2015年11月23日

8mmフィルムのデジタル化<フィルムメーカーの責任>

8mmフィルムのデジタル化について記事を投稿したが(<8mm フィルムのエアリアル・テレシネ(空中結像)化>、<8mm フィルムのスキャンとムービー化>)、この古い媒体についてはフィルムメーカー側の責任が問われている。

以下、引用(<8ミリフィルム>から考えること)。

「フィルム設計時の予測においてTACフィルムは普通の環境では少なくとも百年は寿命があると想定されていた(期待寿命)。ところが相対湿度50%、温度25℃の条件に置いた場合、期待寿命は僅か30年ということが1970年〜1980年の段階でわかってきたのである。我が国の一般家庭での保管環境はこの条件よりも悪い筈なので、少なくともPETフィルムに切り替わる1965年以前のフィルムについては(正確に言えば、レギュラーとスーパー8の各フィルムについてはTACのままで遂にPETには切り替わらなかったので、これらフィルムについては1965年以後も同じである)、一般家庭の通常の保管条件では期待寿命にすでに到達してしまっているとも言える。劣化が設計時の予測よりも早く進むことは1990年代までにフィルムメーカーは十分把握していたであろう。当初の期待寿命百年はフィルムメーカーにとってはフィルムの複製(PETなど安全フィルムを用いたリプリント)・劣化フィルムの修復や、フィルム映像の安全確実な電子化などの為の新技術開発の猶予期間でもあった。ところが、その猶予期間がもはやないことを知るや見捨ててしまったのである。自社製品の二律背反(トレードオフ)のジレンマを解消するための企業努力が新たな技術を生むが、その企業努力をやめてしまったとも言える。これは、企業側で取り組むべき製品欠陥問題のツケを消費者に押し付けて、電子化サービスに話をすり替え<8ミリフィルム>の安楽死やむなしとすることとも受け取れる。フィルムという単なるモノではなく、そこに記録されている映像の歴史的資料価値(後述)に鑑みればそうそう簡単に一企業の事業性の観点から見切りをつけられては困る話なのである。企業としての社会的使命と責任が問われることでもある。斯様にフィルムメーカーは<8ミリフィルム>(TACベース)をカメラや映写機とともに売るだけ売っておいて、フィルムの複製(リプリント)や劣化したフィルムの修復の技術を提案せず、さらにはそのフィルム映像の電子化には35ミリフィルムの場合のようなコンシューマ向けのスキャナーを開発・提供しようとせず、さりとて代わりに提供する電子化サービスはふつうの<テレシネ>でありながらその料金は高く事故免責を最初から掲げるなど、悉く及び腰でその製品の数十年来の愛用者にとってはアンフレンドリー極まりない。」

富士フィルム株式会社がその気になりさえすれば、コンシューマ向けの8mmフィルムスキャナーの一つも製品化できる筈だし、そうすることが8mmフィルムを数十年売ったフィルムメーカーの社会的責任だと思う。同社のテレシネサービス(デジタル化サービス)に於いて、「万一作業過程で事故が起きてフィルムが台無しになっても、記録されていた映像価値を金銭で補償することはできないと、初めからメーカー側は免責を掲げている。」
ならば、尚更のこと、<自己責任>で簡単に変換できる機械を富士フィルムは提供すべきだろう。前掲の記事で紹介したWolverine社の8mmフィルムスキャナーに自動的にフィルムを送る機構を付加する程度で良いのである。後処理までワンストップでしてくれれば、それこそワンダーである。富士フィルムの最新製品<ワンダーフォトボックス>での<魔法>は同社の歴史で最も長く販売した動画記録媒体(8mmフィルム)に対してもかけるべきと私は思う。
posted by ihagee at 11:04| 8mmフィルム