2018年04月29日

サイアノタイプ - その9(引き伸ばし機)


前回からの続き。

単三アルカリ電池6本に代えて、家庭用電源からAC/DCアダプターで安定して連続点灯を試みた。

AC/DCアダプターは9V / 350mA のスイッチング方式のものを家電量販店(最寄りのコジマ電気)に探しに出たが、店員からは「一体何に使うのか、目的を教えてくれなければ探しようがない」と、こちらが用件を言っても(つまり、9V / 350mA のスイッチング方式のAC/DCアダプター)探そうとしない。挙句に「アダプター単独では商品として置いていない」、とつれない対応。それならそれで最初からそう言ってくれれば・・。

仕方なく、またハードオフに出向き、ジャンクコーナーから中古のアダプターを調達した。テスターで調べほぼ同上の範囲内で給電することを確認。

さて、アダプターで給電するなら中華製(Focuspet)のライトは懐中電灯型である必要もなく、LED部分を取り出し俄仕立ての引き伸ばし機に搭載した。極性を間違えないようにアダプターと接続し点灯に成功。さっそく、テストプリントを行った。電池の減り具合を気にする必要もなく、焼き加減を時折横から視認できるので、コンタクトプリンターより都合が良い。

スクリーンショット 2018-05-03 5.06.54.png


スクリーンショット 2018-05-03 5.07.10.png


スクリーンショット 2018-05-03 5.07.24.png


未だ、部分的にしか焼き付けが出来ていないが、印画紙上では24x36mmのフィルム面全体が写っているので、集光しやすい中央部に途中からマスクをするなどして、周辺部により長い時間露光させれば良いかもしれない。

スクリーンショット 2018-05-03 5.07.36.png

(約40分露光した結果)


スクリーンショット 2018-05-03 5.07.46.png

(ウォッシングとオキシドール浴をした状態)


スクリーンショット 2018-05-03 5.07.55.png


今回のテストプリントの結果は以下。なかなか良い感じに仕上がった。ネガフィルムから直接焼けるのは楽しいことだ。パーフォレーションを残してそうわかるように仕上げた。

Cyanotype prints (test prints) made on my home-made enlarger >> directly from 35mm negative films <<.  Those were made without conventional contact printing and digital processing.


スクリーンショット 2018-05-03 5.13.11.png

現状はカメラ用三脚を使った俄仕立ての引き伸ばし機なので印画紙との距離合わせが極めてアバウトである。ライトリークも大きい。中古の引き伸ばし機を購入しレンズ群とLEDを組み込むことにした。いずれまたご報告。

(おわり)

追記:
ヤフオクで中古の引き伸ばし機(Lucky II-C)を購入し、各部を丹念に清掃後、さっそくUV LED (100球)を組み込み、引き伸ばしに元々付いていたレンズで焼き付けを試みている。分厚いコンデンサーレンズのおかげで集光性が高く、みるみるうちにサイアノタイプの印画紙が焼けていくのがわかる。フィルム面を全てカバーして光が均一に当たってピントもきている。これは正解だったかもしれない。詳しくは次回に報告。

i-img900x1200-1520919861lueadk23959.jpg

posted by ihagee at 20:13| サイアノタイプ