2018年02月17日

「下町ボブスレー」と政治(続き)



五輪大会出場間際になって、ジャマイカ・ボブスレー・スケルトン協会は、チームコーチをその職から外すことを決定し、それを不服としたコーチ(サンドラ・キシリス=トリノ五輪二人乗りで金メダリスト・ドイツ出身)がチームを離れるという事態になった。彼女が自身の所有物と主張するラトビアBTC社製のソリ(ボブスレー)は大会競技に用いることができないという。同ソリの使用を強く求めていたのは彼女だとされている。

大会競技出場を危ぶまれていたチームに突如救世主が現れた。

ジャマイカの首都キングストンに本社を持つビール会社のレッドストライプが「ソリがないって?何の問題もないよ」とTwitterで "No bobsled, no problem, if you need a new ride @Jambobsled, put it on @Red Stripe's tab. DM us and we'll be in touch."と、呼びかけたところあっという間に600万円ほどの支援が集まり、チームに新たなソリが提供されることになった。レッドストライプは平昌五輪に関して公式スポンサーシップがないので本来であればアンブッシュ・マーケティングに問われるところだが、純粋な支援であることがIOCに認められたようだ。事実、今回の支援について便乗するような一切のマーケティングをこの会社は行っていない。潔い。

何とも劇的な展開となった。ソリ(ボブスレー)と何のしがらみもない企業とクラウドが、純粋な気持ちで支援を申し出た。これこそ自ずと美談だろう。

政治や経済のしがらみだらけ、アスリートはそっちのけで損害賠償だの謝罪要求だのとソリ話に終始する「下町ボブスレー」は蹴り飛ばされた形だ。美談をあらかじめ書き上げ、その通りにならないと怒り出す者としか「下町ボブスレー」はもはや映らない。

下町ボブスレー


本来、人に投資することが前提でソリはその道具(手段)であるべきなのに、手段を目的化しジャパンブランドを貼り付け「契約があるのに乗らないのはけしからん」と人をブランドの道具扱いにしてはならないということ。これは子どもたちをブランドの道具にする泰明小学校の標準服と同じ(拙稿「だから子供が育たない」)。「服育」ならぬ「ソリ育」がハラスメントになってはならない。

ジャマイカチームが支援を得て購入するソリも600万円程度ということなら標準服なのだろう(どこ製かは報道されていないが)。そりの開発費と輸送費の合計額の4倍となる6800万円の損害賠償が標準服のお値段だと「下町ボブスレー」が言うのなら、それはアルマーニ並みの標準服に違いない。契約上は無償供与というがその異常なまでのジャパンブランド意識はジャマイカチームにとって重荷でしかなかった。そして契約違反だと一転高額な損害賠償を要求され、その意識の異常さに気づいたことだろう。

チームが必要だったのは身の丈にあった標準服でしかなかったということだ。その服を提供してくれた人々の純粋な気持ち(「下町」の人情とやらはこっちの方があるんじゃないか!)こそチームの大いなる資源となるだろう。

(おわり)


posted by ihagee at 07:59| 政治