2015年11月03日

Exakta Varex IIa

Exakta Varex IIa、佐貫亦男氏の著作でこのカメラについて知った。
そして今二台手元にある。どちらも筐体は至極美麗である。

exaktaVxIIa.jpeg

exaktavx.jpeg

シャッターの布幕の経験劣化によるリンク(皺)と星空のようなピンホールはこの半世紀以上前のカメラの宿命らしい。幕交換が基本であるが、巷間知られている手法をもとに自己責任で治してみた。

木工ボンドに墨汁と群馬県南牧村産の微粉炭を<緩め>に混ぜ、布幕の裏側に面取り筆で塗る手法である。混ぜ方は<緩め>が肝要で決して濃くしてはならない。香典書の薄墨程度の濃さ・緩さが良いのである。そして薄く塗ることである。作業する部屋を暗くし、レンズ側からLEDのペンライトで幕を照らして光漏れがないかを確認しながら、乾いては塗るを根気よく重ねるのである。しかしこれらVarex IIaをフィールドで使うことはないだろう。Exakta RTL1000を専ら持ち歩くことにしている。
posted by ihagee at 09:27| Exakta