2016年11月16日

TPPさえ説得できれば良いのか



安倍総理大臣は次期米国大統領となるトランプ氏と17日に会談する。

環太平洋経済連携協定(TPP)の意義を説いて反対の公約の翻意をトランプ氏に促すとのことだ。
TPPの本質は何か、交渉内容の中身については一切明かすことができない協定であり、トランプ氏以前に安倍総理大臣は自国民に対して詳しく説明を行っていない。説明責任があった交渉担当大臣(甘利氏)を病気理由として説明責任を回避させいきなり衆院でTPP批准に強行採決してしまった。

TPP推進に対する反対運動は、我が国よりも米国の方が根強いようだ(Popular Resistance)。



トランプ氏がTPPをゴミ箱に送ると選挙戦中公約していたので、TPP反対者はさぞ歓迎しているかと思いきや、彼の人種差別主義には断固反対と狼煙を上げている。トランプ反対デモまで行っている。

安倍総理大臣がTPPにばかり目がいって、トランプ氏を説得さえできれば良い個人関係が構築できるなどと思っているようだが、物事の本質を見誤って人種差別主義にエールを送ることがあってはならないだろう。差別主義を政治思想の根本に両者が共有するのなら何をか況や。その可能性の方が高い。TPP以前の大問題である。(私はTPPには断固反対の立場)

(おわり)
posted by ihagee at 04:21| 日記