2017年07月03日

安倍晋三という者に対する国民の不信任



安倍晋三首相は3日朝、自民党が惨敗した2日の東京都議選について「大変厳しい都民の審判が下された。自民党に対する厳しい叱咤と深刻に受け止め、深く反省しなければならない」と語った。首相官邸で記者団の取材に応じた。敗因を「政権が発足して既に5年近くが経過する中で、安倍政権に緩みがあるのではないかという厳しい批判があったんだろうと思う」と分析したうえで、「真摯に受け止めなければならない」と述べた。(朝日新聞電子版・7/3配信)

abe.jpeg


----

この惨敗の弁は相変わらず酷い。「安倍政権に緩みがあるのではないかという厳しい批判があったんだろうと思う」などは、自らの専横且つ驕傲な振る舞いや嘘に嘘を重ねる不誠実さが惨敗の淵源であるにも拘わらず、その「私」となるべき主語を「安倍政権」や「自民党」にサラッと置き換え批評家然とした「あったんだろう」口調には呆れるばかりである。「叱咤(=お叱り)」などと我田引水に解釈してもらっては困る。「叱咤激励」では「お叱りを受けながらもしっかりやれと励まされた」となるではないか?「辞めろ」と都民・国民から言われているのであって、そう厳しく受け取るべきである。

「安倍晋三という者に対する国民の不信任」を都議会選挙で都民(国民)は示したのである。「真摯に受け止めなければならない」と言う本人が辞めることこそが言行一致の責任の取り方である。

しかし、

都政与党(自民)への都民の不信任ではなく、国政それも安倍晋三という政治家個人(人間性)への国民の不信の増大が惨敗の直接の原因であると未だに当の本人が気づいていない(または敢えて気づこうとしない)。つまり、少なからぬ多くの都民(国民)は安倍晋三氏が首相として相応しくないと断じ、その職を辞することを求めているのに、安倍晋三氏は組織の人事や運営に問題の起首をすり替えて、「緩み」を生じさせた閣僚を更迭し人気者を閣僚に抜擢するなど内閣改造をすれば済むと思っている。更迭されるべきその首っ玉こそ自分であろうものを

内閣総理大臣・自民党総裁以前、いや政治家以前、もっと言えば社会人として、安倍晋三氏に社会の中の利害の対立を調整する能力が元々ないのではないかと疑われているのである。「こんな人たちに負けるわけにはいかない」などとその人たりとて国民であることを忘れ指を突き立て(さらにその先に数多の抗議する国民の姿すら想像せず)喧嘩腰になって一切調整に応じない様を見せつければ、元々その能力がないと都民・国民から見限られて当然。

指差し.jpg

(指を突き立てて「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と叫ぶ)


国政はおろか、町内会といった小さなコミュニティですら、導火線が短く器の小さな人は長として信頼されない。一枚の舌と二個の耳を持っていないのである(拙稿「一枚の舌と二個の耳」)。

元々能力がないのにあるかの如く場を繕うのは一身上の様々なコンプレックスに由来するものかもしれないが、その繕い(虚飾・粉飾)を国政にまで持ち込んだのが安倍晋三氏であれば、国家・国政の私物化と言われても仕方あるまい(拙稿『国家ぐるみの壮大な「粉飾決算」』)。安倍家(岸家)と何の関係もない我々国民がその家名や家訓に恭順せよと言わんばかり「宿命の子」などと母親に公言させて悦に入る安倍晋三なる「子」なのである。

sykumei.png


「宿命」は桐箱の中の干乾びた「へその緒」程の意味しかないのに、そんなモノ見せつけて、我々に何を納得させようと思っているのだろうか?逆に、このような私的なコンプレックスや偏執的宿命観に少なからぬ多くの国民が辟易し、その「へその緒」程の動機と引き換えに内心の自由など国民の基本的人権を奪い取る安倍晋三氏個人に「安倍政治を許さない」と、政治に今まで無関心だった一般市民までがタオルを投げ込みだしたのが実相ではなかろうか?

安倍政治.jpg


「必要だから必要」的な論理にならない説明を繰り返すばかりでは政治ではない。いかなる立場の国民であろうと論理立って対話ができなければ政治家でもない。

----

一人の人間の歪なパーソナリティの為に国を危うくして良いものか、韓国では大統領が罷免され収監された。米国では大統領の個人的な能力・資質が問われている。弾劾される日は近いかもしれない。同じことを安倍晋三氏に今こそはっきりと我々は問うべきであろう。「あなたは国政を預かるに足る能力・資質に欠けている」のだと。彼だけが特別に及第扱いされる理由は一つとしてない。

(おわり)

追伸:
安倍晋三という人間に対する嫌悪感を一般市民は共有し始めているようだ。
首相とか総裁とかいう立場以前に、人間として信用が置けない、そのレベルでの嫌悪感である。生理的に受け付けないという女性も増えた。何を言い出すかわからない者の顔ポスターは今や貼付を断る家や商店も増えてきたという。TBSラジオの朝の番組『森本毅郎スタンバイ」中、リスナー対象のアンケート調査で「アベ首相、好きですか?嫌いですか?」と聞かれて、「嫌いじゃないです、大っ嫌いです」と答えた人がいたそうだが、嫌いに「大」が付けば=生理的嫌悪となる。おっと、ゴキブリが出てきた。


posted by ihagee at 18:04| 政治