権自体は何の反省も自戒もない(口先だけ)。

日本の知性に対して抗う、反知性集団が安倍政権という構図がはっきりした。ここまで言わせる政権とは一体何なのだろうか?道義を地に貶めたことは万死に値する。地に落ちた道義すらカネ(170万円)で買おうとする副総理、嘘の上に嘘を重ねて論理の一つも示さない総理大臣など、こういう者たちに倣えと社会全体が腐り狂い出した。

腐った蜜柑は木箱から取り除かなければならない、他も腐り始める。思想信条以前、人間として間違っている(非道)から排除するのは当然であり、そのための声明である(思想信条の自由は憲法で守られているが、道義を蔑ろにすることは自由の範疇ではない)。

政策上の対立以前、知性を擁する勢力とバカとの対立だと集約することも決して極論ではない(拙稿「バカとの戦い」)。政策以前の人間性を今や問われる安倍政権を支持するということは人間をやめますと公言するに等しい(拙稿「嘘つきやめますか?それとも人間やめますか?」)。政策以前の人間性(道義)を問われているのに、政策を良しとし安倍政権を支持することは、結果として人間をやめますと公言することと等しいということだ。大元が間違っているのに枝葉を肯定するわけにはいかない。

安倍政権は遂にここまで来た。戦争世代の私の両親が生きていたらどんなに憤っただろうか。あの時代を美しい国などと嘯き、あの時代の通り国民・国会をあざむいて国政を私物化し、外交においては徒らに危機や緊張を煽っている(拙稿「私たちはどこまで階段を登っていますか?」)。思想の自由すら奪いにかかっている(拙稿「我々に再び、踏絵を踏まさせるのか(教育勅語について)」)。何度過去の過ちを繰り返したら気が済むのだろうか?歴史に学べば同じ轍は踏まない筈なのに、その歴史すら修正改竄し、同じ轍を踏もうとする安倍政権。無知蒙昧傲慢不遜の全てをこの政権は体現して恥の一つもないようだ。

我らの知性が味方している。大いに退陣の声を上げようじゃないか。

(おわり)

posted by ihagee at 02:58| 政治