2017年12月03日

「五輪」という破壊(続き4)



(オレンジ色の囲いの向こうは伐採予定林。池には絶滅危惧種のメダカが棲息する。=2日、中野区立・平和の森公園)



(同公園の池)


ナラやカシの生い茂る武蔵野の森、絶滅危惧種のメダカの棲む池、市民に暫しの憩いを提供し続けてきた。それも今年が最後となるかもしれない。中野区の「平和の森公園」内の5万4,700u・1万7千本もの樹木が来年の1月9日から一斉に伐採されるという。

目的はトラックや体育館を作るため。「東京オリンピックで海外から訪れた選手の練習場に充ててもらう」 (中野区職員)

区民の税金を使って区民の共有物を破壊する目的は、五輪、それも海外の選手のためという。住民らは11月28日、「樹木の伐採と陸上トラック設置で子ども達の遊び場等が奪われる」などとして、中野区に対して住民監査請求を提出した。監査請求が却下されれば訴訟に持ち込む。

(出典:田中龍作ジャーナル『「オリンピック」口実の公共工事 中野区が樹木1万7千本伐採』)

----

「平和の森公園」ばかりでなく「上野公園再生整備工事」では都が主導しより大規模に樹木の伐採が行われ、上野の森はすっかり痩せてしまった。「幹回り90cm以上の高木だけで244本が伐られました」と言う。鬱陶しく見苦しい雑木は刈り払って小洒落たカフェやら商業施設で海外からお越しいただく方々に「おもてなし」をするそうだ。


(上野公園の「樹木整理平面図」。濃く塗られた円が伐採された木を示す)


わずか数週間のイベントにすぎない「五輪」のために、それもスポーツにかこつけた経済活動のために、数十年分、否、百年以上の年月分の歴史的資産・資源を損なっても良いとする行政。市民の<優先席>であるべき公園を「俺こそ優先」と言うアスリートやゼネコン、商業活動の拠点としようとする企業。その心根は浅ましいとしか言いようがない。

巨費に見合う「スポーツの価値」があるのか。発信力を持つはずの著名なアスリートがほとんど声を上げていない。著名なアスリートほどスポンサーシップ契約で企業側の利害に縛られ、その企業の経済活動に影響を及ぼしかねない発言はできないのだろう。ここにも商業五輪の病みがある。五輪憲章の唱える「均整のとれた総体としての人間」どころでなく、心と体が別々に器用に動く操り人形のようなアスリートが大増産されるだけである。

----

五輪は破壊しかもたらさない。五輪旗の下にモラルハザードが大手を振ってまかり通り心が破壊されていく。「オリンピック災害」という言葉さえ現れた。

オリンピック災害.jpg



経済活動=五輪。歴史的資産さえ薪のように経済のかまどに焼べてしまう。発展途上国ならいざ知らず、経済成長を遂げ成熟した国家にとって、破壊を前提とする五輪はもはや不要なのではないだろうか?

「均整のとれた総体としての人間」を目標とし「人間の尊厳保持」に重きを置くことをその憲章に定めるオリンピック。この精神にしてその現実はどうであろうか?尊厳の保持どころか、尊厳なるものをバッサバッサと刈っているではないか!「アンダーコントロール」とか「(福島の)影響は(東京に)及ばない」とか言い募って、レベル7が今尚続く原発事故を過小化し、その風下の住民たちの尊厳を踏み台にしてまで「おもてなし」と満面笑顔のどこが「均整のとれた総体としての人間」であろうか?

尊厳を蔑ろに、「均整のとれた総体としての人間」とは呆れるばかりである。

「人間の尊厳保持」に重きを置くからこそ、その人間こそ五輪は要らないと言うべきである。

(おわり)
posted by ihagee at 07:08| 東京オリンピック