2020年12月05日

サイアノタイプ - その111(引き伸ばし機)



写真乾板のコレクションが増え、昭和11年(1936)製乾板用ハンザ特許引き伸ばし機(Anastigmat F=125, 1:6.3)を使う機会が増えた。しかしこの引き伸ばし機は扱いが楽ではない。ヘッドボード(木製)の溝に鋳鉄の支柱を嵌めネジで留めているので、その昇降には重いコンデンサーレンズを収容したヘッドボードを手で支えながら慎重にネジを緩めて行わなければならない。ラック・アンド・ピニオンではなく静摩擦に頼って固定するこのプリミティブな方式が「特許」なのかは判らない。
1 (56).jpg


同上システムでのプリント過程(反時計回り):

50675914188_52ed794eab_k.jpg

50680207277_5ff27e7f73_k.jpg


プリント例(Cotman Water Colour Paper (B5/ Smooth) ・ジャスミン茶でトーニング):

50680228431_f751270fa3_k.jpg


----

上述の引き伸ばし機は原板枠である手札判サイズ(8×10.5cm)の乾板用であるが、私なりに改造して5" x 7"(13×18cm)乾板まで枠穴に挿入可能にしている。当然、手札判サイズより大きな乾板は全体をプリントすることはできない。4" x 5"なら枠穴内で乾板を動かしてプリント範囲を多少は調整できるものの、枠穴の大きさいっぱいの5" x 7"ではそれもできず不便を感じていた。

4" x 5"用引き伸ばし機は有名どころではDurst Laborator 138、Omega D-5などが海外機種が存在する。いずれも非常に高価(中古でも)で到底手が出ない。諦めていたところ、Yahooオークションで4" x 5"用(通常の35mm、120フィルムにも対応する)LPL Model 7451(中古)が1,000円で出品されているのを見つけた(「直接引き取りのみ対応」)。上述の課題も解消すると期待するものの、ウォッチが30以上入っていたのでどのみち落札しないだろうと1,500円で入札。幸いその金額で落札した(応札は他1名だけだった)。

i-img1198x898-1606383955joo0ns436279.jpg


パワーサプライ等いくつか欠品はあるものの、4" x 5"引き伸ばし用のFUJINON フジノン EX 135mm 5.6も付属するこの代物。原価は30万円以上した。

スクリーンショット 2020-12-06 6.40.47.png


「直接引き取りのみ対応」の場所は私の自宅から車で小一時間の距離(川越郊外)ゆえに愛車(デミオ DJ)で向かい、大きな筐体を小さなデミオに押し込むに苦労したが無事連れ帰ることができた。

----

本稿の目的(UV光源のサイアノタイプ)に使う為、本来の用途に係る部品(巨大なランプボックスなど)は取り外した。4" x 5"引き伸ばしともなると集散光式(コンデンサーレンズ)ではなく散光式(散光板箱)が一般的(Omega D-5は集散光式)で、LPL Model 7451も散光式である。どういう働きなのか確かめようとLED懐中電灯を散光板箱の入射口に当てて4" x 5"相当のネガフィルムを使ってを投射。
1 (57).jpg

2 (5).jpg

この程度の光源でも投射像は十分視認できた(上掲の画像は不鮮明だが)。無論、ヘッドを上げれば60cm角の台板の面積以上に投射可能でその像も視認した。さらに散光板箱を外して代わりにCOB LEDのパーティ演出用UVブラックライトを装着し実際にサイアノタイププリントを試みる。

3 (2).jpg


COB LEDは「サイアノタイプ - その71(引き伸ばし機)」記事で触れた通り、集散光式の引き伸ばし機を用いるサイアノタイププリントの光源としては不適である(散光であること・光量が足らない等の理由)。しかし散光を目的としたこのUVブラックライトならテスト程度に使うことはできる。iPod Touchをアタッチメントで装着したピントルーペ(小穴式ピークルーぺI型(No. 2000))で液晶画面越しにはっきり像を確認することができ、適切なピントを探すのも楽だった。

4 (2).jpg


----

小一時間照射した程度でも印画紙上に像が顕れたので、本稿で用いているほぼ点光源のSMD UVを何らかの手段で散光させれば良いことになる。SMD UV光源を配置するには元からある散光板箱は物理的制約が多い。代替となる手段でハタと思いつくモノがあった。

(おわり)

posted by ihagee at 21:03| サイアノタイプ

2020年12月04日

Voigtländer Superb 顛末記 - その21



コスモスを追って」の続き。Voigtländer Superb(1933年製前期型・Skopar 75mm F/3.5・YフィルターとクローズアップレンズVoigtländer W/w FOCAR 30 装着)で撮影した結果報告(フィルムはKodak Tri-X 400、スキャナー: Epson GT-X980・トリミング以外無修正)。

CIMG4641.jpg

クナッパーツブッシュの如く古武士然たるカメラ)

----

50569151646_f47f372183_k.jpg

50569285622_27e57fcf0b_k.jpg

50568403773_f47c82389e_k.jpg

50569285122_a6a5df2b9e_k.jpg


----

12枚しか撮影できない120フィルム(6x6)だから撮影ミスは痛い。真剣に対象物に向かい合わなくてはならない。

50569152066_25c875342f_k.jpg


愛でられることもなく早々に刈られた今年のコスモス。来年こそ咲き競って欲しい。

(おわり)


posted by ihagee at 05:27| Voigtländer Superb