2018年03月26日

国難は誰なのか?



abe.jpeg


隠された情報(防衛省)、でたらめなデータ(文部省)、改竄された公文書(財務省)・・等々、国会(立法府)を騙し続け、隠匿・虚偽・改竄で論拠がないにも関わらず、「隠していない・間違っていない・書き換えていない」と嘘をつき、その嘘の上に国会(立法府)に議論を行わせ選挙を行い、その間、国民の税金を無用にドブに捨てた<行政府の長>として責任を負うべき立場にある安倍総理大臣。

本日の参院予算委員会で福島瑞穂議員からそれら<行政府の長>としての責任を問われても、当の安倍総理は壊れたレコードの様に「(責任を)痛感」「お詫び」を繰り返すばかりで総理大臣の地位に恋々とする卑屈さ。

憲法を改悪し国民の「基本的権利」を著しく制約し国家への「義務」を累加することを宿願とする安倍総理自身が、口先ばかりの「痛感」と「お詫び」。もう聞き飽きた。この人自身責任の取り方、すなわち「義務」の一つもその身を以って示さない。<内閣総理大臣夫人>という肩書きを昭恵夫人の "私的" 活動に夫人付秘書官共々積極的に貸した事は棚にあげ、あたかも籠池氏が勝手にその肩書きを使ったかのような詭弁を弄し、自らは妻共々詐欺にあった被害者であると言い募り「義務」から逃げ回る。その有様は無様にしか国民の目には映らない。

----

憲法に縛られるべき総理大臣でありながら、現行憲法を「みっともない」と誹謗し、「わたくしがそう解釈すればそれが憲法」と政治解釈を常套化したのも安倍政権。そうやって憲法を盗む。裏口入学的な搦め手を使う(拙稿「<搦め手>好きの安倍首相」)。

喩えれば、泥棒にもかかわらず、盗みに入り込んだ家の主人に「泥棒に入られたのはあなたのところの用心が悪かったからだ。犬を飼いなさい・戸締りを厳重にしなさい」と説教する説教強盗(拙稿「説教泥棒・憲法泥棒」)と同じ。いくら説教したところで盗人であることに他ならない。その盗人を縛る法律は微動もしない筈だ。ところが、盗みに入られた主人の方が悪いと法律を盗人が変えるのなら、警察も裁判所も要らない・アナーキーな不法国家である。

泥棒・強盗に憲法を語る資格など一切ない。泥棒・強盗が誰かは言うまでもない。

----

「わたくしのあずかり知らぬところで、まさに起きたできごとであります・・」と他人事のように答弁する<行政府の長>。この言葉を裏返せば、「知らないところで行政が勝手気ままにでたらめをしているとしても、それをガバナンスする能力をわたくしは持ち合わせておりません」と<行政府の長>に不適・無能であることを自ら認めているに他ならない。そうならば内閣人事局など無用の筈。否、「わたくしは全て知っています。報告が逐次官邸・わたくしに上がる仕組みを作り上げていますから」と 本当の"有能ぶり" を示すわけにもいかないだろう。官邸および自分が隠匿・虚偽・改竄の司令塔であることがバレてしまう。見事な二律背反ぶりである。

「政治家は嘘をつく」という職業観は国際的に通用するが、「行政・官僚が嘘をつく国家」はもはや国家の体を成さないというのが民主主義の国家観。息を吐くごとく嘘を散々吐きながら、その口で「国家が嘘つき」であると世界に叫ぶ人その人の存在が日本国にとって最大の国難となりつつある。

(おわり)

追記:
衆参の予算委員会で本日(27日)に行われた佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問。
決裁文書改竄の目的・動機や経緯、佐川氏自身の関与の程度は「刑事訴追のおそれがある」との理由で証言拒否。
「刑事訴追の恐れがあるからお答えできない」のならば、全ての質問について証言拒否をすべきだろう。
しかし、安倍総理や昭恵夫人、官邸、麻生太郎財務相、財務省幹部の関与については「ございません」と明確に証言ならば、野党はこのことについては「刑事訴追の恐れがない」と佐川氏に言わせるべきだったろう。「刑事訴追の恐れがない」のであれば、佐川氏の「ございません」について、なぜ、このこと(政治の関与がないと断言すること)だけは言えるのか?と、その根拠を野党はもっと詰問すべきだった。その一点を深堀すれば佐川氏は証言拒否はできず答えに窮することになった筈だった。真っ当な根拠なく「ございません」と証言していることが露呈しただろう。誰から「恐れがない」と言質を得たのかも含めて。野党の質問が非常に甘かったと思う。丸川議員に「(ございませんで)証明されました」と言わせたままにしてはダメだろう。野党は質問にもっと知恵を絞らなければならない。

----

佐川氏の証言に官邸も与党も喜んでいるかもしれない。丸川珠代議員は「政府や昭恵夫人が関係ないことが証明されました」と宣うが、愚かにも程がある。そう言って済む話では全くない。逆に「財務省が勝手に行ったことで預かり知らぬ」と政治が言うことの方が大問題である。(上述の二律背反の観点)

つまり、与党は「我が国の官公庁は官僚も含め斯くも杜撰でいい加減ですが、安倍総理・官邸は全く関係なく正しい」と佐川なる人物に証言させて、森友問題は収束に向かうと高を括る。「政治家は嘘をつく」までは国際社会で許容する観念であっても(だから、普段から息を吐くように嘘をつく安倍総理・官邸の関与は国際社会では共通認識だろう)、「行政・官僚が嘘をつく国家」はもはや国家の体を成さないというのが民主主義の国家観。「国家ぐるみで公文書の改竄が行われている」と国際社会に認知されようが、政治家は「政府や昭恵夫人が関係ないことが証明されました」と大言壮語し保身に走る方が大事なのか?佐川氏が政治家に与する余り(そして自らも保身に走って)、その証言が国家観まで毀損することになることがわからないのだろうか?愚かすぎる。

「政治の関与がありました」と素直に佐川氏が証言し、改竄を嗾(けしか)けた安倍総理・官邸に目的・動機・経緯の全てがあるとする方が、まだ国家の体を成す。日本国を本当に愛するのであれば、落とし所を自らに課し内閣総辞職をすることこそ、「美しい国」を標榜する自称愛国者たる安倍総理の身の程だろう。国家の体まで疑われても保身の方が大事と言うのであれば「醜い国」と言い換え売国者と自称した方が宜しい。

----

「森友文書問題・全ては理財局内で行った事。官邸側からの指示は一切無し」と佐川氏が証言するのであれば、野党はこう佐川氏に切り返すべきだった。

「理財局の全ての役人は懲戒免職相当だと言うことで良いか?財務省がそうならば、中央官庁・官僚全てにおいて、自己動機・都合で勝手に不法な行政処理が行われていると国民は疑念を深めることになるがそれで良いのか?行政府が疑われる国はもはや国家の体を成さないというのが民主主義の国家観であるが、総理・官邸の保身に与するために、後足で砂を蹴ってそこまであなたは言おうとしている。刑事訴追の恐れ、ではなく訴追されて当然のことをあなたは行った。そしてその口が疑念にさらに油を注いでいる。今更、恐れがあると我が身が可愛いとはどこまで図々しいのか、恥じよ!」と。

----

佐川前国税庁長官の証人喚問を受けて自民党の二階幹事長は、「総理はじめ政治家の関わりが焦点だったが、幸いにしてなかったことが明白になった」と強調。

佐川証言がいかに出来レースであったかわかる。関係者が裏で共謀し合えば「明白」にもなるだろう。そう国民は疑っている。

森友問題の本丸たる国有地不当払い下げ問題の究明はこれから。その問題で国会に証人として呼ぶべき人物は大勢。与党が改竄問題で本丸も含めて森友問題全ての幕引きを謀ろうとすれば、安倍政権支持率はさらに下がることだろう。国民の反発はさらに激しくなる。与党自民党は国民の意識を甘くみないことだ。



タグ:安倍晋三
posted by ihagee at 18:04| 政治