2016年12月16日

「水素水」


「水素を含んだ水いわゆる「水素水」について一部の商品が健康増進効果があるかのようにうたっているとして、国民生活センターが改善を求めた。この調査は国民生活センターが、容器入りの「水素水」と「水素水」を作る生成器、計19商品について調べたもの。「水素水」は有効性について信頼できる十分なデータがないのが現状だが、12の商品で「病気の原因といわれる悪玉活性酸素を無害化する」「アンチエージング効果」などとうたっていたという。国民生活センターは、こうした表示が景品表示法などに抵触するおそれがあるとして、改善を求めるとともに、行政には業者を指導するよう求めている。」と報道(日本テレビ系(NNN) 12/15(木) )。

以前、その水素水生成器のトップメーカーの営業風景について触れた(「電解(還元)水素水とやら」)。その時も営業担当者は「アンチエージング効果」をプレゼンテーションで強調していた。学会で証明されているとも言っていた。

----

水素社会に前のめりの安倍政権・小池都政。世界のデファクトとならないジャラパゴス。電気自動車ですでに日本は欧米の後塵に甘んじている。投資の割に経済効果が疑われる「水素」。鳴り物入りで登場したトヨタのMIRAIもlこの頃はすっかり話題にならなくなった。水素生成段階でのエネルギー消費やら、水素ステーションなどインフラ整備への莫大な投資、レシプロ車を廃車解体する際のCO2排出などネットで考えれば地球にも懐にも決して優しくない車。消費者に対してメリットが少ない割には国や都が巨額支援することで、新たな「安全・安心神話」とばかりに当てにするムラ関係者は多い。この辺りはカジノ法案(賭博法案)と構図が同じ。ムラ経済のためにまずは政治や行政で神話が形成される。「水素水」についても「神話」が形成されムラ経済がある。

どうも、我が国はこのごろ、そんな神がかった政治・経済が唯我独尊とばかりにひた走っている。「神って」勝手に歩き回って踊ってこけるのはマリオだけじゃない。それは外側に立ってこの国を眺めるとわかる(「立ち位置を知る」)。

(おわり)
【電解水素水, 還元水素水の最新記事】
posted by ihagee at 08:12| 電解水素水, 還元水素水