2018年03月24日

「そんな日々は終わり」だと言われる安倍政治



昨日の株の大暴落。国民の税金を投入した官製相場で外国人投資家のマネーゲームしか創出しなかったアベノミクスとなってから、株価上昇は経済活動のバロメーターの役割を果たしていない。その暴落の時に底の薄い実体経済が露呈する。

北朝鮮情勢、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置など、重要な外政課題において安倍政権の思惑がことごとく外れる結果となっている。それどころか日本にのみ事前通告がない・頭ごなしのパッシングが続いている。北のミサイルは「国難」と散々国民に吹聴しておきながら、米朝韓の交渉の輪に入れない。話し合いを拒否したばかりに話し合いに加わることができない安倍政権。拉致問題なる全く次元の異なるイシューを持ち込みその輪に入ろうとするが、かの「国難」はどこに行ったのか?外交の孤立化こそ「国難」でありそれを招来する安倍政権こそその大元ではないのか?と思う。

関税障壁は「安全保障の問題」だから米国は日本を袖にしない筈だと世耕経財相はたかをくくっていた。しかし、トランプ米大統領は「安倍首相らは『こんなに長い間、騙し通せたなんて信じられない』とほくそ笑んでいる。そんな日々は終わりだ」と言う。「ドナルド」と呼んでどんなに安倍首相がベタベタと親しげにしようが、ビジネスに友達感覚は通用しないとトランプがはっきり言ったも同然。

ロシアからは「(日米間の軍事的)安全保障」を捨てない限りは北方領土問題を扱わない」と、ロシアの実効支配が着々と進んでいる。「ウラジーミル」と呼んでどんなに安倍首相がニコニコと親しげにしようが、領土交渉に友達感覚は通用しないとプーチンがはっきり言ったも同然。

----

内政では大いに通用した安倍首相の「おともだち」による支配。その"ともだち感覚の政治・経済観"が国際社会に通用する筈もないのに、安倍首相は臆面もなくその稚拙なメソードを首脳外交に適用した。結果、ドナルドとどんなにゴルフをしようが、ウラジーミルを長門でもてなそうが、「関係なかった」。

それで「騙せる」と思ったら大間違いだと彼らは結果を示している。三世政治家であってもタフなネゴシエーターと今やトランプもプーチンも一目置かざるを得ない北の首領。かたや、やはり三世(三流)政治家としか見られていない首相。

「稀代の名宰相」と二階自民幹事長が讃える安倍晋三首相だが、それは永田町の中の立ち位置での評価でしかない(我々国民には「迷宰相」にしか思えないが)。

国際社会での彼の立ち位置は異なる。アメリカのビジネス誌であるフォーブスが2009年から発表している「世界で最も影響力のある人物(英: The World's Most Powerful People)(2016年版)」で、安倍首相は圏外の37位である。国際的視点に立てば、安倍首相のプレゼンスは「その他」に分類される程、低いというのである。いずれにせよ、国内メディアでは決して「その他」であることは書かない。こんなに外遊をこなせる首脳は世界を見回しても安倍首相以外にいない=それだけ国際的な影響力が強い、などと産経などの御用新聞は書き立てるが、海外の主要メディアの国際政治面で彼の記事が載ることは滅多にない。

スクリーンショット 2018-03-24 7.05.34.png



(2017年9月・国連での安倍首相演説での空席は彼のプレゼンスの低さを示している)



(2017年9月・国連でのモディ・インド首相演説。フォーブスランキングで第9位と評価された通り、プレゼンスが高い)

「具体的な行動につながらないものは無意味」とするプラグマティズムをトランプもプーチンも持ち合わせている。トランプの口癖「しばらく様子をみよう」は、それが無意味なうちは「何を実行していくのか注目しよう」とコメントするに留める政治的胆力を案外トランプは持ち合わせているのだろう(拙稿『「樅の木は残った」・トランプ考』)。

----

先ずは水面下で相手をじっと探る政治的胆力のかけらもない安倍首相の常とするエスタブリッシュメントの中の予定調和的風土の対極に、国際政治がある。その"ともだち関係の予定調和的風土"も、森友問題をきかっけに綻び始めた。その綻びは外交関係にも及んでいる。「国難」は安倍政治そのものであろう。

オバマ前米大統領が24、25日の日程で来日し、25日に昼食を兼ねてそんな安倍首相と会談するそうだ。2016年5月に現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問し表明したオバマ氏の核兵器廃絶なる政治信条を、安倍首相は否定するばかりかトランプ政権の核武装戦略(小型核兵器)にコミットしその顔に泥を塗り、大いに "ともだち" を裏切った安倍首相は一体どんな顔をして会うつもりなのだろうか?

政界を去って、「旧交を温める」とばかりに "ともだち" の関係を義理堅く残すオバマ氏に心の広さを感じざるを得ない。悉く私利私欲ばかりに"ともだち" 関係を構築した者にはわかるまい。

(おわり)


posted by ihagee at 07:25| 政治