2016年10月13日

曽根崎警察署旧庁舎・阪急東商店街(昭和30年代)

『曽根崎警察署はJR大阪駅の東側、扇町通の阪急前交差点に面した繁華街の真ん前にある。戦前の1929年に建てられた旧庁舎は大阪駅前の名物として市民や来訪者に親しまれていた。建設当時、地上4階、地下1階の鉄筋コンクリート造りは「東洋一の警察署」と呼ばれた。(中略)庁舎は同じ場所で建て替えられた。71年に着工、73年5月に再び東洋一と言われる現庁舎が完成した。(毎日新聞2016年2月11日 地方版)』

曽根崎警察署.jpeg
(曽根崎警察署旧庁舎・昭和35年頃、父撮影)

北野カルチャーと呼ばれる名曲喫茶の発祥地、阪急東商店街。OS劇場を中心に阪急阪神東宝グループが一帯を開発していた。「オーエス」は綱引きの掛け声から取ったそうだ。

阪急東通り商店街.jpeg
(阪急東商店街。OSパーラーが写っている。昭和35年頃、父撮影)

阪急東通り商店街2.jpeg
(昭和35年頃、父撮影)

1954年(昭和29年)、シネラマ上映館に改築し、数多くの大作や話題作を上映。

OSシネラマ上映館.jpeg
(昭和35年頃、父撮影。ジョン・ウエインの看板が見える。)

OSシネラマ上映館2.jpeg
(昭和35年頃、父撮影)

(おわり)
posted by ihagee at 04:05| 古写真