2018年03月14日

改竄前の決済原本に彼の叫びがあった


安倍政治.jpg


『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日・3月14日放送分)で、安倍昭恵夫人の名前が削除されていた「特例承認の決裁文書」のなかの「これまでの経緯」について興味深い指摘がなされた。

すなわち、改竄前の原本の「これまでの経緯」の中で登場する昭恵夫人に関する記述について、ゲストコメンテーターの元財務官僚・山口真由氏は、「もともとの文章の異常な詳細さ」に驚いたと言い、「経験上なかなかない文書」と指摘し、青木理氏は、その背景に何があったのか、このように感想を述べた。

「逆に言うと、それが本件の特殊性を非常に表している感じがしててね。つまり、官僚の人たちって基本的に保身の気持ちもあるから、『こんなにいろいろあったから今回こういう特別なことをしたんですよ』というような。(中略)ある種、叫びが聞こえてくるような文書なんですよ。その叫びの部分を『まずい、まずい』と消しているっていう」

さらに、玉川氏も青木氏の意見に呼応するように、こう語った。

「なんでこんな特例的な文書を残したのかっていうことになると、さっき『叫び』というような言葉がありましたけど、自殺されたノンキャリのこれを担当していた方が『汚い仕事(をやらされた)』と言っているわけですよ。その『叫び』ということと『汚い仕事』というようなことが、どうにもぼくには結びついて感じられるんですよね。じゃなかったら、書きませんでしょ? こんなこと。何のために書くんですか。『私はこんなことをやらされました』と、通常あり得ないこと、常識的じゃないことを、というような叫びなのかなとぼくが見ます」

(以上、リテラ「決裁文書の削除部分は近畿財務局職員のひそかな告発だった?「特例の原因は安倍昭恵夫人」の隠されたメッセージ」記事より)

----

責任感が強く曲がったことが嫌いと周囲から評された、近畿財務局で改竄を担わされたとされる職員(自殺)は「自分の常識が壊された」と親族に語っていたという。

私はこんなことをやらされました』と異常な詳細さで昭恵夫人の関与部分を記述していたという指摘は核心を得ている(その記述は改竄を行ったとされる自殺した担当職員が行ったのか、別の担当職員が行ったのかはわからないが)。その叫びを怖れた者が記述の削除を促し、結果、担当職員も消されたのだろう(自殺に追い込んだ)。

「私や妻が関係していたということになれば、まさにこれはもう私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい(平成29年2月17日の衆議院予算委員会・安倍首相答弁)」なる行政府の長の最大限の牽制(関係させるな)が、佐川理財局長(当時)をして叫びを消さしめた(教唆)。

安倍首相は昨年2月の時点で改竄前原本の「叫び」を知っていたのではないか?諜報員を三権の枢要な部門に送り込んでいる安倍首相ならば、原本の記述について諜報を得ていたとしても不思議ではない。麻生財務大臣が一声発すれば、佐川理財局長は大臣室で昭恵夫人に関する記述を説明することも可能だ。そして、改竄が始まるとされている平成29年2月末にかけて安倍首相は会計検査院の河戸院長と密会し(会計検査院が森友文書の調査に入る前である!)、3月に入ると佐川氏の答弁が原本を意識した虚偽の答弁を繰り返すようになった。この過程で改竄が行われる。

安倍首相は「(財務省が開示するまで)原本の内容を一切知り得なかった」という前提で責任を回避しているが、その前提自体疑える程、安倍首相は人を騙すために作り事を仕組み過ぎた。担当職員の人間としての心の叫びを抹殺し、その命まで奪った。直接でなくとも、少なくともそういう伏線(仕組み)を安倍首相は作ったということだけは言える。安倍首相の責任は重大である。人間性すら問われる。

(おわり)

追記:
自殺したとされる担当職員の妻の所在が不明だという。遺族が連絡できないらしい。3月13日、野党合同ヒアリングで柚木道義議員(希望)が指摘し、「遺書までが改竄されたなんてことはあり得ませんよね。奥様が遺書と共にどこかに匿われているのではないかと。近畿財務局との関連も含めてそんな見方が出ていますけど、そんなことあり得ませんよね」と、財務省と警察庁を追及した。
担当職員が住んでいたとされるマンションは現在異常な警備体制が敷かれているそうだ。諜報員を警察や司法の枢要な部門に送り込んでいる安倍首相ならば、遺書ごとその妻の叫びまで抹殺しかねない。

自殺した職員の妻は『どうしてこんなことになってしまったのか』『ひとりで抱え込んでしまって、ずっと休んでいた』『あんな担当になり、巻き込まれてしまった』と泣いていたという。その妻の行方が知れないという。どこまで、この国は非道が罷り通るのだろうか。それもこれも安倍首相に淵源がある。

posted by ihagee at 03:34| 政治