2017年02月08日

サイアノタイプ - その7(サイアノタイプ・ムービー)


以下、すでに掲載した記事の再掲(デジタル・ネガから大きめのプリントを作成し直して、再度動画を作成)。

----

サイアノタイプの続き。

去年ミラーレスカメラ(SONY NEX-3 & Carl Zeiss Tesser 35mm)で撮影したデジタルムービーを任意のフレームレートにて静止画に変換、フレームをデジタル・ネガにしサイアノタイププリントを作成した(50Wのユニットで露光時間約3分)。つまり、映画のフレームをサイアノタイププリントで作ったことになる。

CIMG4230.jpg

焼き付けには中華製のUV露光ユニットを用いた。

CIMG4229.jpg

CIMG4228.jpg

CIMG4231.jpg

CIMG4232.jpg

フレーム毎にスキャンしiMovieを用いて合成すると、サイアノタイプ・ムービーの出来上がり。結果をYouTubeにアップした。vif Art画用紙(F2)を4枚使ったサイアノタイププリントで32フレーム分。つなげて動画にすると数秒にも満たないので数回ループして動画を作成した。


(動画中の制作過程を説明する写真は前回のまま)

Kine Exactaに付いていたCarl Zeiss Tesser 35mmはF3.5と暗いレンズなので元の動画もコントラスが低め。従って、サイアノタイプ・ムービーも粗いテクスチャーとなっている。

8mmフィルム映画もどきは案外楽しい。明暗のはっきりした動画(できれば8mm フィルム)を素材にすればもっと解像度が上がるだろう。またチャレンジしてみたい。

(おわり)

posted by ihagee at 01:32| サイアノタイプ