2018年03月20日

「忖度」ではなく「教唆」


ストックホルム (1).jpg


「籠池氏、森友学園側が総理夫人の名前を出してらっしゃったのは事実。さかんに昭恵夫人のお名前を出してらっしゃったので、そういう記述をしている」(太田理財局長・3月19日に開かれた参院予算委員会の集中審議答弁)

「安倍昭恵というのが私の妻でなければ、それは当然載りませんよ。籠池氏がまさに私の妻の名前を出していたから載せていたのであって、私の妻や事務所が、近畿財務局に働きかけを行っているということは全く書いていない」(安倍首相答弁)と、決裁文書の改ざんに関する「一切の指示」と関与を安倍首相は否定した。

----

もし、昭恵夫人が森友学園と何の接触もなく全くの無関係で籠池氏が勝手に総理夫人の名前を使って、近畿財務局との交渉を行ったとすれば、安倍首相の言う通りだろう。安倍首相が籠池氏を詐欺師呼ばわりするのも、その前提がなければならない。

しかし、総理夫人の名前を使って籠池氏・森友学園と密接にコンタクトしたのは昭恵夫人に他ならない。総理夫人という肩書きがモノを言うことを承知の上、その肩書きの利用を許したのは昭恵夫人であり、その背後にある日本会議であり、安倍首相であることは否定できない。

----

野党が「官僚の安倍首相への忖度」を突く。
しかし、「忖度」とは極めて主観的且つ曖昧な理由づけである。「そう思えばそうだ」程度の内心に過ぎないから有無の証明などできない。「官僚の安倍首相への忖度」の有無を論じることは安倍首相にとっても利することだ。財務省の官僚が勝手に「そう思った」だけのことと、「俺は関係ない」と突き放すことができるからだ。

藤井裕久氏(大蔵省官僚出身・元財務相)は、「忖度なんていい加減なことを財務省の官僚は絶対にしない」、「前例踏襲主義の官僚は忖度なんてしません」と言い、今回の事件を官僚の忖度で説明することは誤りだと指摘している。藤井氏は官邸(安倍首相含む)からの明確な指示がなければ、前例にすらない不法行為を官僚が犯す筈がないと指摘する。

----

安倍首相が顔を紅潮させ強弁し何かを否定する場合は、その否定することが事実である場合が殆どだ。彼の精神構造がそのようにさせている。そのようにして、決済文書の改ざんに関する「一切の指示」を否定した。

つまり、「指示」こそ彼にとって突かれては困ること。直接指示せずとも、行為を唆す「教唆」こそ、野党は安倍首相に疑うべきだ。平成27年の9月を中心とした時系列に安倍首相はその教唆に関わっていると疑うだけの不可思議な行動を取っている。「教唆」は刑法上、犯罪として定義されている。「忖度」なる曖昧から脱却しなければ、安倍首相と禅問答を繰り返すばかりだ。野党・国民が安倍首相を追求する論点こそ、「(官邸・安倍首相から)財務相官僚に対する教唆」でなければならない。

(おわり)

追記:
「総理大臣の私が言うのだから・・」は野党をねじ伏せる時の決め台詞。ところが、野党から責められると途端に「総理大臣だからと言って・・」となる。嗚呼。

そして、恐怖政治と教唆は付き物。直接指示を出さずとも、そうせざるを得ない状況に追い込む。逆らえば適当に濡れ衣を着せて制裁を課す。その仕組みを安倍政権は作り上げた。間諜を三法の枢要な職に送り込み、放送法の許認可権を盾にメディアを操り、高級官僚の人事権を掌握する(内閣人事局)。政策にではなく個人的な利得や政局に官僚を巻き込み、彼らに不法行為を唆す。総理夫人なる肩書きの口利きは、相手をそうせざるを得ない状況に追い込むに十分だろう。退官した前川氏の社会的信用を貶めようと今もなお執拗に圧力をかけ続ける仕組みがある。名前も顔も知れた前川氏(+ 名家の出)だから、マスコミに訴えることができるが、ノンキャリアの一公務員なら圧力に屈するばかりか、自殺に追い込まれるだろう。

フランス革命の立役者ロベスピエールは恐怖政治を以って、自ら指示を下さずとも彼の支持者は政敵を殺してまわった。「徳なき恐怖は忌まわしく、恐怖なき徳は無力である」が教唆をもっとも得意とした彼の言葉だ。直接指示を出さずとも、暗示してそそのかすことを得意としている。そのためには機密費の利用、買収はかかさない。利や欲だけで動く無学で貧しい民衆(サン=キュロット)をカネで買収し、彼らに暴動や暗殺をそそのかす。最終的には行き過ぎた恐怖政治に当初はこれを支持していた国民さえも嫌気が指し「徳なき恐怖」だけが残り、彼は反ロベスピエール派のクーデターで捕らわれ処刑された。

民主党政権は「恐怖なき徳」であり、その結果は「無力」であった。民主党へ政権交代が確実となった翌日の朝、霞が関の諸官庁の裏手から大量のシュレッダーのゴミが堂々と搬出された。自民・族議員とのメモ類だと噂された。その時点で、霞が関は民主党政権の「恐怖なき徳」を見抜いていたのだろう。理念と理想だけの素人政治と見下していたのかもしれない。事実、民主党政権は政策一つ官僚たちの協力を得られず(原発事故では官邸にいつまでも情報を上げず、菅直人首相が堪らず事故現場に出向いた)、数年で座礁した。「徳ある恐怖」が官僚にとって、ときの政権との好ましい関係なのだろう。自民党政権は「徳ある恐怖」に於いて長けていた。「徳」を知る政治家がいた。だから、安倍政権の誕生は彼らの望むところだっただろう。ところが、安倍首相は「徳」を一切持ち合わせていなかった。

「財務相の官僚が勝手に忖度したもので、私は一切関係ない」と安倍首相は言う。欧米ではこの言葉は驚きを以って受け取られている。政治家は嘘をつくが(政治家は嘘をつく職業だ)、官僚が嘘をつけば(官僚は法に従うから嘘をつく筈がない)国家として体を為さないのが欧米の国家観だ。ところが、安倍首相は「日本の官僚は嘘を付く・勝手に判断し法を侵す」と国際社会に喧伝しているのである。日本国の国際的信用を貶めて、どこが「美しい国」なのだろうか?安倍首相が真の愛国者であれば、少なくとも政治家が罪を被ってまでも国家の信用を守るだろう。それが「徳」というものである。息を吐く如く嘘をつく政治家が官僚までもそうだと言い放って良いのだろうか?

斯様に安倍首相は最初から「徳なき恐怖は忌まわしく」だが、サン=キュロットならぬネットの仮想民(ネトウヨと呼ばれる)や御用ジャーナリスト(寿司友と呼ばれる)たちに官房機密費で餌を与えるばかりか、内閣人事局を背景に官僚たちに不法を教唆しているのではないか?我々はすっかり嫌気が指した。さぁ、捕らわれるか?時代は繰り返す。


posted by ihagee at 04:19| 政治