2016年08月28日

ましかくプリント

「みなさん、お願いがあります。大切な写真はぜひプリントしてください。」がジャパネットたかたの高田明 前社長の口癖だった。

デジタルカメラのスペックや利便性の高さだけでモノを売らない。カメラはあくまでも道具であって、それを用いて想い出を残すことこそ大事ですよ、と言い忘れない。一瞬にして消えてしまうデジタル・データだからこそ、紙媒体(アナログ)に記録し直してアルバムとして残しましょうと。デジタルを売りながらアナログの良さを啓蒙する。佐世保のカメラ屋の生まれだけに写真への想い入れは深い。

私はデジタルカメラは滅多に使わない。使うとしてもブログに説明で使う写真程度である。フィルム撮影ばかりで中判カメラのスクエア(6 x 6)をフィルムからスキャンしてデータ化している。元のネガ・ポジフィルムがあるのでその点、記録が完全に消滅する心配はないが、ここは、高田さんの言う通りプリントしてみることにした。

アナログ・フィルムカメラ全盛のふた昔前なら、カメラ屋にプリントを頼めば、普通にネガやポジフィルムを元に印画紙に焼き付けてくれたものだが、今は、フィルムを渡そうが、それをデジタルデータ化した後、デジタルプリントするそうだ。ネガ・ポジフィルムを直接用いた昔ながらの焼き付けは手焼きだけで、特別なラボにオーダーしなければならない。プリントしてみる、程度ならデジタルプリントで先ずはよしとして、フィルムスキャナーでデータ化した写真をSDカードに収めて、近くの「カメラのキタムラ」に立ち寄ってみた。

富士フィルムの「ましかくプリント」というのを勧められた。スマートフォンもアプリを用いれば近頃は正方形に撮影できるので、それに合わせたサービスということだそうだ。プリントサイズは縦横89mmで1,074×1,074 pixel・150万画素を再現できるそうだ。これはアナログ・フィルムのスクエア(6 x 6)にとっても好適である。トリミングなしにそのままプリントできる。一枚90円程度なので値ごろである。店先の機器を使って、SDカードからデータを選択してオーダーしてみた。15分ほどでプリントが仕上がって手にしたがこれがなかなか綺麗にプリントされている。小さなサイズなので却ってアラが目立たずカード感覚である。

「ましかくプリント」専用の紙製の見開きのフォトフレームがあったのでこれを購入。「ましかくプリント」専用のアルバムは売っていないようだが、横長ポケットながら縦サイズでぴったり合うアルバムがあったのでこれも購入した。

どんな感じかは以下(手持ちのKine-ExactaからCarl Zeiss Jena Tesser

kineexakta2.jpeg

のレンズを拝借してSony NEX-3で撮影。パンケーキの戦前のレンズ(Kine-Exactaは戦後早々に製造されたものだが、レンズは焼け残った倉庫から"救出された"戦前のものを使っていたようである。)古いレンズではNEX側のフラッシュ機能が無効化されてしまう。外光を求めて曇天の下、アンダー気味。でも、せめてレンズはアナログ時代のものを使いたい。)

ましかくプリント1.jpg

ましかくプリント2.jpg

ましかくプリント3.jpg
(アルバムの表紙の飾り窓にも裏側からプリントを入れることができる。窓の花の写真はもともとアルバムに付いていたもの。)

(おわり)

posted by ihagee at 08:29| 古写真