2018年03月12日

「だったら辞める」と官僚を脅したのは誰か?



ストックホルム (1).jpg


平成29年2月17日の衆議院予算委員会において、安倍首相は学校法人森友学園に対する大阪府豊中市の国有地譲渡等及び当該学校法人の小学校新設に係る設置認可に関する質疑において

「私や妻がこの認可あるいは国有地払い下げに、もちろん事務所も含めて、一切かかわっていないということは明確にさせていただきたいと思います。もしかかわっていたのであれば、これはもう私は総理大臣をやめるということでありますから、それははっきりと申し上げたい、このように思います。」、また「繰り返して申し上げますが、私も妻も一切この認可にも、あるいは国有地の払い下げにも関係ないわけでありまして」、さらに「繰り返しになりますが、私や妻が関係していたということになれば、まさにこれはもう私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい。全く関係ないということは申し上げておきたいと思います」

との答弁を行った。

学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書の書き換えは平成29年2月末以降に行われた。「特殊性」に関連する文章も安倍昭恵夫人の名前もこの過程で消された。

さらに言えば、佐川前理財局長の国会答弁と辻褄を合わせるために改竄が行われたと報道されるが、その国会答弁(平成29年2月17日及び平成29年3月15日)よりも先に安倍首相の上述の答弁があった。辻褄を合わせるとなれば時系列的に安倍首相の「だったら辞める」になる。佐川氏が自分本位の論理に辻褄を合わせる必要は一分たりとてない。辻褄を合わせる対象こそ、安倍首相の「だったら辞める」に他ならないだろう。

----

つまり、安倍首相の「私や妻が関係していたということになれば、まさにこれはもう私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい」の言葉が、佐川理財局長(当時)をして近畿財務局に「関係していないということ」になるよう改竄を教唆しているに他ならない

事実、その通り、佐川理財局長(当時)は「関係していないということ」を繰り返し国会で答弁していた。そして決済原本も答弁と同じ内容に改竄していたということである。彼が国税庁長官に昇進したのもこの過程(7月5日)で、「官僚の鏡」と讃えたのは安倍首相本人である。

何の力点もなく本省の佐川氏が近畿財務局に大罪を働きかけることなどあり得ない。力点が「私や妻が関係していたということになれば、まさにこれはもう私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい」の言葉にあることは明白だ。


(梃子 / 作用点↑・力点

----

具体的に「ああしろ、こうしろ」と言わずとも、「総理大臣の地位・国会議員の地位がかかっているんだぞ」と国会でこの国の自称最高責任者が凄めば、どうその言葉が波及するか時系列で追えばその通りの結果となっている。

佐川氏個人および財務省理財局・近畿財務局だけで、何のために役人としての存在理由まで自己否定をするような行為に及ぶ必要があるだろうか?逆に、そうまでしないと存在できない強烈な政治力が彼らに働いたと考えるべきだろう。その強烈極まりない言葉こそ、「私や妻が関係していたということになれば、まさにこれはもう私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい」である。

この一言が「何のため」の答えでなくて、他に何を以って「何のため」だと言うのだろうか?

----

安倍首相は12日午後、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書書き換えについて「行政全体の信頼を揺るがしかねない事態であり、行政の長として責任を痛感している。国民に深くおわびする」と陳謝した。

官僚に忖度を強いた安倍首相の存在自体が国難(癌)であった。おわびは不要。そんな詫びは聞き飽きた。国難(癌)は国政から取り除くしかない。「辞めなさい」と国民は国難たる存在にはっきり三行半を突きつけるべきだろう。安倍首相とお友達内閣がいまやこの国の最大の国難である。

(おわり)

追記:会計検査院「(決算原本は)2種類あると気付いていた」と明かすとの報道。
会計検査院が森友文書の調査に入ったのは平成29年3月(参議院予算委員会が国会法105条の規定を用いて同院に求めた)。気付きながら同年11月22日に「大幅値引きの根拠が不十分」「関連文書が廃棄されていたことで、経緯の十分な検証ができない状況だった」とする不可解な報告書を出している。調査の節穴というよりも意図的に隠していた可能性がある。さらに言えば、会計検査院は参院から調査を求められる以前に自らの調査権限で改竄前の原本を知り得る立場でもある。改竄前の原本の政権にとって不都合な記述の存在を官邸に内密に報告していたとしても不思議ではない。事実、安倍首相は会計検査院の河戸光彦院長と平成29年2月27日に東京・永田町のザ・キャピトルホテル内の日本料理店「水簾」で密談している。行政府を会計上監視監督すべき独立した機関の長と行政府の長と密会すること自体あってはならないことだ(このこと一つとっても安倍首相は法の支配に背く行為を公然と行っている)。この会合の席で、何が話し合われたのか、この会合の直前に佐川理財局長(当時)は「行政文書は廃棄したので交渉記録はない(その後存在が明らかとなるが)」と国会で答弁(平成29年2月24日)、その後に財務省での改竄・隠匿が始まったことを時系列で並べてみればいかなる政治力学が働いたのか明白だろう。

決済原本改竄は国会議員への偽計業務妨害罪に当たる可能性を指摘する声もある。その妨害の動機はすなわち、「(私や)妻が関係していた」という事実を隠そうとすること。すなわち、偽計業務妨害を率先したのは安倍首相本人と国民の大半は見抜いている。財務省自体に動機も改竄の力点もない。動機と力点を有するのはただ一人、安倍首相。その行政府の長が三権分立を犯すばかりか、国会議員=国民を騙したという重大犯罪の可能性が指摘されているのである。

ネットでは「泥棒がドロボーと叫んで逃げる」とあったが、盗む動機も盗んだ行為も一人に集約されるのに、その当人がドロボーと叫んで逃げる姿は狂言に等しい。安倍首相は人を騙すために作り事を仕組み過ぎた。今はただドロボーと叫んで逃げるしかない泥棒なのかもしれない。

posted by ihagee at 18:23| 政治